日本にいても大好きなギリシャを楽しむために、ギリシャ旅行、ギリシャ神話、ギリシャ語、ギリシャの歴史、ギリシャの人々について紹介していきます

日本でもギリシャ

ギリシャの映画 映画

『パシフィック・リム:アップライジング』IMAX3Dで大迫力!大きいのはいいことだ!

更新日:

どうも〜、イレーネです!

見てきましたよ、見てきましたよ!

パシフィック・リム

の続編映画

パシフィック・リム:アップライジング

上映期間が終わっちゃうまでに、急いでIMAX3Dで!

やっぱり、新型イエーガーと巨大怪獣の戦いを見るには、

「大きいことはいいことだ」!

『パシフィック・リム:アップライジング』IMAXの大型スクリーンで見よう〜!

ついに見てきましたよ、見てきましたよ〜!

あの伝説のハリウッド版「怪獣映画」

パシフィック・リム

の続編

パシフィック・リム:アップライジング

5年ぶりに作られたこの続編では、

映画の中で登場する

「怪獣」(kaiju)も、

人型戦闘ロボット「イエーガー」も、大型化して戻ってまいりました!

だったらもう、IMAXの大画面で見るしかないよねえ??

ということで、急いで、この忙しい4月に、行ってきましたよ!

もう〜、なんでこの時期に?!

とブツクサ言いながらも、のんびりしてるとIMAX上映が終わっちゃいそうだったので。

なんでかっていうと、来週からすぐに、

スピルバーグ監督の『レディ・プレーヤー1』が始まっちゃうので、

IMAXシアターは、そっちにかなりの劇場が切り替えてしまうみたいなんですよね〜

う〜ん、スピルバーグ監督って、今でもやっぱり人気なんだなあ〜

そういうわけで、

いくら前作

パシフィック・リム

が、世界の映画オタクに歓迎された「怪獣・ロボット映画」だとしても、

スピルバーグの前では吹けば飛ぶようなこの続編

パシフィック・リム:アップライジング

IMAX上映が強制終了になる前に、急げ、急げ!

と、帰り道にあわてて飛び込んできましたよ〜

IMAX でみたいな、と思っている方は、急ごう〜!

日比谷にオープン!IMAXシアター!

そして今回は、

3月29日にオープンしたばかりの、新スポット

東京ミッドタウン日比谷

にオープンしたばかりの

TOHOシネマズ 日比谷

で、見てきたましたよ〜

日比谷からすぐの好立地!

『TOHOシネマズ プレミアム シアター』をはじめ、

IMAX シアターもあるし、

TCX / Dolby ATMOS もあるし、これからヘビーユーザーになりそうな便利なシネコン!!

施設も広くて、ピッカピカだよ〜!

で、ここで、この続編

パシフィック・リム:アップライジング

IMAX3D上映で見てきたんだけど、

当日ギリギリになって行ったので、さぞや混み合っているんだろう・・・

と思っていたら!

平日のせいもあってか、全然、いい席にすぐ座れた〜!

拍子抜け!!

え? 人気ないの? この映画?

って思ったけど、

映画ランキングではトップレベルだから、人気ないはずはないのよ〜

これは単に、日比谷というお土地柄かと!

日比谷で働いてるような方々は、仕事帰りに

「怪獣 vs 戦闘機ロボ」のオタク映画なんて、見ないんだよ〜?!

ということで、

IMAX3D上映でいい席に座りたかったら、日比谷をオススメしますよ、みなさん!

穴場だよ!

この劇場では、今週も上映が続いてるみたいだし、

自分ももう一回見に行っちゃおうかな〜

大きいことは、いいことだ!IMAXで目撃せよ!

さあ、そういうわけで、

IMAX 3D で無事に

パシフィック・リム:アップライジング

見てきたんだけど、

もう結論としては、

「大きいことはいいことだ」(Bigger is better)

っていう映画の中のセリフがあるんですが、

もう、この映画を見るなら、スクリーンが

「大きいことはいいことだ」(Bigger is better)

いや、やっぱり、ケタ違いに、おっきいんですわ、

IMAX スクリーンが!

そのでっかいスクリーンの中で、

巨大ロボット「イエーガー」が立ってるところとか、

「おお〜、でかい!」

ってやっぱり、息を飲みますよ〜!

