日本にいても大好きなギリシャを楽しむために、ギリシャ旅行、ギリシャ神話、ギリシャ語、ギリシャの歴史、ギリシャの人々について紹介していきます

日本でもギリシャ

イレーネのオススメ映画

『アナと雪の女王2』英雄神話ここに完成!

更新日:




どうも! イレーネです!

前作の大ヒットから5年、ついに公開された

『アナと雪の女王2』

IMAX シアターで見てきましたよ!

大画面にふさわしい、美しい映像、圧倒的な音楽

そしてストーリーのベースは前作の路線通りの

英雄神話!!

アナとエルサの英雄誕生神話、ここに完成!!

ということで、この映画を「英雄神話」として読み解いてみたいと思います!

IMAX で見てきたよ!

さて、そういうわけで見てきましたよ

現在記録的大ヒット中の

『アナと雪の女王2』

アナとエルサの物語はどう展開するの?

大ヒットした音楽は続編でどうなった?

そして映像は、CG技術の進化をさらに見せつけるの?

と期待を胸に、

IMAX 上映のチケットをゲット!

本当はIMAXレーザーの方が見たかったんだけど、出かけたついでで便利だったTOHOシネマズ日比谷にて、鑑賞!

今話題のステマだったら払わなくていいらしいんだけど、きっちり正規料金払って観たぞ!

それにしても、「アナ雪」でステマなんてすることないのにね〜ヒットするのは分かってんだし。せこいよ、せこい!

マンガ家さんたちも「招待されてプレミアで見てきました〜!」って感想書いた方が絶対よかったよね。

ま、こんなこと書いてると、招待されないヒガミみたいだからそれはさておき!

そう、自腹で見てきました!

映画の日だったから割安で1500円!

いや、まあ、安いといっても、じんわり財布に打撃が来る額だわ〜

でも、とにかくIMAXの大画面で一度見ちゃうと、もう戻れない・・・

画面がでっかいって、善ですよ!

家のテレビじゃどう頑張ってもここまで行かないし・・・

そしてその大画面に見合うほどの、

またまたすごいCGアニメーション技術の進化にも圧倒されました!

前作でも氷や雪の表現を見て、今はCGでこんなことまでできるのか!と感激したのですが・・・

今度の続編はそれをまた超えた!

雪、氷、髪の毛を透ける光、濁流、大海原、押し寄せる波・・・

どれもちょっと前まではリアルに表現するのは難しいと思われていたCGの映像が、続々と登場してきます!

うわ〜、もう、CGアニメーションでできないことは無いなあ〜

と感動を覚えましたよ〜

そして同時に、もうこのディズニーアニメのCG技術に日本は追いつくことはできないんじゃ無いか?

と寂しい気も・・・

ま、それはさておき

IMAXは音響もいいんです!

字幕版で見てきたのですが、前作から続投の

イディナ・メンゼルさんの歌声がどーん!

ですよ。

やっぱりすごかったですよ〜

この続編の主題歌は、素人の自分が聞いても「うわ〜、ムズ〜、イディナさん以外の誰が歌えるの〜??」ってびっくりするくらいの難易度!

それを大画面の大音響で体験できたわけですから、まあ1500円の元は取れたよ!絶対!

次は吹き替え版で松たか子さんの歌声も聞きたいな〜

次はIMAXレーザーにしよう!

とすっかりIMAX上映で複数回見る気にさせられてしまいましたよ!

まあこれは、IMAXとCGアニメーションの革命ですね!

それくらい、インパクトがありました!

*この映画のIMAX上映について詳しくは、こちらの記事でまとめてあるので、よかったら合わせてどうぞ!

『アナと雪の女王2』公開!IMAXかレーザーか4DXか?

ストーリーは・・・英雄神話の完成だ!

というわけで、現在大ヒット中の

『アナと雪の女王2』

見てきたわけなんですけれども、

前作の『アナと雪の女王』のストーリーラインとどう違うのか?

というところをメインに解説してみたいと思います!

前作の『アナと雪の女王』は実は、ギリシャ神話などにも見られる

「英雄神話」

と同じストーリーラインに基づいて作られていますよ!

