日本にいても大好きなギリシャを楽しむために、ギリシャ旅行、ギリシャ神話、ギリシャ語、ギリシャの歴史、ギリシャの人々について紹介していきます

日本でもギリシャ

ギリシャのスポーツ

サッカーW杯ギリシャ戦を忘れたか?!

投稿日:

bottomlayercz0 / Pixabay

どうも〜イレーネです。

もうすぐ始まりますね!

サッカーW杯・ロシア大会

今だからこそ書いておきたい!

前回W杯での日本対ギリシャ戦!

あの時の屈辱を忘れたのか?!

二ヶ月前に指揮官解任で、日本にはあの時以上の苦難が待ち受けているぞ!

今だからこそ、ギリシャ戦をもう一度振り返ろう!

いよいよ6月14日から、サッカーのW杯が開幕します!

全世界的なサッカー人気もあって、

オリンピックと人気を二分する世界的スポーツイベント

というより、世界のテレビ視聴者数、そしてその経済効果は、

オリンピックを抜いて世界ナンバーワンのスポーツイベント!!

それが、

サッカーのW杯!!

我が日本では、サッカーの歴史は浅く、人気も野球や相撲などに遅れを取って来ましたが、

今回のW杯にも幸運にも出場することができ、

本当だったら、日本中でこの世界の晴れの舞台で活躍する日本代表チームを応援したい時!

・・・だったんだけど、

なんとなんと!!

開幕二ヶ月前にハリルホジッチ監督を解任!!

という、

愚の骨頂!狂気の沙汰!迷走!ガバナンス混乱!!

を、日本サッカー協会(JFA)がしでかしてくれまして、

ただでさえ弱い日本代表チームは今やガタガタ

先日の、W杯前の試金石となるテストマッチでも、無残な敗戦となっているわけです。

で、自分イレーネは、サッカー経験者でもないし、

ユーロとかコパとか熱心に見ているわけじゃ無いし、

ワールドカップみたいな大きなイベントがあるから見ようかな、くらいのライトファンであることは先に断っておきますが・・・

それでも、これは断言できるよね〜

こんな日本代表チームは、W杯に出ても、全敗で終了です!!

これは、一生懸命やってる選手たちというよりは、

そのトップの日本サッカー協会(JFA)という組織がめちゃくちゃなことをやらかしたから、全責任はそっちにあるよ!!

だから、日本代表は、W杯全敗だね!

いや、というより、こう言うのは残念だけど、

全敗してほしい!

そうじゃなきゃ、日本サッカー協会(JFA)は目を覚まさないでしょ?

しかも、そのJFAに忖度してか、いやに持ち上げた報道をしているメディアにも、報道のあり方を変えてほしい!

という願いを込めて、今だからこそ言っておきたい!

日本代表は、W杯全敗!!

前回W杯での、ギリシャ戦での屈辱を忘れたの?

と声を大にして言いたい!!

今だから、っていうのは、サッカーW杯本大会が始まってからだと、言いにくいから〜。

ひょっとして、うっかり、何かの拍子で勝つこともあるかもしれないしね!

サッカーの試合も何があるか分からないから!

本大会二ヶ月前に監督解任なんてトチ狂ったことをしてくるなんて、何か裏に真意があるに違いない?

と深読みしすぎた相手チームがミスるとか・・・

トチ狂った日本が何をして来るか分からなすぎて読み間違えちゃうとか・・・

ということで、万が一でも勝ってしまう事もあるかもしれないんだよね。

ま、そういう訳で、本大会が始まっちゃってから言っても後の祭りなので、今の段階で予言しておきます!

日本代表は、W杯全敗!!

だって、前回W杯での、ギリシャ戦、もう忘れたとは言わないで!!

ギリシャに勝つ気マンマンだった変な報道

サッカーW杯を直前に控えた今だからこそ言いたい、

四年前のW杯での日本の戦い・・・

特にギリシャ戦!!