しかも、前作の「イエーガー」の戦闘シーンって、夜だったり水の中だったりが多かったんですが、

この続編では、ほとんど昼だし、

複数の「イエーガー」がずらりと並んでるところか、

壮観ですよ、壮観!!

設定としても、この続編の「イエーガー」はもう、第5〜6世代のニュータイプ。

前作の世代よりも一回り巨大化しているので、

重量級のサイズ感が、圧巻なのだ!

この新世代「イエーガー」たちが、

今作でも登場の巨大「怪獣(kaiju)」たちと戦うんだから、

そりゃ〜、スクリーンも

「大きいことはいいことだ」(Bigger is better)

なのは、当たり前!

実はね〜、自分は、前作の

パシフィック・リム

は、映画館で見逃しちゃって、自宅のテレビで鑑賞だったんだけど。。。

もったいないことしちゃった!

「イエーガー」も「怪獣(kaiju)」も、テレビサイズ!ミニサイズ!

でも、こうやって、IMAX の大画面で見ると、

「イエーガー」も「怪獣(kaiju)」も、どっちもこんなに大っきかったんだ〜!

と目からウロコ!

やっぱり、巨大スクリーンの効果があらわれやすい映画だと思う!

しかも、最近自分としては、

IMAX って 3D の意味あるのかな?

って実は思っていて。

だって、IMAX の売りって、距離感を感じなくなる巨大スクリーン、ってことだったでしょ?

じゃ〜、3Dにしなくてもいいんじゃない? ってことになりますよね〜

ところが!

やっぱり、この映画は、3Dでよかったわ〜

ていうか、戦闘シーンは、やっぱり3Dだと迫力が出るね!

飛んでいくヘリとか、

崩れ落ちるイエーガーとか、

おおっ! って思う迫力がありました!

っていうことで、やっぱり結論としては

「大きいことはいいことだ」(Bigger is better)

この映画、見たいなあと思っている方は、ほんとお早めに、IMAX 上映をやっている劇場に急いでくださいね!

見とかないと、後悔するかもよ?!

お話のあらすじ

そういうわけで、

IMAX 3D のバカでかい画面で楽しんでもらいたい映画

パシフィック・リム:アップライジング

ここで、簡単にこの続編のあらすじをご紹介しておきますね!

今回のお話は・・・

前作

パシフィック・リム

での「怪獣」(kaiju) と人間型戦闘ロボット「イエーガー」との戦いから10年が過ぎた2035年が舞台。

若いチンピラ・ジェイクは、前回の戦争で被災地となった廃墟に住み、

その時破壊された「イエーガー」のスクラップを盗んで稼いでいた。

そんなある日、違法に「イエーガー」をスクラップから組み立てていた少女アマーラと出会い、

PPDC(環太平洋防衛軍)に二人とも連行される。

そこでは、「怪獣」(kaiju) との戦いで命を落としたスタッカー・ペントコスト司令官の跡を継いで、

森マコが事務総長として、「イエーガー」の開発と、パイロット達の育成の任についていた。

実はジェイクは、スタッカー・ペントコスト司令官の実の息子であり、

両親を「怪獣」に殺された後に、ペントコスト司令官に養女として育てられた森マコとは、義理の姉弟に当たる。

ジェイクは以前にイエーガー・パイロットとして訓練を受けていたが、事情があって軍を離れていた。

マコは優秀なパイロットであったジェイクの腕を見込んで、

「イエーガー」のパイロット候補生の教官として復職させる。

そして、一人で「イエーガー・スクラッパー」を組み立てた少女アマーラの腕も見込んで、訓練生として入隊させる。

「イエーガー」の教官と訓練生としての、二人の新しい生活が始まったのだが・・・

というお話!

どうですか、前作のファンも裏切らない、この続編のスタート!

しかも、前作よりも「イエーガー」が続々と出てくるから、ロボットアニメ好きの支持を受けた前作の路線もちゃ〜んと継承していますよ〜!

新キャストも勢揃い!

さて、こうして前作のDNAを受け継いで、

5年の時を超えてよみがえった続編

パシフィック・リム:アップライジング

キャストはほぼ一新されて、フレッシュな面々が揃っていますよ〜!

前作から続投となったのは、森マコを演じる、

日本が誇る演技派女優・菊地凛子さん!

美しくて、演技もうまくて、日本代表で出てきてくれて嬉しかったですよ!