という解説については、以下の過去記事をご参照くださいませ〜

『アナと雪の女王』のギリシャ神話みたいな世界3つのポイント!

さて、このように、前作ではエルサが真の英雄となって、危機に陥った故郷を救う、という話だったわけなんですけれど、

それを受けて製作されたこの続編では一体どうなったのか??

一番そこが気になりながら、映画を見に行ったわけですが・・・続編を見たところ・・・

実はこの新作も

完全なる英雄神話!!

前作よりもさらに完璧な英雄神話!!

となっていましたよ!!

以下、その理由を説明したいと思いますが、ネタバレも含まれますので、まだ映画を見ていない方は読まないでね!!

***ネタバレ注意***

***ネタバレ注意***

***ネタバレ注意***

それでは、ネタバレしてもオッケーな方達は、以下、「アナ雪2」がどうして「英雄神話」なのか、解説していきますのでお付き合いください!

「英雄神話」というのは、簡単にいうと3つのパターンを辿っていく、

というのをアメリカの神話学者ジョーゼフ・キャンベルさんが提唱していますよ。

詳しいところはこの本を読んでいただければと思います!

この本に書いてある「英雄神話」のパターンに当てはめて「アナ雪2」のストーリーを見ると、

あらびっくり!

すっかりぴったり当てはまります!

出発(召命)

ジョーゼフ・キャンベルさんによると、世界に伝わる「英雄神話」は、

まだ英雄になっていない主人公が、

自分の運命に呼ばれて(召命)

故郷を離れて、試練の旅に出る!!

というところから始まります!

これは、「アナ雪2」を見た方ならすぐにぴんと来ると思いますが、

この映画の中でも主人公の一人エルサは、

「不思議な声」に呼ばれます

そして、自分の運命を確かめるために、冒険の旅に出発するのです!!

この「不思議な声」に呼ばれて、未知の世界に冒険に出る

というのは、主題歌のテーマにもなっていますので、この映画の重要なテーマですね!

どうですか? この歌詞を見れば、この映画が「英雄の出発(召命)」から始まる、というのが一目瞭然!

前作では、この「不思議な声に呼ばれる」というシーンはなくて、

「召命」というテーマははっきりしていなかったのですが、この続編では、そこがよりはっきりとして、

要するにより「英雄神話」らしくなった!!

と思います!!

そう、この続編では、エルサは本物の英雄になるために、呼び出されて試練の旅へと出かけていくのです!!

試練(イニシエーション)

そうして、「不思議な声」に導かれて、王宮を離れて冒険の旅に出たエルサ。

ここで、妹のアナも一緒に出発します。

前作でも、この姉妹の「二重奏」になっていたのがこのストーリーの特徴でした。

ただ、前と違って、今度は姉妹で話し合って一緒に冒険に旅立つことになります。

でも途中で結局、姉妹は別々の道を進むことに。

そこで一人一人になった姉妹に待ち構えていたのは、

厳しい試練!!

どちらも、たった一人で、海と格闘し、あるいは洞窟で取り残されたりして、苦難に満ちた試練の旅を続けます!

これは「英雄神話」では、

本物の英雄になるためにくぐり抜けなくてはいけない試練

これを経て、真の英雄に生まれ変わることができるので、

イニシエーションとしての役割を果たしているのです!

この映画の中でも、姉妹二人とも、王宮で育ったお嬢様たちなのに、自分たちの限界を突破するために必死に戦います!!

そうして、二人は、この厳しい試練をくぐり抜けていくのです!

真の英雄として帰還!

そうして、「英雄神話」では、

苦難の試練をくぐり抜けて、一回り成長した英雄が、

最後に故郷に戻り、苦難に直面する国の人々を救って本物の英雄となる!!

という時点で完結します。

ではこの映画の中のエルサとアナの二人は・・・

もちろん、最後には真の英雄として故郷のアレンデール王国に戻ってきます!

アナは命がけでダムを壊し

エルサも命がけでその洪水から街を救います!!

二人の勇敢な戦いに助けられたアレンデール王国は、再び平和を取り戻すのです!!

こうして、二人揃って国を救った英雄となった二人。

見事に、「アナとエルサの英雄神話」ここに完成!!

どうでしょうか??