自分が特にギリシャも応援して複雑な気持ちで観戦していたので、もう一度書いておきたいですね!

だって、今、普通にテレビなんかを見ると、

「サッカー日本代表を応援しましょう」

「ハリルホジッチは日本チームに合わなかったから解任された」

「日本人の西野監督なら、日本チームをよく分かってるから期待」

的な、おかしな報道がされていたりするわけですよ。

そんなわけないでしょ?!

もう、こんなゴタゴタを見せられて、応援する気持ちも冷めたし、

ハリルホジッチみたいな世界的に著名な監督を直前解任なんて狂気の沙汰だし

その監督をW杯の経験もない日本人監督に「日本人だから」って理由で変えた

なんて、チームが良くなるわけないでしょ?!

そもそも、このW杯に出られるのだって、予選突破させてくれたハリルホジッチ監督の功績なんだからね?!

と、モヤモヤしっぱなしなんだけど、

テレビの報道ではこういうことをはっきり言ってはいけないのか、

「日本代表の活躍に期待」

「日本代表を応援しましょう」

「あとは決定力だけ」

って、ポジティブでおめでたいトーンの言い方ばかりなんですよ。

なんだか、大本営放送みたいな・・・

いくら戦況が不利でも

「日本有利!」

「日本快進撃!」

って言い続けてるみたいな、薄ら寒い思いがしちゃうんですよね。

いや、日本代表は不利だよ?

というより、始まる前から負けてるよ?!

有能な指揮官を直前解任って自爆しちゃってるし。

jarmoluk / Pixabay

こんな感じの、本質的な問題から目を背けた論調

これって、なんか、見たことあるような気が。

デジャブだ!

だって、思い返せば四年前のW杯も、報道では

「W杯決勝トーナメント進出だ!」

「日本代表チームの活躍に期待」

みたいなことばっかり言ってたっけ。

しかも、当時は

コロンビア、コートジボアール、ギリシャ

という国々と戦う組みで、びっくりしたことに、テレビの解説なんかでは、

ギリシャに勝つ気マンマンだった!

それを聞いて、ギリシャのサッカーを少しは知ってるイレーネは、

「えっ、ギリシャに簡単に勝つつもりなの?!」

と、びっくりしちゃいましたよ。

だって、当時のFIFAランキングだって、当然ギリシャの方が上だし、

たった一度だけとはいえ、

ギリシャは2004年には、UEFA欧州選手権(EURO)で優勝しているのです!!

経済危機もあって、予算もそんなに割けなくて、ギリシャ代表は苦しい時期のW杯だったけど、

強豪なみいるヨーロッパの予選リーグを突破してW杯に出場してきてるチームだよ!!

もっとリスペクトしてよ!

とモヤモヤしちゃってた。

だから、自分の中の事前予想は、

日本代表3連敗で予選リーグ敗退

だろうなあ〜と・・・

だって、他のチーム全部FIFAランキングも上だし、どこに勝って予選突破するのよ?

コロンビアに勝てるわけないし

コートジボアールだって、世界的な選手を何人も擁して、身体能力も高い

ギリシャだって、ヨーロッパの強豪チームの中からW杯に出てきた底力がある

この3チームの中から、どうやって日本が決勝進出するのよ?!

と、当然なるわけですよ。

でもね・・・

テレビのコメントなどでも、戦前に

「日本は3連敗でしょう」

「決勝トーナメント進出は無理でしょう」

っていうのは、皆無でしたねえ。

「いける!」「いけます!」「決勝トーナメント進出!」

みたいな。

なんていうか、サッカーそれほど詳しくない自分でも、「ちょっとこれは難しい・・・」って思ってたくらいだから、

サッカー関係者なんて、絶対「決勝トーナメント進出は難しい」っていうのは分かってたはずだよね?!

でも、言わない。

楽観的観測しか言わない。

これって、大本営放送だよねえ〜・・・

日本って、そういう体質、変わらないのかな?

