日本にいても大好きなギリシャを楽しむために、ギリシャ旅行、ギリシャ神話、ギリシャ語、ギリシャの歴史、ギリシャの人々について紹介していきます

日本でもギリシャ

ギリシャ関連マンガ

マンガ「ゴールデン・カムイ」アイヌの神とギリシャの神

更新日:

こんばんは、イレーネです。

本日は、今すご〜くハマっているマンガ

「ゴールデン・カムイ」

について!

明治時代の北海道で、アイヌの埋蔵金をめぐる冒険マンガです!

え?ギリシャ関係ないじゃんって?

いや〜、全編に出てくるアイヌの文化の紹介で、

アイヌの神(カムイ)について知るようになると、

ギリシャ神話に共通するところが見つかってきましたよ〜

アイヌの埋蔵金をめぐって

このマンガ、ものすご〜く面白い!!

久しぶりに、マンガの大人買いしちゃいましたよ〜!

このマンガの内容は、

時は明治。日露戦争の終わった頃。

場所は北海道、小樽の近く。

日露戦争に従軍して、「不死身の杉元」と呼ばれた

杉元佐一は、一攫千金を夢見て砂金を掘りに北海道にやってきます。

明治の頃、北海道では砂金が取れて、ちょっとした

ゴールド・ラッシュ

みたいだったそうですが、

杉元がやってきた時にはすでに取り尽くされて、全くうまくいかず。

そんな中、杉元は、

アイヌが大量に金を隠し持っていたという埋蔵金の話を聞き、

埋蔵金探しに乗り出します!

偶然出会ったアイヌの少女アシリパを相棒に、

埋蔵金のありかが彫られている脱獄囚たちの刺青を探して、

北海道の大自然の中で大冒険!!

(以上のイラストは公式サイトより)

帝国陸軍最強と言われた第7師団のはみ出し者たちと、

新撰組の生き残り・土方歳三も、埋蔵金探しに加わって、

杉元たちと激しいバトルを繰り広げていきます!

果たして杉元とアシリパは、埋蔵金を手にすることができるのか?!

・・・という、ちょっとあらすじ聞いただけでも、

ワクワクしちゃうお話でしょ?

本当に面白いんです(一部グロいけど)!

マンガ大賞も取ったんですよ〜!!

詳細なアイヌ文化の描写

このマンガ、

埋蔵金探し、脱獄囚との戦い、など

面白いところはい〜っぱいあるんですが、

なんといっても面白いのは、

マンガ史上初めて?ではないかと思われる、

アイヌの少女がヒロインで、

アイヌ文化も詳細に描写してある、

というところなんですよね。

ギリシャ文化に興味のある私は、

その他世界各地の文化と神話などに興味があるので、

アイヌ文化についても知ることができるのはとても楽しい!

アイヌの人たちがどうやって猟をしていたのか、

アシリパの猟の装備、

コタン(村)の暮らし、

アイヌの料理、

アイヌの言葉(ヒンナ、オソマ)

刺青の習慣、

などなど・・・


(イザベラ・バードのアイヌ男性のスケッチ)

作者の野田サトルさんはアイヌの文化を相当詳しく調べて書いてるみたいで、

緻密なアイヌ文様の書き込みなども、見ていて思わず引き込まれます。

興味はあってもなかなか知る機会がなかったので、

私にとってこのマンガがアイヌ文化の入門書になりそう!

アイヌの神について

そんな詳しいアイヌ文化の描写の中で、

私が特に興味があったのは、やっぱり神様関係!

アイヌでは、

自然の中のものや、日常で使っている道具などにも神が宿ると考えられていて、

動物たちなど身の回りの様々なものに

「カムイ」(神)の名をつけて、大切にしていたのだそう。

例えば、

絶滅してしまったエゾオオカミは、

ホロケウカムイ、

ヒグマは

キムンカムイ、

Bergadder / Pixabay

シャチは

レプンカムイ、

skeeze / Pixabay

というように、動物たちも神様と呼ばれていたそうです。

そして、マンガの中で

狩猟を生業にしている私たちにとって動物のカムイは重要な神様

動物たちは神の国では人間の姿をしていて

私たちの世界へは動物の皮と肉を持って遊びに来ている

というセリフがあるのですが、

これなんかは、

動物たちが神の遣い

と考えていたギリシャと、相当共通するんじゃないかな、

と思いながら読みました。

ギリシャでも

ゼウスは鷲を遣わし、

アテナは梟など、

神と深く関わると考えられていた動物たちがいて、

神様自身も動物に姿を変えて人間の前に現れる、

とも考えられていました。

そしてアルテミスに仕える少女神官たちは

「熊」、「鹿」と呼ばれてもいました。

これも、ギリシャの古代世界では、

動物たちと人間たちの接触が多かったことと、

無数の神々を想定する多神教の世界だったことから、

こういった考え方ができたのでしょうね。

これは、アイヌの人々にとっても同じことなのかもしれません。

共生の時代へ

これまで、アイヌの文化を前面に押し出してきたマンガがなかったのですが、

この「ゴールデン・カムイ」の登場で、

一気にアイヌ文化も注目を浴びそうです。

そして、それも時代の流れなのかもしれませんね。

これまで日本は近代化を推し進めるため、

北海道の開拓を進め、絶滅してしまった動物たちもいます。

そうやって、自然を無視してこれまでの豊かさを享受してきたわけですが、

今気候変動で大変なことになりつつあるんですよね。

それを考えれば、

自然と共生するアイヌの方たちの文化を見直す、

というのは、今求められていることなのかもしれません。

・・・とまあ、

ちょっと色々考えてしまいましたが、

マンガ「ゴールデン・カムイ」は、

痛快北海道ウエスタン冒険活劇!!

ですので、お時間あれば是非読んでみてくださいね〜

絶対に損はさせませんよ〜!!

*この記事に興味が出たら、こちらもどうぞ!

マンガ「ゴールデンカムイ」第10巻7つの今後が気になるポイント!

マンガ「ヒストリエ」最新第10巻6つの注目ポイント解説!

マンガ「プリニウス」第5巻も面白い!古代ローマの世界に飛び立とう!



-ギリシャ関連マンガ
-,

Copyright© 日本でもギリシャ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.