日本にいても大好きなギリシャを楽しむために、ギリシャ旅行、ギリシャ神話、ギリシャ語、ギリシャの歴史、ギリシャの人々について紹介していきます

日本でもギリシャ




マーベル映画とギリシャ神話

追悼:「ブラックパンサー」チャドウィック・ボーズマンさん

更新日:

本当に悲しいニュースが流れてきました。

『ブラックパンサー』

で新時代のヒーローを演じた

チャドウィック・ボーズマンさんが、がんのため逝去されたそうです。

とても信じられない・・・とても悲しいです・・・

嘘であってほしい・・・逝去の報

いや、本当に嘘であってほしい・・・

とても現実だとは信じられない・・・

『ブラックパンサー』

created by Rinker
¥299 (2020/09/30 13:56:17時点 Amazon調べ-詳細)

で、凛々しく高潔な正義のヒーロー、ワカンダのティ・チャラ国王を演じて、全世界で大人気となった

チャドウィック・ボーズマンさん

が、がんのため逝去されたそうです。

まだ43歳。

嘘でしょ・・・

続編はどうするの?

世界中で楽しみに待ってるファンが大勢いるのに、そんな・・・

公式の発表によると、4年間もガンと戦っていたとは・・・

私たちのティ・チャラ国王は、本物の戦士だったのですね。

でもどうして、よりにもよって、この人を病魔が襲ってしまうのか・・・

あんなに完璧に美しくて、瞳がキラキラして魅力的で、スタイルもギリシャ彫刻みたいに均整がとれた肉体美で、完全無欠のヒーローだったのに・・・

「ブラックパンサー」はあの人じゃないと撮れないですよね、

他の俳優さんじゃ・・・いや、とても無理。

完全無欠のヒーロー「ブラックパンサー」は、たった一本の完璧な映画だけを残して逝ってしまいました。

とにかく悲しいです。

今夜は『ブラックパンサー』を見ながら陛下の喪にふくします。

ワカンダ、フォーエヴァー・・・

チャドウィック・ボーズマンさん略歴

ここで、偉大な陛下に哀悼の意を表して、

これまでの略歴をご紹介しておきます。

チャドウィック・ボーズマンさん

1976年11月29日 アメリカのサウスカロライナ州アンダーソンで誕生

高校卒業後、オックスフォードのBritish American Drama Academyで演技を学ぶ

2013年 映画『42 〜世界を変えた男〜』で初主演

created by Rinker
¥299 (2020/09/30 13:56:18時点 Amazon調べ-詳細)

2016年 『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』 で、「ブラックパンサー」ティ・チャラ国王として初登場

2018年 『ブラックパンサー』

created by Rinker
¥299 (2020/09/30 13:56:17時点 Amazon調べ-詳細)

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』

に、ティ・チャラ国王として続けて出演し、世界的人気を得る。

2019年 『アベンジャーズ/エンドゲーム』 で再び「ブラックパンサー」役。

created by Rinker
¥400 (2020/09/30 18:38:53時点 Amazon調べ-詳細)

『21ブリッジズ』 にも主演。

created by Rinker
¥2,790 (2020/09/30 13:56:20時点 Amazon調べ-詳細)

というように、つい最近まで出演作目白押しの大活躍。

文句なくアメリカのトップ俳優の一人でしたが・・・

発表によると2016年からすでにガンとの戦いが始まっていたということで、チャドウィック・ボーズマンの代表作はほとんど全てガンとの戦いの中で作られていたということですね・・・

全く気がつかなかった・・・

なんという精神力でしょう。

ご本人もティ・チャラ国王そのままに、使命感を持って戦いの中で世界のトップ俳優にまで上り詰めていたのですね。

これほどの俳優さんが、今後出てくるかどうか・・・心から悔やまれてなりません。

どうしてこんな人がガンと戦わなくてはいけなかったのか、救える手段はなかったのか・・・

あまりにも惜しい才能が早くにこの世を去ってしまいました。

まだ嘘であってほしい、誤報であってほしいという思いが強いですが・・・

チャドウィック・ボーズマンさんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

『ブラックパンサー』で刻んだ歴史

そして、チャドウィック・ボーズマンさんの功績で一番大きいのは、何と言っても

『ブラックパンサー』

created by Rinker
¥299 (2020/09/30 13:56:17時点 Amazon調べ-詳細)

ハリウッドで初めての、オール・アフリカ系スタッフ&キャストで撮られた大作映画。

その主演を勤めたのが、他でもないチャドウィック・ボーズマンさんでした。

マイノリティーとしてハリウッドでは陽の当たらない役回りが多かった人たちが、一気に表舞台で強烈に輝いた歴史的一作でした。

今では女性やマイノリティーの俳優・スタッフたちが映画を撮る機会が増えてきましたが、その台風の目の中心にいて映画界を席巻した映画でした。

「愚か者は壁を作り、賢者は橋をかける」

というセリフも、新時代を告げる象徴的なものでしたね。

また、そういう人種的背景は別にしても、映画としてもものすごくよく出来ていた。

文句なしに面白かった。

そして、主人公の「ブラックパンサー」は、文句なしにカッコよかった。

立ち姿も身のこなしも、文句なしに美しかったですね。

何人だろうと何系だろうと関係なく、人類として完璧に美しかったです。

鍛え抜かれた肉体を駆使したアクションも、文句なくカッコよかった。

「アフリカ系俳優」としてだけではなく、「アメリカの俳優」としてトップに立った人でもありました。

これから、大作映画の主演など、もっともっと活躍していくんだろうとばかり思っていました。

それが、あっという間にこの世に別れを告げて去っていってしまったのは、とても悲しくて、一映画ファンとしてもやり切れません。

陛下よ、永遠に!

ということで本日は、

『ブラックパンサー』

で新時代のヒーローを演じた

チャドウィック・ボーズマンさん

その逝去の報に接して、心より哀悼の意を表したいと思います。

まだとても信じられませんが・・・

ティ・チャラ国王は、永遠に完全無欠のヒーローです。

Wakanda forever!

R.I.P. Chadwick Boseman...

*この記事に興味を持った方は、こちらの記事も合わせてどうぞ!

『ブラックパンサー』主題歌もかっこいい!









-マーベル映画とギリシャ神話
-, , , ,

Copyright© 日本でもギリシャ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.