ギリシャ神話 星座のギリシャ神話

美神の星・金星が逆行なんだって?

どうも! イレーネです。

ギリシャ神話といえば、夜空に輝く星座ともご縁の深いもの。

ちょっと気にするようになってみれば、毎日のように星の世界でもドラマが起こっています!

今度は、10月6日から

美と愛の星・金星が逆行

ですって!

美と愛の女神・アフロディテの星が逆行って、一体どんなことなんだろう??

金星が逆行するとな?!

というわけで、本日はギリシャ神話といえば切っても切り離せない

星のお話!

2018年10月6日から

金星が逆行を始めたそうです!

夜空に明るく輝く金星

誰でも一度は夜空で見上げたことがあると思います!

そんな金星が逆行しているなんて、これは大事件?!

金星は、ギリシャ神話の愛と美の女神・アフロディテの名前がついた星。

占星術の方でも、金星って、美と愛に関係しているみたいなんですよ!

今回は、10月6日から逆行が始まって、11月16日まで続くのだそうです。

この期間は、皆さんも、自分自身の「愛」について、見直してみたほうがいいかも?!

星の「逆行」って何よ〜??

ということで、

金星の逆行

が夜空で始まっているんですけれども、

星座に関する知識がまだ浅い自分イレーネは、

いったい「逆行」って何よ〜??

と思ったので、これもリサーチ。

順行(じゅんこう、prograde motion)とは、惑星が他の惑星と同じ方向に運動している状態を指す。それに対して逆行(ぎゃっこう、retrograde motion)とは、順行とは逆の方向に運動している状態を指す。

(ウィキペディア(Wikipedia)「順行・逆行」より)

ふむふむ〜、

ついこないだからは、冥王星が「順行」になった、ということでした。

今回は「逆行」だから、「順行」の逆というわけね!

*冥王星の順行については、こちらの記事もご参照ください!

「逆行」と聞くとマイナスなイメージを感じてしまうのだけど、

美と愛の女神の星が逆行するって、いったい何が起こるんだろう??

それはともかく、この星がいつもと違った動きをするわけですから、

皆さんの「愛」にも様々なドラマが待ち受けているかもしれませんね?!

金星は美と愛の女神アフロディテの星!!

さて、ここで、金星に名前を与えた

ギリシャ神話の女神アフロディテについてもご紹介しておきましょう!

アフロディテの誕生は、ギリシャ神話では少々「グロ注意」な案件となっております・・・

『神統記』の伝えるところによりますと・・・

クロノス神が、自分の父親であるウラノス(天)を倒した時、

大鎌でウラノスの大事なとこ!男性自身!を切り落として海に投げ捨ててしまったんですね。

その、切り取られた大事なとこ!が海の上を漂っていると、

その周りに泡が立ち、そこから

女神アフロディテが誕生した!

ということですよ!

*クロノスによる父ウラノス打倒とアフロディテ誕生については、こちらの記事も合わせてどうぞ!

どうですか、このアフロディテの誕生神話!

え〜! キモ!!

と思われた方も多いかもしれません。

かの有名な名画

サンドロ・ボッティチェリの『ヴィーナスの誕生』


サンドロ・ボッティチェリ『ヴィーナスの誕生』1483年頃(ウフィッツィ美術館蔵)

そう、この時、この女神は、

海を漂う男性の大事なとこから生まれたんだって!

さすがに、この絵の中にソノモノは描かれていませんが、

ちょっと、名画を見る目が変わっちゃった?!

そして、この女神は、

海を漂う泡(アフロス)から生まれたので

「アフロディテ」(泡から生まれた女神)

という名前がついた、ということです!!

あ〜、せっかく美しい女神なのに、ちょっとその誕生神話が残念なパターンでした!!

金星=ヴィーナス=アフロディテ

さて、そんな残念な誕生神話を持つ

美と愛の女神アフロディテ!!

太陽系で2番目の惑星で、地球に一番近い惑星・金星は、その名前を持っています。

英語では、この星は

「ヴィーナス」(Venus)

と呼ばれています。

これは、ローマでギリシャ神話のアフロディテを引き継いだ女神

ウエヌス(Venus)

の英語読みです。

ラテン語だと、「V」は母音の「ウ」なので。

*「アフロディテ」と「ヴィーナス」については、こちらの記事も合わせてどうぞ!

古代から金星はアフロディテの星!

さて、この地球に最も近い星・金星は、

古代から女神アフロディテの名前で親しまれていました。

天文学でギリシャを先駆けたメソポタミア文明の時代から、この星には女神の名前がつけられていて、

ギリシャでも、女神アフロディテの名前に受け継がれたようですよ!

確かに、夜空にひときわ明るく輝く金星は、

輝くように美しい女性の姿を想像させるものかもしれませんね!

「明けの明星」「宵の明星」として、世界で親しまれてきたその姿は、

超絶的な美しさを誇る女神アフロディテの名前にふさわしいものかも!

でも実は「戦いの女神」でもある!

そんなギリシャ神話の

アフロディテ女神

ですが、

美しさを誇る女神でありながら、実は

「戦いの女神」

としての一面もある、と考えられていました!

え〜、そんな! あの美しい女神が戦争なんて!

と思われる方も多いかもしれませんが、

実はアフロディテ女神の前身であると考えらえれている

メソポタミアの女神

イシュタル や イナンナ

の時代から、これらの金星の女神は戦争と関連づけられていたということです。

しかも、世界では、マヤ・アステカ文明でも、金星は戦いと関連づけられていたらしいですよ!

う〜ん、不思議だ!!

この金星がいつもと違う動きをする逆行期間は、争いごとにも注意したいですね!!

金星の逆行に気をつけよう〜!

というわけで本日は、

2018年10月6日から

美と愛の女神・アフロディテの名前を持つ星

金星が逆行

し始めたんだそうです!

というお話でした!

愛の女神、そして戦いの女神でもあるアフロディテの星・金星が、

いつもとは逆の動きをするって、なんだか要注意?!

でも、ギリシャ神話の時代から、星と私たちは繋がっているんですもんね!

いつも以上に、夜空の星たちの動きに想像を巡らせてみるいい機会かと思います!

アフロディテの星・金星が、私たちの運命にいったい何をもたらしてくれるのか?!

お楽しみに!!

*最近は、石井ゆかりさんの星座のこの本などを読みながら、星のことも勉強中です! ギリシャ神話をよりよく理解するきっかけになるといいな!

[amazon_link asins='4866510250' template='CopyOf-kaereba' store='skyhigh112-22' marketplace='JP' link_id='0f14f0f2-fab4-40d8-b8de-6a3bfa569e47']



-ギリシャ神話, 星座のギリシャ神話
-, , ,