日本にいても大好きなギリシャを楽しむために、ギリシャ旅行、ギリシャ神話、ギリシャ語、ギリシャの歴史、ギリシャの人々について紹介していきます

日本でもギリシャ




星座のギリシャ神話

オリオン座流星群って一体な〜に?

投稿日:

毎年10月21〜23日にかけては、

オリオン座流星群の見ごろの時期!

毎年美しい天体ショーを我々人類に届けてくれます。

ところで、毎年ニュースになる、

この流星群って一体どんなの?

ここで簡単にご紹介しますね!

今晩が見ごろのオリオン座流星群!

毎年華やかな天体ショーを見せてくれる

オリオン座流星群!

10月21〜23日にかけては、見ごろのピークになります。

今年2020年は、21日夜〜22日明け方がピークの見込み。

このところすっかり夜は冷え込んできて天体観測も大変ですが、

年に一度の天体ショーなので、少し街の明かりの少ないところに出かけて行って流星を眺めてみるのも最高の贅沢ですね!

流れ星に願い事をかけるとかなう、ってことですが、

流星群ならたくさん願い事を用意して、いくらでもお願いできちゃうかもしれませんよ?!

オリオン座流星群とは?

さて、毎年この時期になるとニュースを騒がせている、この

オリオン座流星群

一体どんな流星群なのかと言いますと、

日本でもみなさんおなじみの

オリオン座

そのα星ベテルギウスの少し先が放射点になっている流星群です。

位置としては、オリオン座ととなりのふたご座の間に現れることになります。

*ふたご座について詳しくは、こちらの記事も合わせてどうぞ!

ふたご座は卵から生まれた!?

このオリオン座流星群のように、毎年決まった時期に現れる流星群のことを

定常群

というのだそうです。

毎年同じ時期に定期便のように天体ショーを届けてくれる、ありがたい流星群ですね!

このオリオン座流星群の母天体は、かの有名な

ハレー彗星!

そしてこのオリオン座流星群は、

3000年前のハレー彗星から放射された尻尾を私たちは見ているのだそうです!

3000年前!!

日本は縄文時代かあ〜

ギリシャだとミノア文明のころ?

そんな遥かな時代の星の残骸を、今の私たちが夜空に見ているって、ロマンがありますよね!

これは、可能な限りは夜空を見てそのロマンに浸りたいものですね!

このオリオン座流星群は、一時間に50個以上も流星が見られるそうですので、観測しがいがあるというものです!

オリオン座のギリシャ神話も合わせてどうぞ!

そしてせっかくこの時期にオリオン座を見上げるのなら、

この名前の由来となった

ギリシャ神話のオリオン

についても、思い出していただけると嬉しいです!

オリオンはギリシャ神話に登場する巨人の、とても美しい青年で、恋多き人でもあったとか。

オリオン座はこのオリオンが天に上げられた姿だということです。

オリオンが失った視力を取り戻す大冒険など、神話も星座と同じくとても印象的ですので、

よかったらぜひオリオンの神話についても読んで行ってください!

*オリオン座のオリオンについて詳しくは、こちらの記事にまとめてあります!

「オリオン座」は恋多きオリオンの星座!

オリオン座流星群の天体ショーを楽しんでね!

ということで本日は、

毎年10月21〜23日にかけて、美しい天体ショーを我々人類に届けてくれる

オリオン座流星群

についてご紹介しました!

3000年も前のハレー彗星の輝きを私たちに届けてくれる、ありがたい流星群。

冷え込んでくる時期にやってくる流星群でもありますので、

暖かくしてぜひ年に一度の天体ショーを楽しんでくださいね!

*この記事に興味を持った方は、こちらの記事も合わせてどうぞ!

ペルセウス座流星群って何だ?

七夕と天の川とギリシャ神話のお話









-星座のギリシャ神話
-, ,

Copyright© 日本でもギリシャ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.