日本にいても大好きなギリシャを楽しむために、ギリシャ旅行、ギリシャ神話、ギリシャ語、ギリシャの歴史、ギリシャの人々について紹介していきます

日本でもギリシャ




ギリシャ神話

ギリシャ神話の美少年ベスト3!

更新日:

ヤーサス! イレーネです!

みなさん、美少年、お好きですかー??

テレビをつければ、アイドルと呼ばれる美少年たちが、世の女性の黄色い声援を浴びて活躍しておりますが、

古代ギリシャの神話にも、たくさんの美しい少年たちが登場します!

本日はその中から、勝手に

「美少年ベスト3」

を選んでお届けしますよ〜!

ギリシャ神話の美少年 第3位!

さて、それでは、第3位から発表していきましょう!

私、イレーネが勝手に選ぶ、

ギリシャ神話の美少年ベスト3!

並みいる美少年たちのうちから第3位にランクインしたのは・・・

ガニュメデス

です!!

そう、ガニュメデス!!

カニの一種じゃないですよ!

れっきとした、トロイアの王家の血筋の美少年です。

生まれた時から、その美しさで名をとどろかせ、

ついには最高神ゼウスがその美貌を愛し、

自らワシに変身して、さらっていったということです。

*レンブラントの描くガニュメデスの略奪。ここまで赤ん坊だと、美少年なんだかどうかもよく分からないと思うんだけど・・・

そうしてゼウスは、天界でガニュメデスを自分のお酌係にして、そばに置いたと言われています。

あ、一応、古代ギリシャでは男性同士の恋愛はおおっぴらにOKなことになっていました!

ですので男性が美少年を愛してそばに置くのは全然アリだったんですね。

そういうわけで、ゼウスがガニュメデスを愛して連れて行った、という神話も成立するわけです。

話を戻すと、こうしてゼウスが子供を連れ去ってしまったので、

ガニュメデスの父親にはお詫びとして、神馬、あるいは黄金のブドウの木が贈られた、ということです。

・・・が!!

こうやって神話に語られていると普通にスルーしてしまいそうですが、

今だったらこれ、完全に誘拐ですよ!!

ええ、犯罪です!!

しかも、最高の神ゼウスによる誘拐・・・

ヒドイわー、ガニュメデスの父親も、お詫びの品をもらってそれでいいのかい?!

と思いつつも、

最高神ゼウスをそこまで夢中にさせたガニュメデスのその美貌って、いったいどれほどのものだったんでしょうね?!

ということで、「最高神ゼウスが夢中になった」というポイントを高く評価して、

ガニュメデスが、ギリシャ神話の美少年第3位です!!

*こちらはルーブル美術館にあるガニュメデスと言われる美少年の彫像。確かに美しいね!

ギリシャ神話の美少年 第2位!

さてそれでは続いて、第2位を発表いたしましょう!

ギリシャ神話の美少年ベスト2!

数々の美少年の中から私イレーネが第2位に推したいのは!

アドニスです!!

アドニスくらいになると、ギリシャ神話に興味がない方でも一度は名前を聞いたことがあるかもしれません!

アドニスはその誕生からしてちょっとスキャンダラスでした。

シリア(あるいはキプロス)の王様とその娘の間に生まれた不義の子だったと言われています。

えー! 今のゲス不倫もビックリの誕生ですが、

そうして生まれたアドニスは、生まれたときから大変に美しくて、

愛と美の女神アプロディテも夢中になってしまった

ということなんです。

そこで、アプロディテは、この美少年アドニスを独占したくて箱に入れ、

冥界の女神ペルセポネに面倒を見てくれるように預けます。

・・・と、ここまでは良かったのですが、女神アプロディテの計算外だったのは、

冥界のペルセポネもアドニスを一目見るなりその美しさを愛してしまって、

今度はアプロディテにアドニスを返すにを嫌がってしまったのです!

こうなると、もう女神二人の女の戦いとなるわけで、

どっちも一歩も引かずに美少年アドニスを取り合う事態となりました。

あ〜、美しさって、罪だよね〜

と言うより、女同士の争いって、醜いよね〜

こうして決着のつかない女の戦いに、最高神ゼウスが調停に乗り出すことになりました。

ゼウスはアドニスの一年を三つに分けて、

三分の一はアプロディテと、

もう三分の1はペルセポネと共に暮らすように命じ、

残りの三分の1はアドニスが自分で好きなところで過ごしていいことにしました。

するとアドニスは自分の三分の一をアプロディテに加えて一緒に過ごすようにしたということです。

しかし、これでハッピーエンドとはいかなくて・・・

のちにアドニスは狩りに出かけたときに女神アルテミスの怒りに触れて、

イノシシの牙に刺されて若い命を散らすことになってしまいました。

そのときアドニスが流した血からはアネモネの花が、

そしてアドニスの死を悲しんで女神アプロディテが流した涙からは、バラの花が生まれたということです。

せっかく絶世の美少年に生まれたのに、なんだかはかないアドニスの最期なのでした。

それでも!!