欲を言えば、もっと出番を!

もっと菊地凛子さんに出番を〜!!

まあ、前作で主役だったローリーを演じたチャーリー・ハナムさんも降板しているので、

続編では主役級は総とっかえですね〜

今回は、『スター・ウォーズ』で一躍スターの仲間入りをした、

ジョン・ボイエガ

が、ペントコスト司令官の息子ジェイク役で、主役を張りましたよ!

この人、好き!

『スター・ウォーズ』のフィン役で、世界に愛されている人だから、

好感度高杉

『スター・ウォーズ』みたいな大作に出ちゃうと、イメージがつくから出演が途切れちゃう人もいるのに、

この人は主役級の出演が続くから、完璧に成功例!

いわゆるハンサムっていうんじゃないけど、やっぱり人柄かな〜?

この人の演技見ていると、やっぱり好きになっちゃうね!

普段の、冗談を言ってるリラックスしてる感じから、ピンチになった時の緊張感へのスイッチの仕方とか、

コミカルからシリアスまで柔軟にこなすし。

すご〜く引き込まれるのは、やっぱり演技力かな〜

この人が画面に出てくると、どうしても目がいってしまう。

目立つんですよね〜存在感がある!

それと、人間的な魅力でしょうか?

『スター・ウォーズ』のフィン役で大金を手にしたのに、それを遊びや贅沢で使っちゃうんじゃなくて、

それを元手に制作会社を作って、

なんとこの映画のプロデュースもしてるんですよ?!

なんとまだ、26歳!

ど、どれだけきちんとしてるんだ!

「今の若いヤツは〜」とか、飲み屋でクダを巻いてるおじさん!

見習ってくださいよ?!

というわけで、主役ジェイクのジョン・ボイエガ、いいですよお〜

*『パシフィック・リム アップライジング』海外版予告

そして、ジェイクの元相棒のネイト役には、

あのクリント・イーストウッド監督の息子さん、

スコット・イーストウッドが登板です!

爽やかなナイスガイ!のイメージだと思ったら、役もまんま、そんな感じだったな〜

そして、彼よりも、ジェイクの相棒として登板が多かったのは、

アマーラ役の ケイリー・スピーニーちゃんでした!

女の子のメカ・マニアで、ちっちゃい「イエーガー」を作っちゃうんだから、最高ですね!

いいキャラクター!

映画の世界でも、ガンバレ、女の子たち!

そして、日本からはもう一人、

新田真剣佑くんが登場!

パイロット候補生の、リョーイチ役です!

マッケン、美形だよね〜かわいい!

あえていうなら、

マッケンにもっとセリフを!!

マッケンにもっと出番を〜!

でも、ひいき目じゃなくても、

男性出演者の中で一番美形だったのは、間違いなくマッケンだったよ!

アップの画も美しかったしね!

本当に、あのサニー千葉ちゃんの息子さんなんだろうか??

っていうくらい、美形だね!

アメリカ育ちのマッケン、これからもまたハリウッドで出番がありますように!

*ジャパン・プレミアの時の、出演者のみなさん

しかし、今回のキャストで目立ったのは、

ぞろぞろ出てくる中国勢だったわ〜

シャオ産業の社長リーウェン役の ジン・ティエンは、ほとんど出ずっぱり!

今回初めて知ったんだけど、レジェンダリー・ピクチャーズって、中国企業の大連万達グループに買収されてたのね!

「バットマン」シリーズや、「ハングオーバー!!」シリーズなど、レジェンダリーの作品ですから、経営はうまくいってるのかと思ってたよ・・・

チャイナ・マネー、ハリウッドを席巻中です。

ここのところ、映画見ると中国キャストが登場してきて、しかも結構いい役だったりするのよね〜

いや〜、今回の映画では、菊地凛子さんとマッケンがキャスト入りできてよかったよ〜

そうしないと、中国映画みたいになっちゃうもんね?!

「日本オタク映画」としての「パシフィック・リム」のために、日本からももっとキャスト入りできるといいなあ〜

おっと、最後に忘れちゃいけないのは!

前作で大活躍だった「オタク科学者」コンビ!!

「怪獣」イレズミを入れてしまったほどの「怪獣オタク」ニュートン・ガイズラー博士を演じる

チャーリー・デイ

そして、そのニュートンと組んで怪獣たちと戦った、ハーマン・ゴットリーブ博士を演じる

バーン・ゴーマン

この二人は、前作に続いて続投でした!

