日本にいても大好きなギリシャを楽しむために、ギリシャ旅行、ギリシャ神話、ギリシャ語、ギリシャの歴史、ギリシャの人々について紹介していきます

日本でもギリシャ




星座のギリシャ神話

「かんむり座」はアリアドネへの贈り物!

投稿日:

どうも! イレーネです!

本日はギリシャ神話と夜空の星座のお話。

5月から6月にかけて北の空に輝く

かんむり座

の神話をご紹介します!

え? 「かんむり座」なんて聞いたことない?

でもその神話は、有名なアリアドネの神話にまつわるものなんですよ!

「かんむり座」ってどんな星座?

さて、ではそのギリシャ神話を紹介する前に、

かんむり座

ってどんなものなのか、簡単にご紹介しましょう!

この星座は、5〜6月の初夏の時期、北の夜空に姿を見せてくれます。

「かんむり」って言っても、王冠みたいに円形のものを多くの方がイメージするかと思いますが、

実は半円形!

どちらかというと、「ティアラ」みたいな形でしょうか。

            By: Till Credner 

こじんまりとしたささやかな星座で、7つの星からできています。

α星は アルフェッカ (Alphecca)

これは「皿の輝くもの」という意味で、アラビアではこの半円形が欠けたお皿に見えたんですね。

そしてこれが星座の中で唯一の2等星。

残りの6つは全て4等星で、

β星は ヌサカン (Nusakan)

です。

そして夏になると、南の空で、英雄ヘラクレスの「ヘラクレス座」の足元にちょこんと見えるようになります。

ヘラクレスとかんむりって、ミスマッチのような気もするけど、こんな取り合わせも意外性があっていいかも?!

「かんむり座」はアリアドネへの贈り物!

さて、この夜空を彩る

かんむり座

これにまつわるギリシャ神話は、ちょっとほろ苦いもの。

かの有名な

英雄テセウスのミノタウロス退治

これを手助けしたのが、

クレタの王女アリアドネ

です。

英雄テセウスは、一度足を踏み入れたら二度と出てくることのできない迷宮(ラビュリントス)へ、怪物ミノタウロスを倒すために足を踏み入れたのですが、

テセウスに恋したアリアドネは、妻にしてもらう約束で、迷宮脱出の秘策を与えます。

それが有名な

アリアドネの糸!

テセウスに糸玉を渡して、迷宮に入る時にはその糸を垂らしながら進み、

怪物ミノタウロスを倒した後にはそれを伝って戻ってくるように知恵を授けたのです。

この作戦で、テセウスは見事迷宮から生還!!

アリアドネは妻としてテセウスと一緒にアテナイ市へ向かう

・・・はずでした。

が、しかし!

アリアドネは、その旅の途中のナクソス島で、

女神アルテミスに殺されたしまったという話もありますし、

テセウスに置き去りにされた、とも言われています。

え〜、テセウス、置き去りにするなよ! かわいそうだろ!

と思いますが、これも実はですね、

アリアドネに恋したディオニュソス神が、テセウスにアリアドネを置いて去るように命じた

という説もあるのです。

そして、置き去りにされてしまったアリアドネを

ディオニュソス神が妻にした

という神話が残されているんですよ!

で、その時に結婚の贈り物としてディオニュソス神がアリアドネに送った「かんむり」が天にあげられて、

「かんむり座」

となった、ということです。

ということで、この星座は、結婚の贈り物だったんですね〜

そう考えるとロマンチック?

*アリアドネの糸について詳しくは、こちらの記事も合わせてどうぞ!

アリアドネの糸ってどんな糸?

アリアドネのかんむりを見つけてみてね!

ということで本日は、

5月から6月にかけて北の空に輝く

かんむり座

の神話をご紹介しました!

不思議な運命をたどって、ディオニュソス神の花嫁となった

アリアドネのかんむり!

夜空での輝きはささやかですが、印象的な物語が詰まった星座。

ぜひ夜空で探してみてくださいね!

*この記事に興味を持った方は、こちらの記事も合わせてどうぞ!

英雄テセウスって、どんな人?!

ミノタウロス退治ってどんなお話?









-星座のギリシャ神話
-, , , , ,

Copyright© 日本でもギリシャ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.