日本にいても大好きなギリシャを楽しむために、ギリシャ旅行、ギリシャ神話、ギリシャ語、ギリシャの歴史、ギリシャの人々について紹介していきます

日本でもギリシャ




ステファノス・チチパス ニック・キリオス

チチパスとキリオス、ギリシャ勢同士で激突![レーバー・カップ2021]

投稿日:

テニス界でも珍しい、選抜されたトップ選手たちが

チーム・ヨーロッパ、チーム・ワールドに別れて行う団体戦

レーバー・カップ

昨年はコロナのため開催が見送られ、2年ぶりに開催となったこの大会、

前回大会に引き続き、

ギリシャからは今や世界ランク3位!

ステファノス・チチパス選手

そしてギリシャ系でオーストラリア国籍の

ニック・キリオス選手

と、実質的にギリシャから二人も選ばれ、

さらにこの二人で対戦も!!

見どころ満載の大会になりました!

ギリシャからチチパスvsキリオスが実現!

ということで、今年2年ぶりに開催されました

レーバー・カップ

前回の2019年大会に引き続き、今回も

ステファノス・チチパス選手

が、チーム・ヨーロッパ

そしてギリシャ系でオーストラリア国籍の

ニック・キリオス選手

は、チーム・ワールド

と、それぞれ選抜されて、激突することになりました!

普段は二人でダブルスを組んだり、一緒に移動したりSNSでやり取りをしたりと仲のいい二人ですが、

この大会では敵同士!

しかも、今回は直接対決あり!!

シングルスでは、

チチパスvsキリオスが実現!

これまで直接対決でキリオス選手に勝ったことがないチチパス選手でしたが、今年は違いました!

キリオス選手の強烈サーブにも押し込まれることなく、なんと

6−3、6−4

でストレート勝利!!

ギリシャの兄貴分的なキリオス選手相手に、初勝利を飾ったのでした〜!

まあしかし、昨年からずっとキリオス選手は大会に出たり出なかったりで、

コンディションもキレキレに仕上げてきているとは言い難いですから、この勝負は戦う前からついていたような。

キリオス選手は本格的にツアー復帰するのかどうかよくわからない部分はありますが、

またぜひ、今度は二人ともコンディションが絶好調の時に、対決してほしいですね!

その時は手に汗握る接戦になりそうな予感・・・!!

ダブルスでもチチパスvsキリオスが再び!

そしてシングルスに続き、

なんとダブルスでも、

チチパスvsキリオスが実現!

この大会では二人でコンビではなく対戦相手として、

チチパス選手はルブレフ選手

そして

キリオス選手はイスナー選手

と、それぞれコンビ結成!!

普段はライバル同士として大熱戦を繰り広げるチチパス&ルブレフ選手ですが、

この大会では名コンビぶりを発揮!!

6(8)−7(10)、6−3、10−4

で、強敵キリオス&イスナーをねじ伏せました!!

この熱戦に勝ったチチパス&ルブレフ、とっても嬉しそう!!

チーム・ヨーロッパの勝利!

そして、「ビッグ3」が出場せず、いわゆる「次世代」の若手のみで構成されたチーム・ヨーロッパですが、

結果的には・・・

14−1でチーム・ヨーロッパの大勝利!!

チーム・ワールドもいい選手を揃えていたのですが、

現在のトップ10選手をずらりと揃えたチーム・ヨーロッパの方が、やはり有利でしたね!!

チチパス選手にとっては、2019年大会に続いての勝利!!

来年もまた開催される時には、またまたチチパス選手もレーバー・カップを手にすることができるのか?

あるいはチーム・ワールドが巻き返し、今度はキリオス選手がカップを手にするのか?

次回の大会も楽しみになりましたね!!

和やかな大会で、ホッとした・・・!

しかしこの大会、始まる前は内心ヒヤヒヤしてましたが・・・

というのも、全米オープンで、チチパス選手のトイレ・ブレークが大バッシングに巻き込まれ、

その批判の急先鋒が、今回同じチームだったズベレフ選手・・・

チチパス選手はシンシナティでズベレフ選手と対戦した時に、トイレ・ブレークで10分ほど退出・・・

これにキレたズベレフ選手が「トイレでコーチングを受けているんじゃないか!?」と審判に大抗議

一時騒然とする騒ぎになりました。

しかし、試合にはズベレフ選手が勝利して、試合後にはジュニア時代からのライバル同士、また仲直りしたと思っていたのですが・・・

その後の全米オープンで、今度は

チチパス選手はマレー選手と対戦中に、またも10分ほどトイレ・ブレークでコートを後に・・・

これにマレー選手もキレて、再び「トイレで何をやってるんだ!」と大批判の嵐に・・・

再びズベレフ選手も「トイレでコーチング」疑惑で批判し始め、

一時はチチパス選手もメディアから大批判を受けることに・・・

と、そんなことがあった直後の大会が、このレーバー・カップ。

それだけ批判を繰り広げた相手とチーム・メート・・・

しかも、チチパス選手はメドベーデフ選手とも不仲、と言われていますから、

え〜、このメンバーでチームを組んで、大丈夫?!

と、ドキドキだったのですが・・・

フタを開けてみれば、さすがにチームメートとなれば、反目しあってても仕方ない、と皆ちゃんと理解しているようで、

なんとも和やかな試合風景・・・

チチパス選手も、みんなと一緒に応援、

にこやかに過ごしてる様子が見られ・・・

試合後のインタビューでも、とても素晴らしい経験だった、と満足そうでした!

結果的には、このタイミングで、この大会があって、よかったのかも・・・

ギクシャクしてそうなチームメートともうまくやって行かなきゃいけないから、ちゃんとおさめることができたのかな。

みんなで顔を合わす中で、トイレ・ブレークのこととかも話し合うことができたかもしれないし、

チームは違うけど仲良しのキリオス選手が同じ大会に参加してくれてるのもいい方向に働いたのかも。

とにかく遺恨を残すことにはならなさそうで、ホッとしました・・・!!

また来年もチチパス&キリオスで活躍を!

ということで、

選抜されたトップ選手たちがチーム・ヨーロッパ、チーム・ワールドに別れて行う団体戦

レーバー・カップ

前回大会に引き続き、

ギリシャからは

ステファノス・チチパス選手

そしてギリシャ系でオーストラリア国籍の

ニック・キリオス選手

が選ばれ、さらにこの二人で対戦もあり、

見どころ満載の大会でした!

普段のライバル達がチーム・メートになるこの大会、

今回は特に、ギクシャクしていたであろうメンバーと、親交を深めるいい機会になったようで、

とてもいい大会だったんじゃないでしょうか?

できればまた来年も、チチパス選手、そしてキリオス選手、そろって参加して、盛り上げてほしいですね!!

*今テニス界ではギリシャ・ギリシャ系選手が大活躍!ぜひ注目してくださいね!



-ステファノス・チチパス, ニック・キリオス
-, ,

Copyright© 日本でもギリシャ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.