この二人がいると、一気に「パシフィック・リム」っぽくなるよね!

「パシフィック・リム」版のR2D2とC3POみたいな?!

二人でしゃべってるだけで微笑ましい、このコンビの活躍も見てね〜!

*海外でもこのコンビの人気は絶大!新作での動向がみんな気になる!

「イエーガー」の名前は、ギリシャ神話推しだったよ!!

そして、そんな話題たくさんの続編映画

パシフィック・リム:アップライジング

では、

今回新登場する、ニュータイプの「イエーガー」たちですけど・・・

その名前ときたら!(村上春樹さん風)

かな〜り、ギリシャ神話から来てましたよ〜

やっぱり、ギレルモ・デル・トロ監督は、ギリシャ神話に詳しいのよね〜

というわけで、新「イエーガー」の名前とギリシャ・ネタを解説するね!

バロー・オメガ(第6世代)

これは、PPDC(環太平洋防衛軍)の基地にいた「イエーガー」

「オメガ」とは、当然、ギリシャ・アルファベットの

「Ω(オメガ)」!!

こいつもギリシャ語だあ〜!

*ギリシャ・アルファベットについて詳しくは、こちらもどうぞ!

ギリシャ語のアルファベットを覚えよう!

タイタン・リディーマー (第6世代)

そして、こちらもギリシャ神話の名前をもつ「イエーガー」

タイタン・リディーマー!

「タイタン」というのは、

ギリシャ神話の「ティタン神族」のこと。

英語読みして「タイタン」なのですね。

この「ティタン神族」と最高神ゼウスは壮絶な戦いをして、最終的にゼウス神が勝利を納めて

それ以来、ゼウス神が、ギリシャ神話の神様たちの中で最高の神となったのです。

こうして、「ティタン神族」は敗れ去ってしまいましたが、

ゼウスに対抗して戦うほどの力を持つ神様たちではあったので、

今でも英語で「タイタン」というと、すごく体が大きくて力強い「巨人たち」という言葉としても使われていますよ!

*「ティタン神族」について詳しくは、こちらの過去記事もご参照ください!

[ギリシャ神話]ゼウスとティタンたちの戦い

セイバー・アテナ (第6世代)

そして、今回の「イエーガー」たちの中で、

ギリシャ神話の神様の名前を持つのはそれだけじゃない!

セイバー・アテナ!!

これは、ギリシャ神話のアテナ女神ですねっ!

女神アテナは最高神ゼウスの娘で、お母さんは知恵の女神メティスです。

ゼウスは、メティスから生まれる子供に王権を奪われるのを恐れて、子供を身ごもった妻のメティスごと、飲み込んでしまったということです。

ええっ? と驚くような話ですが、もっと驚くのは、その誕生!

ゼウスに飲み込まれた後も、お腹の中で成長を続けた女神アテナは、

ゼウス神の額を中からかち割って飛び出して誕生したそうです!

嘘〜! グロ!!

と思う方も多いかもしれませんが、まあそうやって生まれたのが、女神アテナなの!

そしてこのアテナ女神は、お母さんのメティス女神の知恵を受け継いで、

とても賢く、

さらにはまた、戦争の女神でもあったので、その姿はいつも、ヘルメットと胸当で武装して描かれていました!

この武力を持って、アテナイ市の守護女神でもあったんですね!

だから、そんなアテナ女神は、「イエーガー」の名前にぴったりな女神だと思いませんか?!

武装して、町を守ってくれる、守護神なんですから!

いいぞ!

セイバー・アテナ!!

この「イエーガー」の機体の特徴としては、オレンジ色で、素早い機動力が特徴だそうです!

「セイバー」というのは、サーベル(saber)のことで、二本の電磁剣を合わせて、一本の刀のようにして戦うことができます!

このパイロットは、マッケンだよ!

*「セイバー・アテナ」予告編!

*女神アテナは、ギリシャの首都アテネに名前を与えたとも言われていますよ!

ギリシャの首都は・・・「アテネ」?「アテナイ」?

オブシディアン・フューリー (謎のイエーガー)

そして、

今回の続編で登場する、所属不明のイエーガー

オブシディアン・フューリー!!

この「フューリー」も、

ギリシャ神話に登場する復讐の女神「エリニュス」のことと思われます!

