ギリシャ語会話

ギリシャ語で「お願いします」は何て言うの?ぜひ知っておきたい基本の表現!

日本でも人気の旅行先の一つ、ギリシャに旅行を計画している方たちも多いかと思います。

そんな時にぜひ知っておきたい、簡単便利に使えるギリシャ語の一言!

「お願いします」

をご紹介します!

ギリシャ語でも会話の基本表現の一つ。

この一言で、ギリシャでのコミュニケーションが円滑になりますよ〜!

簡単なので、ぜひ読んで覚えていってくださいね!

「お願いします」は「パラカロー」!!

さて、これは日本語でもどの言語でもそうですが、

相手に何か頼む時に一言

「お願いします」

と言うだけで丁寧になるので、コミュニケーションが円滑になりますよね!

その「お願いします」をギリシャ語では、

「パラカロー」 (παρακαλώ)

と言います。

お店などで何か頼む時、名詞に「パラカロー」とつければ、お店の人も気分良く持ってきてくれますよ。

例えば、お水がほしい時には、

「ネロ、パラカロー」(νερό, παρακαλώ)

で、通じます。

旅行者ですし、数詞とかまで気にしないで、とりあえず「パラカロー」つけておけば、

「水ほしいんだな」

って理解してくれますよ!

ギリシャの名物な飲み物「フラッペ」がほしい時でも

「フラッペ、パラカロー」(φραπέ, παρακαλώ)

で通じますしね。

これ、とっても便利な一言です。

*ギリシャの「フラッペ」についてはこちらもどうぞ!

呼ぶ時も「パラカロー」!

そしてこの「パラカロー」はいろんなやり方で使われていて、

例えば、お店に行って、店員さんを呼ぶ時にも

「パラカロー!」

と声をかけると出てきてくれます。

レストランでも、注文したい時に、お店の人を

「パラカロー」

って呼ぶと、やってきてくれます。

日本語のイメージだと、「すいません、お願いします」ってところでしょうね。

なかなか注文を取りに来てくれない時とか、この一言を覚えておくと便利ですよね!

「どういたしまして」も「パラカロー」

そして、この「パラカロー」が「すみません」「お願いします」と違うパターンは、

「どういたしまして」

の意味にも使われるところ!

例えば、何かを受け取って、してもらって、

「ありがとう」という意味の

「エウハリストー」(Ευχαριστώ)

と言ったら、

向こうは

「パラカロー」

と返してくれます。

この場合は「どういたしまして」っていう意味ですよね。

だから、自分も何かの時に「エウハリストー」と言われたら、

すかさず「パラカロー」と返さなければいけません。

そうしないと、ちょっと感じ悪い人になっちゃいますからね!

だから「パラカロー」はぜひ覚えておかなくては!

なかなか、「パラカロー」は使用頻度が高いのだ!

「どうぞ」にだって「パラカロー」

しかも「パラカロー」は、本当によく使われていて、

「ちょっとすみません」、って声をかけられた時に、

「どうぞ」

と反応する時にも

「パラカロー」

って言うんですよ。

ギリシャ語の

「すみません」は「シグノーミ」(Συγνώμη)

ですが、

そう声をかけられた時にも

「パラカロー」

って反応します。

道に迷った時などにも、「すみませんが・・・」って感じで「シグノーミ」(Συγνώμη)って声をかけると、

答える方が「パラカロー」って言うわけですね。

なんか〜・・・

そう考えると、ギリシャ人って「パラカロー」ばっかり言ってるな・・・

と思う人もいるかもしれません。

確かにね!

というか、やっぱりギリシャに行く前に絶対覚えておきたい言葉の一つですね!!

ギリシャ語の「すみません」については、こちらの記事をご参照ください!

発音はカタカナ発音で通じるよ!

そして、ギリシャ語が日本人にとってありがたいところは、

発音がそのままカタカナ読み

で通じるところ!!

だから、

「パラカロー」は「パラカロー」そのまんまの発音で通じますよ!

これはありがたいですねえ。

英語だと、カタカナ読みしても通じませんからね!

舌を巻いたり、歯と歯の間に入れたり、工夫しないといけません!

ええ、本当に。

友人は英語圏の国で「チーズバーガー」って言ったら全然通じなくて泣きそうになってましたけれども。

ギリシャではそういうことは起こりません! やったね!

みなさん、堂々とカタカナ読みで

「パラカロー」!

と連呼してくださいね!

絶対通じます。はい。

歌で聞く「パラカロー」!

ま、そんな感じでしょっちゅうギリシャ人が使ってる言葉

「パラカロー」

なんですが、

さすがにそれだけ使ってるだけあって、

「パラカロー」

ってタイトルの曲もいっぱいYoutubeにアップされてますよ!

そんな「パラカロー」を聴き比べるのも楽しいよ!

まずは、大人の哀愁たっぷり、

ヨルゴス・ヤセミス(Γιώργος Γιασεμής)さんの歌う

「パラカロー」

をどうぞ!

どうですか、この甘い歌声!

いつも思うんですけど、こういうギリシャの歌謡曲って、絶対日本持ってきても売れるよ〜!!

問題があるとすれば、歌詞かな??

何言ってるのかわからないという・・・

日本の訳詞で歌ってくれるかしら・・・

多分ギリシャ人にとって、日本語の発音は難しくないはずなんだけどね!

さて、女性歌手の歌声もいかがでしょう?

ヅェニ・バヌー(Τζένη Βάνου)さんの歌う、

「セ・パラカロー」(ΣΕ ΠΑΡΑΚΑΛΩ)!

いかにもギリシャらしい歌謡曲!

これを聞くと、一気に気分はギリシャになります!

この声は、本当に、ギリシャらしい、ギリシャ的な、ギリシャ人の声だなあ〜と思います。

ギリシャでも大変に愛された歌手だったそうですよ。

う〜ん、このど迫力の声!

ああ、「ザ・ギリシャの声」という感じ。ぜひ聞いてくださいね!

「パラカロー」はぜひ、覚えて行ってね!!

というわけで、ぜひ覚えておいていただきたい

ギリシャ語で「お願いします」

という意味の言葉

「パラカロー」(παρακαλώ)

をご紹介しました!

旅行に行った時など、覚えておくと便利な言葉ですので、

ぜひギリシャで「パラカロー」と言って楽しくコミュニケーションしてきてくださいね!

「エウハリストー!」

「パラカロー!」

*この記事が気になった方は、こちらの記事も合わせてどうぞ!!



-ギリシャ語会話
-, ,