女神二人の心をつかんで、自分をめぐって争わせるとは、その美少年ぶり、恐るべし!

できたら一度、その姿を見てみたーい!!

という願望を込めて、

アドニスがギリシャ神話の美少年、第2位にランクインです!!

*ルーベンスの描くアプロディテとアドニス。ていうか、アプロディテ太りすぎでしょ!いくらなんでも・・・

*アプロディテについて詳しくは、こちらの記事も合わせてどうぞ!

アフロディテは女神界最強の美女?!

ギリシャ神話の美少年 第1位!

さあ、そして、ギリシャ神話の美少年たちのうちで、

栄えある第1位に輝いたのは・・・

ナルキッソスです!!

そう、あの

「ナルシスト」

という言葉の語源となった美少年ですよ!

でも、どうして

「ナルシスト」=自分を愛しちゃってる人

あるいは、うぬぼれている人、の語源となったかといえば、

もうこれは、ご存知の方も多いかと思いますが、

このギリシャ神話に登場するナルキッソスが、

水に映った自分の姿のあまりの美しさに、一目見て恋に落ちてしまい、自分に恋い焦がれて死んでしまった、

という有名なエピソードに由来します。

*カラヴァッジォの描くナルキッソス。そんなに美少年に見えないのは私だけ?

いやー、もう、水に映った自分の姿に恋してしまうなんて、これ以上ないくらいの美しさだったんじゃないでしょうか?

というか、そこまで自分が好きなんて、ちょっとアホなの?

という疑いもあるにしろ、

そこまでふっきれてるくらいの美少年なんだったら、もういいですよ、

ダントツ1位の美少年ですよ!

ナルキッソスの美しさは常識を超えている!

ってことでやっぱり第1位の美少年は、エピソードのふっきれ具合も含めて、ナルキッソスに決定です!

このナルキッソスが「自分で自分に恋しちゃった」っていう(おバカな?!)エピソードは古代から有名だったらしくて、いろんなバージョンのお話が伝わっていますよ。

一番有名なところだと、ナルキッソスは大変な美少年で、数々の女性たちに言い寄られても見向きもしなかったので、女性たちの恨みを買ってしまった、というもの。

ニンフのエーコーなんて、ナルキッソスに恋い焦がれて、ついには声だけになってしまった

という神話も有名ですよね。

そう、これが

「エコー」(こだま)の語源

というアレですね。

*エコーの神話について詳しくは、こちらの記事も合わせてどうぞ!

[ギリシャ神話]エコーは「こだま」だよ!

まあ、そんなわけで、ナルキッソスはそのあまりの美少年ぶりで、女性たちに辛い思いをさせたので、罰として自分の姿に恋いこがれて死ぬように仕向けられた、というお話です。

もう、そこまですごい美少年だったって、どれくらいなの?

って実在の人物を思い浮かべても、全然想像が追いつかないんですけど!!

とにかく、とんでもないレベルの美少年だった

っていうことですよね〜

そしてまた、別バージョンのお話では、

本当はナルキッソスには双子の美しい妹がいて、でも不幸にも早く亡くなってしまったので、

ナルキッソスは水に映った自分の姿に彼女を思い出して見つめていた、

というお話もあるんですよ。

こっちの方が、自分で自分に恋しちゃったバージョンより、ちょっといい話じゃない?

自惚れてるっていうより、家族思いだし。

でもやっぱり、水に映った自分の姿に恋しちゃった、っていう話の方が、インパクト大!!!!!

やっぱりナルキッソスには、それくらいふっきれた美少年でいて欲しい!!

という願望も込めて、

やっぱり第1位の美少年は、ナルキッソスに決定です!!

自分好みの美少年も見つけてみてね!

さあ、そういうわけで、私イレーネの選んだ

ギリシャ神話に登場する美少年ベスト3をお届けしました!

いかがでしたか?

どの美少年も、ギリシャ神話中で屈指の美貌を誇ったつわものばかりでしたが、

この3人の他にも、ギリシャ神話にはいろんな美少年たちがゾロゾロと登場しますので、

ぜひ皆さんもギリシャ神話の中でお気に入りの美少年を見つけてみてくださいね!

実在してたらどんなに美しかったんだろ〜?!

って想像するだけでも、楽しい時間を過ごすことができますよ! キヒヒ

ぜひお楽しみあれー!!!

*この記事に興味を持った方は、こちらの記事もどうぞ!

ギリシャ神話の悪女ベスト3!

[ギリシャ神話]魔女・キルケーの魔術とは?

「パンドラの箱」って一体な〜に?

「プロメテウスの火」って一体何なの?

「ヴィーナス」と「アフロディテ」ってどう違うの?



-ギリシャ神話
-, ,

Copyright© 日本でもギリシャ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.