客観的なデータに基づいて分析するんじゃなくて、情緒に流れる、っていうか。

最後は神風!

とか思ってんじゃないの?っていう。

グループリーグ敗退:崩せなかったギリシャ

そうして、日本国民の楽観的な希望のもとに始まった

2014年サッカーW杯!

選手の中には

「優勝を目指す」

と豪語する者まで現れて、日本ではいつになく期待が高まっておりましたっけ。

確かに当時のメンバー、これまでの日本代表とは違って、

海外のクラブで活躍するメンバーが多く

世界の舞台を知っている

というのは、これまでにない期待を抱かせるものでもありましたよね?

特に、サッカーのことあまり知らない層だと、

コートジボアール代表もギリシャ代表もよく知らないから、

勝てるって言われると勝てるのか、と無邪気に信じてしまうところもあって。

そんな、なんとなーく、日本国民の期待値が高まっている中での開幕だったのですが、

いざW杯が始まってみると・・・

コートジボアール戦(14/6/15)

はい、懐かしいですね!

まず初戦は、アフリカの強豪・コートジボアールとの対戦でした!

ドログバ登場で浮き足立った日本チーム、2−1で敗れて終了!

誰だ! コートジボアールに勝てるって言ってたの!

でも、もとから難しい戦いになるのは分かってましたけどね。

誰もおおっぴらに言わなかっただけで。

そんな中で、なぜか「次こそ勝てる!」「勝たなくてはならない」

という状況の中で迎えることとなったのが・・・

ギリシャ戦(2014/6/20)

そう、グループリーグ突破が決まる、

運命のギリシャ戦!

この時も、戦前のコメントだと「日本有利」との評も。

ほんとにそう思ってるの?!

とちょっと信じられない気持ちで聞いてたけど、

ギリシャは経済危機で、事前にキャンプとかもロクに組めなかったとかで、

直前に現地入りになった選手もいたみたいです。

そんなギリシャはチームとして機能しにくいから、勝てるチャンスは十分にあると。

そんなだったら、ヨーロッパリーグはどう突破してきたんだい?

言っとくけど、日本代表チームが、ヨーロッパの予選リーグに入ったら、まず予選突破はできないよ?!

と内心ツッコミを入れていましたが、ギリシャ代表をよく知らない人なら、信じちゃうんだろうな〜

なんて、モンモンとしながらも、試合開始!

この時、前半38分で、ギリシャは最大のピンチを迎えます。

MFカツラニスが累積レッドカードで退場!

え?まさか?!

と、ここでギリシャは10人と、一人少ない戦いを強いられることになります。

戦況は日本絶対的有利!!

ああ、これは流石にギリシャ代表も終わったか。

日本、これは勝つ試合になるか?!

と誰もが思いました。

ところが!

ま、これは当然なんですけど、数的不利になったギリシャは、

ベタ引きで守りきる戦法

に出ました。

ギリシャもすでにコロンビアに負けていたので、これ以上負け星がつくのは避けたかったんですよね。

ここで引き分けて、次のコートジボアール戦に決勝進出を賭けるのは、当然と言えば当然。

しかも、ギリシャは堅守でW杯出場をもぎ取ったチーム。

典型的な堅守速攻のチームです。

決勝進出を、自慢の堅守にかけて戦いを挑んできました!

でも、数的不利をはね返せるのか?!

数的に有利な日本が得点をもぎ取るのでは?!

と多くの人が思った中で、刻々と時間は過ぎ・・・

結果は皆さんご存知の通り。

日本はね、ゴールネットを揺らすことはできなかったんですよ?

ベタ引きで守るギリシャに、攻めても攻めても跳ね返され。

ギリシャのディフェンスを崩すことはできなかった・・・

ボールを保持してパスは回しても、ゴールしなくちゃ勝てないんでね・・・

でも、一人少ない相手でも、全然ゴールできない様子に、イライラしたファンも多かったと思います。

ギリシャの守備が固いとはいえ、いくら何でも、なんとかできるだろう〜と。

いえ、できないんです!