英語では、単に「フューリー」(復讐の女神)とも呼ぶんですね。

復讐の女神エリニュス(フューリー)というのは、ギリシャ神話の中で、

肉親の殺人の復讐を請け負う女神とされています。

その姿は真っ黒で、髪は蛇、翼があって、嫌なニオイがする、っていう怖〜い女神!

でも、この女神の神話を知っていると、この

「オブシディアン・フューリー」の正体も、登場する前にわかるかもよ?!

*「オブシディアン・フューリー」と「ジプシー・アベンジャー」の戦い!

どうですか?

この「イエーガー」たちのネーミングにも、ギリシャ神話が使われていたなんて、すごいですよね!

ギレルモ・デル・トロ監督はギリシャ神話が好きみたいなので、

この新作でも、そのDNAが受け継がれていますね!

このギリシャ神話の名前をもつ「イエーガー」たちの戦い、ぜひ見てくださいね!!

*これらの新型イエーガーの戦い!胸熱です!

 

東京での「イエーガー」vs 「怪獣」の戦い!!

そして、今回の続編

パシフィック・リム:アップライジング

最大の見どころは、

東京での「怪獣」VS 「イエーガー」の戦い!

そうさ、俺たちの東京で、巨大怪獣と、「ジプシー・アベンジャー」を筆頭にした「イエーガー」たちが、街をぶち壊しながら戦うんだ〜!

って、いうか、それどこかで見たことある気が・・・

デジャブ感ハンパない?!

って、それ、

シン・ゴジラ』?!

*大杉漣さんもご出演されていて、ホロリ・・・

うん、多分、っていうか、絶対、この映画を見た上での、あの東京でのバトルシーンになってると思うので、

円谷プロ作品が大好きなギレルモ・デル・トロ監督の作品シリーズだもんね!

パシフィック・リム:アップライジング

『シン・ゴジラ』の、東京を荒しまわる様を比べて見て楽しむのを、オッケーです!

でもね〜、「パシリム」の方だと、なんか、東京っぽくないのよね〜

中国で使われてる漢字も出てくるし、ちょっと中国っぽい東京だったな〜

*東京バトルシーン予告!

続編が欲しい!!続編作って!

というわけで、

伝説的カルト的人気を博した前作の続編

パシフィック・リム:アップライジング

とにかく、見どころたくさんで、楽しかったんですよ〜

映画を見終わって、体感時間は30分くらいしか感じなかったよ!

通常は、「続編はつまらない」って言われることが多いけど、この映画はかなりパワーアップしてる!

この映画に携わっている人たちみんな「パシリム」が好きなんだろうな〜

というわけで大満足だったこの映画、

こうなると・・・

続編作ってくれ!

続編見たい!!

今回、パイロット候補生役で、マッケンをはじめヤングスターたちが続々と出てきたので、

彼らの成長ぶりを追った続編が欲しいなあ〜

しかも、主役のジョン・ボイエガも若いも〜ん(26歳)

まだまだ、これから何本も撮れる!

それに何より、本国アメリカでもヒットしたので、

こういうドル箱の作品なら、続編作りそうだよね?

ぜひ、次回作に期待!!

5年も待たせないでね〜!

追記:『パシフィック・リム:アップライジング 』IMAX では上映終了だよ!

おっきな怪獣とイエーガーとの戦いには、巨大スクリーンで見るのがベストだと思うんだけど・・・

残念ながらこの映画

パシフィック・リム:アップライジング

のIMAX上映は終了しております。

が!

まだまだ、このゴールでウイークも、上映自体は継続しているので、気になる方はお早めに劇場へどうぞ〜

通常サイズのスクリーンでも、家のテレビでDVD化されてから見るより、絶対迫力あるよ〜!

迫力のバトルシーンを、楽しんでね!

 

*この記事に興味を持った方は、こちらもどうぞ!

『パシフィック・リム:アップライジング』もうすぐ公開!絶対見るでしょ?

『リメンバー・ミー』IMAX? 4DX? 2D? どれで見よう?

『シェイプ・オブ・ウォーター』もうこれは神話だよ?!

『ブラック・パンサー』絶対見たほうがいい5つの理由!

映画『マンマ・ミーア!』続編の予告編できたよ〜!



-ギリシャの映画, 映画
-, ,

Copyright© 日本でもギリシャ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.