日本にいても大好きなギリシャを楽しむために、ギリシャ旅行、ギリシャ神話、ギリシャ語、ギリシャの歴史、ギリシャの人々について紹介していきます

日本でもギリシャ




星座のギリシャ神話

射手座の「射手」って誰のこと?

投稿日:

本日は

射手座にまつわるギリシャ神話

をご紹介します!

射手座のこの「射手」って誰なのか、ご存知ですか?

意外と知られていないと思うので、射手座の方も射手座以外の方も、

ぜひ読んでいってくださいね!

射手座ってどんな星座?

それではまず、

星座の「射手座」ってどんな星座?

というところからご紹介していきましょう!

星座としての「射手座」は、秋の南の夜空に見られます。

全体的に3等・4等の比較的暗い星が中心で、

その星たちを結んでいくと、

東側には弓矢

の形が見えてきます。

この弓の矢の部分を結んでいくと、北斗七星の小さなバージョンが見えてくるのですが、これが

南斗六星

と呼ばれるもので、北の北斗七星に対するものとなっています。

そして西側の星たちは、その弓矢をつがえているという

ギリシャ神話に登場する上半身が人間で下半身が馬というケンタウロス

の体を表していると考えられています。

また、この「射手座」と「さそり座」の間には

天の川

が流れていて、星団もいくつか存在します。

これは銀河系の中心部が、射手座にあるからなのだそうです。

そう考えると、この星座自体の星は明るさは控えめですが、

その代わりに天の川や星団で彩られている、華やかな星座と言えますね!

*「天の川」について詳しくは、こちらの記事も合わせてどうぞ!

七夕と天の川とギリシャ神話のお話

射手座のギリシャ神話

さて、この銀座系の中心に近い星座

射手座

その姿はすでにお話したとおり、

弓を構えるケンタウロスの姿

を表していると考えられます!

ケンタウロスのケイロンとは?

そしてこの星座は、

ケンタウロス族のケイロン

を表しているのだそうです。

ギリシャ神話では、

ケンタウロスとは上半身が人間で下半身が馬の怪物

気性が荒くて野蛮な種族だと考えられていましたが、

ケイロンだけは穏やかで、とても賢くてアキレウスなど多くの英雄たちを教育した教育者でした。


ドラクロワ画『アキレウスの教育』

どうしてケイロンだけが特別だったかというと、

クロノス神がオケアノスの娘、ニンフのピリュラ(菩提樹)を愛した時に、

奥さんの女神レイアの目をごまかすため、馬の姿に変身して彼女と交わったということです。

そういうわけで、ケイロンは姿はケンタウロス族と同じですが、

クロノス神の血を引いているために特別で、賢くて知性的だったのです。

*クロノス神について詳しくは、こちらの記事も合わせてどうぞ!

ギリシャ神話のクロノス神ってどんな神様?

ケイロンの最期

そんな、穏やかで賢い教育者だった

ケンタウロス族のケイロン

ですが、

最後には英雄ヘラクレスの矢に射られて命を落とした

ということです。

神クロノスの血を引いてたケイロンがどうしてそんなことになってしまったかというと、

英雄ヘラクレスとケンタウロス族の争いに巻き込まれてしまったのです。

ヘラクレスがエリュマントスの猪退治に出かけた時、

ポロスという人に歓待されたのですが、

その時にケンタウロス族のお酒の瓶を開けさせました。

そのお酒の匂いで、ケンタウロス族が集まってきてしまったのだそうです。

こうしてケンタウロス族とヘラクレスは争うことになり、

ヘラクレスに追い込まれたケンタウロスたちが、ケイロンのところに逃げ込んだのですが、

その時にヘラクレスがケンタウロスたちに放った矢が、運悪くケイロンの足に刺さってしまいました。

実はヘラクレスの矢には毒が塗ってあって、その傷は絶対に治ることのないものだったのですが、

クロノス神の血を引くケイロンは不死身だったので、死ねずに苦しみます。

そこで、プロメテウスが身代わりに不死となって、ケイロンは死んでしまったのでした。

ゼウスはこの賢者ケイロンの死を惜しんで、空にあげて射手座になった、ということです。

ちょっと悲しい、射手座のお話ですね。

でも、穏やかで賢いケイロンの勇姿は、今でも夜空で光り輝いてくれているのです。

「射手座」生まれの人たちは?

さて、そんなケンタウロスのケイロンの星座

射手座に生まれた人たちはどんな人たちなんでしょう?

西洋占星術では、

11月23日〜12月21日に生まれた方は、

射手座

の生まれ!

「射手座」は、性別としては男性宮で、性質としては柔軟、火の星座になります。

そんな「射手座」に生まれた人たちは、

集団より個の自由人、

そして勉強が好きで、本を読むのが好き。

好奇心旺盛で、未知の場所を旅するのも好きなようです。

そして哲学など精神的な世界を重んじ、普遍的なものを求める、

という基本的な性質があるようです。

これも、ケンタウロス族の中でたった一人血筋の違うケイロンが、

博識で「賢者」として尊敬され、英雄たちの教育にも熱心だった性質を受け継いでいるかのようですね。

射手座生まれの方々はぜひ、

姿形は違っても、英雄たちからも神々からも尊敬された賢者ケイロンのことを知っておいて頂きたいな、と思います!

射手座を見たらケイロンを思い出してね!

ということで本日は、

射手座にまつわるギリシャ神話

をご紹介しました!

ケンタウロス族の中で一人だけ、

穏やかで賢く教育者であった

ケイロン

その姿を表す「射手座」生まれの皆さんは、

次に夜空に射手座を見上げた時には、ぜひその勇姿を思い出してあげてくださいね!

*この記事に興味を持った方は、こちらの記事も合わせてどうぞ!

さそり座のギリシャ神話を知っていますか?

「オリオン座」は恋多きオリオンの星座!

かに座のカニの神話ってどんなお話?

 









-星座のギリシャ神話
-, , , ,

Copyright© 日本でもギリシャ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.