イタリアの「カテナチオ」(閂)が有名ですが、守備の固いチームが本気で守ったら、まず崩せないですよね。

ギリシャは10人になったから、得点なんて気にしないで、10人全部守備で守りきった。

結果は引き分けですが、日本代表チームとしては、完敗です。

だって、この時点で、日本はグループ最強・コロンビアとの対戦を残していたんですからね・・・

コロンビアに勝てるわけないでしょ? だから

この時点で日本の「勝ち星ゼロ」が確定

つまりグループリーグ敗退が決まったということです。

最強・コロンビアは1位通過として、残るひと枠をコートジボワールとギリシャで争うことになりました。

そして、結論から言うと、

ギリシャは最後にコートジボアールを倒して、決勝トーナメントに進出!!

英雄ドログバの夢を打ち砕いたのです。

まさに、サッカーをよく知っている、賢い戦いを貫いての勝利でした!

一人、蚊帳の外の日本代表・・・

コロンビア戦 (2014/6/25)

そして迎えた、最終戦

コロンビア戦!!

もうね・・・

「最後の希望をつないで・・・」

ってレベルの話じゃなくて、まあ勝てないですよ。

もう、勝てないのが分かっているのに試合しなくちゃいけないっていう。

結果は皆さんご存知の通り、

4−1でコロンビアの勝利!

これは試合をする前に、みんな知ってたよね〜?この結果は。

だから、仕方ない。予想できた結果でした。

四年前から・・・良くなるどころか悪化してない?!

というわけで、

四年前のサッカーW杯、主にギリシャ戦の結果を振り返ってみたわけわけなんですけれども、

ここから四年経ち、またW杯が開幕するわけなんですが・・・

日本サッカーはここから進化してる?

良くなってる?

W杯で勝てる可能性は上がってるの?

っていう疑問が出てくるわけですよね。

一人減ったギリシャを相手に

全然得点を決めきれずに、グループリーグ敗退が決まった

という事実にどう向かい合って、どう強化してきたんだという。

それに対する一つの対応策が、

W杯で実績を持つ、世界的にもその手腕を評価されている

ハリルホジッチ監督の招聘

だったはずだよね・・・?

個人的には、ハリル監督、良くやってくれてたと思います。

先述の細かいことまでは分からないけど、

若い戦力を有効に使って、W杯出場も決めてくれたし。

先の2014年W杯主要メンバーも歳をとってきて、世代交代の必要があったから、

若手をどんどん試して、実際これは!という若い才能の台頭もありました。

何と言っても、世界に評価されている戦術家ですから、

予選突破の時にもやってくれたように、W杯本戦でもやってくれるんじゃないか

という期待もありました。

そうじゃないと、

現在のFIFAランキングを見ても、

日本は順当に行って3戦全敗です

もう一度言います

日本は順当に行って3戦全敗です

だからね〜・・・

その唯一の希望を、まさかまさかの・・・

W杯開幕二ヶ月前にハリルホジッチ監督電撃解任!!

バッカじゃないの・・・

どんなヒステリーを起こしたら、そんな愚行に踏み切れるんだい。

JFAの会長の独断で、一時的に感情的になったとしても、その暴挙を許した周りも止められなかったの?

要は、組織としてガバナンスがめちゃくちゃだってことですよ。

百歩譲って、この時点で解任を行うなら

1)後任に、もっとすごいW杯で活躍した指導者がすで決まってる

2)その後任監督には、日本チーム立て直しのすごいビジョンを持っている

3)そのすごい後任監督が、そのすごいビジョンを短期間で実現できる

って3つの条件を満たしていないと納得できないでしょ?

それが、まさかの、

なんもない状態!!ノープラン!!