まさかここまで第2作もがっちり「英雄神話」で仕上げてくるとは思わなかったのですが、

ずっと一貫したテーマとして、この「アナ雪」の物語は「英雄神話」として作られていたことがよく分かりますよね!!

見た目は可愛らしいアナとエルサの二人ですが、その物語は実は、ギリシャの英雄神話にも通じる戦いの物語でありました!!

「英雄」としてのアナとエルサ!

さて、こうして、

『アナと雪の女王2』

は、前作から一貫して、古代から世界各地で語られ続けてきた

「英雄神話」をベースにして作られたストーリーなんだ!

ということについてお話ししてきましたが、

ではどうしてアナとエルサは「英雄神話」で語られたのか?

ってことも、考えてみたいと思います!

自分イレーネ的には、ディズニーの主人公のお姫様たち、つまりいわゆる

ディズニー・プリンセス

が、時代に即した変化を遂げた結果だと思いますよ!!

元々の「英雄神話」が語られていたような古代ギリシャでは、女性が英雄になる、なんてとんでもない時代でした。

戦争に行って戦い、英雄になるのは男だけ。

女の人たちは家にいて、男性に選ばれるのを待つだけです。

でも、時は流れ・・・

今は2019年!!

もうすぐ2020年になろうとしています!

もう女性たちは、男性に選ばれて、家の中で男の帰りだけを待ってる時代じゃないのです!!

アナとエルサのように、女の子で王女様でも

外に飛び出し、自分の能力を信じて苦難を乗り越え、真の英雄となる!!

そんな物語が、大衆の支持を受けて、大歓迎される時代になった!!

ということに、時代の大きな変化を感じますね〜!

この映画をみている小さな女の子たちは、もう白馬の王子様なんて待たないですよね!

アナとエルサが、泥まみれになりながら、ずぶ濡れになりながら、未知の世界を冒険して本当の自分を見つけ出す姿を見て育ったからには・・・

だから、この映画は前作から、ただの大ヒットアニメというよりは、社会現象とも言える一大ブームを巻き起こしたのですが、

本当に時代の転換点を作った作品になるんじゃないかな〜と思います!

個人的には、

『ワンダーウーマン』

もそうだし、

『キャプテンマーベル』

もそうだし、

時代の流れを写した映画がここ数年どっと作られるようになって、その集大成として、

『アナと雪の女王2』

が2019年も押し詰まって登場して、

「女の子たちの英雄神話」

がすっかり世界に定着した!!って気がします!

もう来年2020年以降には、「女の子らしくいなさい」とか「いい男性に選ばれるようになりなさい」とか、いつの時代の話?!ってみんなが思うくらい、

「英雄神話もジェンダーレス」!!

な時代に入っていくんだろうな!

いいじゃないですか!!

きっといい時代になりますよ!

ゴー、ガールズ!そしてボーイズも!

というかガールズでもボーイズでもなんでもみんな「英雄」だ!

*来年2020年公開予定の『ワンダーウーマン』の続編も楽しみですね!どんな「英雄神話」が完成しているかな?公開が楽しみ!

「アナ雪2」の「英雄神話」を楽しんでね!

ということで本日は、

前作の大ヒットから5年、ついに公開された

『アナと雪の女王2』

を見てきましたが、

ストーリーのベースは前作の路線通りの

英雄神話でした!!

アナとエルサの英雄誕生神話がここに完成!!

もう、この映画以降は、「ディズニープリンセス」っていう枠が無くなるくらいに完全に破壊し去った「英雄神話」でした!!

この映画が分水嶺になって、ジェンダーの捉え方とかもガラッと変わっていくんじゃないかな、と思わせる、時代を変える一作になりそう・・・!

とドキドキさせられる作品でした!

自分イレーネはそういうフリーダムな時代は大歓迎なので、応援する意味でももう一回見に行こうかなと思います!

あ、当然自腹でね!

映画はいいけどステマはダメね!

自腹でフリーダムを応援しに行こう〜!!

*この記事に興味を持った方は、こちらの記事も合わせてどうぞ!

『アナと雪の女王2』興行収入新記録樹立なるか?!



-イレーネのオススメ映画
-,

Copyright© 日本でもギリシャ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.