で、ヒステリックに解任しちゃったもんだからねえ〜・・・

自分は、この時点で、

今回のW杯の日本代表の戦いは終わった

と思いました。

そう。

戦う前に負けている!

まるで、絶対勝ち目がない太平洋戦争に突撃して行った日本軍みたいではないですか・・・

圧倒的に戦力不足!

圧倒的に軍事力に勝る相手に戦いを挑む!

軍部の暴走、資源の枯渇、行き着く先は、焦土ですよ。

それなのに、テレビの報道では

「日本ガンバレ」

「日本代表の勝利を祈る」

「勝機あり」

の大本営放送・・・

太平洋戦争に向かっている時点の日本って、こんな雰囲気だったのかな・・・

そんな中で

「日本は負けますよ」「3戦全敗ですよ」「戦う前から負けは分かってますよ」

って言うと、「非国民」って言われるのかいな・・・

でもね、自分は言いたい!ちゃんと言いたい!

これで勝てっと言う方がムリ

ハリルの試した若手メンバーも外して、

四年前の主力メンバーにわざわざ戻して、

監督は四年前のザックよりも実績ではるかに劣る日本人監督にして、

四年前のチームの劣化版率いて、どこに行こうって言うんだい?

もう一回ブラジルに行くのかい?

今度の行き先は、ロシアですよ〜??

WikiImages / Pixabay

ワールドカップをなめてない?

と言うわけで、本日は、

サッカーのW杯の開幕を控えて、

今だからこそ書いておきたい!

前回W杯での日本対ギリシャ戦の屈辱を忘れたのか?!

二ヶ月前に指揮官解任の愚行で、日本にはあの時以上の絶望が待っている!

と、思いの丈をぶつけてみました〜

だってね・・・

あの時日本が歯が立たなかったギリシャは、今回のW杯に出ていないんですよ!!

ギリシャだって、現在FIFAランキング44位で、日本よりず〜〜っと上だけど、出れないの!

ヨーロッパ予選リーグを突破するのは、それくらい厳しいの!

それくらいのレベルの大会に、

前回ギリシャに歯が立たなかったメンバーを連れて行こうって言うんだからねえ・・・

サッカーのワールドカップをなめてない?

今やオリンピックをしのぐ世界的スポーツイベントを!!

世界中の人たちが、この日本代表の惨状を大会で見聞きするんですよ?

世界中のサッカーファンは、サッカー愛がすごいから、目も肥えてる。

そんな人たちが億単位で見守る中、日本代表が一体何をするつもりなのか、教えて欲しいよ!

ハリル解任の愚行だって、世界の人たちのいい笑いものだよ?!

せめて次の大会に向けて、若手の大胆な起用を試すとか、何かしらの収穫だけはあることを願ってやみませんけどね・・・

でも、今回は、3戦全敗、しかも大負けでいいと思うの。

伝説の7−0くらい。

だって、そうしないと軍部=JFAの暴走は止められない!

派手に大負けして帰ってきて、JFA解体くらいの議論まで行くといいなと思ってる。

だってね。

これだけ世界中の人たちが見守る大イベント、G7よりもきっと注目されているよ!

だからそこに送り込まれる代表チームっていうのは、国の顔でもあるわけ!

世界の人たちに向けて、日本はこういう国です、ってアピールする外交チャンスでもあるわけ!

それも分からずに、国内事情だけで井の中の蛙になって、本大会直前にゴタゴタして世界に恥をさらすなんて、どういうつもり?!

今回の件は幸い、多くの人たちが愚策だと気づいているから、

これからは大本営放送に惑わされずに、冷静に議論していけるような土壌ができることを願ってやみません!

でも、今回のW杯で、日本代表戦を見る気がしないなあ〜

いつもなら、四年に一度の楽しみ、お祭りなのに、さみしい限り・・・

ま、他の強豪国の試合を見て楽しもうっと!



-ギリシャのスポーツ
-,

Copyright© 日本でもギリシャ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.