日本でもギリシャ

日本にいても大好きなギリシャを楽しむために、ギリシャ旅行、ギリシャ神話、ギリシャ語、ギリシャの歴史、ギリシャの人々について紹介していきます

ギリシャの文化人 ギリシャの有名人 ギリシャの音楽 ギリシャ関連映画 映画

映画『ブレードランナー2049』IMAX3Dで目撃!前作の謎はどうなった?

ヤー!イレーネです。

話題の映画

『ブレードランナー2049』

見てきましたよ!

IMAX3Dでハリキッて!

伝説の映画『ブレードランナー』の続編ということで、ハナイキ荒く見に行ってまいりましたが・・・

3時間近い超大作で、謎が謎を呼んでいくストーリーに・・・

ぐったり疲れたよ! 頭も体も・・・

『ブレードランナー』30年後の世界は・・・

今回見てきた映画

ブレードランナー2049』(リンク)

*『ブレードランナー2049』についての詳しい紹介は、以下の過去記事をご参照ください!

映画『ブレードランナー2049』IMAXで見るべきかな?

この映画は、1982年に公開され、熱狂的な支持を受けたSF映画の金字塔

『ブレードランナー』

その続編が、35年の時を超えて、ついに公開されたというものです!

オリジナルの映画が「伝説のカルトムービー」として

世界中の映画ファンから今なお熱い支持を受けているだけあって、

公開前から賛否両論を巻き起こしているこの続編、

気合を入れまくって見に行って参りました!

続編の舞台は、前作の30年後の2049年。

っていうか、前作って2019年だったんだ!

今2017年だから、もうすぐじゃん!!

ってまだ人類は、レプリカントを開発できていないけど、それはそれでよかったか・・・

んで、2019年の前作で、レプリカントのレイチェルと逃げていった

「ブレードランナー」のデッカードはその後どうなったのか?

っていうところが、この続編のベースとなっているわけです。

ハリソン・フォードも35年ぶりにデッカード役に復帰して、いったいどういう結末が待っているのか?!

そこらへんに期待と不安を抱えて見に行ったんですけどね!

いったい本編はどーだったんでしょう?

美しくて寂しい『ブレードランナー2049』の世界・・・

今回の続編

『ブレードランナー2049』

では、オリジナルの監督だったリドリー・スコットは制作に回り、

『メッセージ』を撮った新進気鋭の

ドゥニ・ヴィルヌーブ監督がメガホンを取りました。

作風がかなり違う2人なだけに、今作ではどんな世界になるのかな?

と思っていたんですが、

やはり全く違う「ブレードランナー」の世界が展開されていましたよ!

基本的設定はそのままなんです、一応。

核戦争後の荒廃した世界。

酸性雨が降り、街は多国籍、無国籍で混沌としている。

・・・なんだけども・・・

ドゥニ・ヴィルヌーブが作り出した世界は、

どんなにホコリだらけだろうとも、どんなに雑多な人々がガヤついていようとも、

なぜかとってもシーンとした静けさを感じるような、

絵画のような美しさのある世界でした。

そして、画面の中に人数はいるのに、どこかとっても寂しい・・・

美しくも、なぜか悲しいほどに寂しい世界・・・

これは1作目の『ブレードランナー』では、

もっとザワザワしてて猥雑で、うどん屋の屋台もにぎわってエネルギーにあふれていたことを思うと、

まったく似て非なる世界なんですよ!

だから映画って、基本設定を同じようにしても、撮る人によってこんなにも違うものなんだなあ、

と改めて感じましたよ!

特にドゥニ・ヴィルヌーブ監督みたいに作家性の強い人だと、

作品を自分の色に染め上げる力が強力なんだな、と言うか。

だから一作目と違う!と賛否は分かれるかもしれないけど、

このドゥニ・ヴィルヌーブ版の「ブレードランナー」の世界も、目をみはるものがありましたよ!

この、ぞっとするような美しくも寂しい世界は、一度劇場で体験してみる価値ありですよ!

*続編に対する賛否両論については、次の過去記事もご覧ください!

映画『ブレードランナー2049』賛否両論巻き起こしついに公開!

『ブレードランナー2049』IMAX で見る価値は?

さて、この35年ぶりに名作が続編でよみがえった

『ブレードランナー2049』

せっかくだから!

こういうスクリーンでの公開時しか見れないので!

IMAX 3D で見てきましたよ!

やっぱり、通常のスクリーンで見るよりも、26%も大きくなっているっていうのは、うれしい限りじゃないですか!

で、現在のところIMAXで上映している劇場では3D上映になっているので、

必然的に3D で鑑賞することになりました!

まあ、料金が高いのはなんなんですけども!

IMAX料金に3D料金がプラスだと、通常料金よりも800円値段が上がります。

3Dメガネ代も合わせると、さらに100円プラス。

あ〜、映画見るのは好きだけど、高いよなー、ブーブー

と言いながら、IMAX3Dで鑑賞してきたわけですけれども、

えーっと、正直に感想を言えば、

やっぱりIMAXの大画面はいいです!

2049年の未来都市を、俯瞰で撮ってる画面とか、目の前でバーンと展開されると

うわーってなりますよ、正直。

やっぱり大画面の効能って、あります、ホントに。

これは家庭でどれだけホームシアターで頑張っても無理なので、

劇場公開時でしか楽しめないスケール感ですよね!

ただ正直、3Dで見る意味はなかったかな〜

ドゥニ・ヴィルヌーブ監督が作る画面って、一枚の絵画のようにそれだけで美しいので、

わざわざ3Dで遠近つけなくてもいいんですよね。

かえって3Dの遠近が余計なくらい。

ドゥニ・ヴィルヌーブ監督の『メッセージ』も2Dだったけど、

空に浮かぶ宇宙船の立体感とか、十分に伝わってきましたもん!

*映画『メッセージ』については、次の過去記事をご覧ください!

映画『メッセージ』見る価値のある5つのポイント!!

少し前に公開されたクリストファー・ノーラン監督の

『ダンケルク』

みたいに、IMAXのために作られて、IMAX専用カメラで撮りました、っていう作品とは違うので、

IMAXなりの大迫力を求めると、それとちょっと違ったかな。

と言うより、『ダンケルク』のIMAX映像が凄すぎたから、

それを他の作品と比べちゃうと、ちょっと酷な気もするんですけどね!

あれはあくまでも特例!

まあもちろん、すべての映画があの迫力で見られるようになったら、すごいんですけれど!

ん〜、だから結論で言うと、

『ブレードランナー2049』は、2Dで見ても十分楽しめますよ!

IMAX 2D版の上映があれば一番良かったんですけどね!

IMAXじゃない通常スクリーンサイズでも、多分大丈夫。

ただやっぱり、あの悲しいほど美しい映像を体験するのなら、劇場の大画面で見るのがなんといってもオススメです!!

*『ダンケルク』のIMAX映像の凄さについては、次の過去記事をご参照ください!

映画「ダンケルク」IMAXで戦場を体感した5つのポイント!!

3時間近くの超大作だ!!

それで、『ブレードランナー2049』を見に行く前に、

「おおっ!」と一番引いた、いや、気合が入ったのは、

「上映時間163分」 の文字・・・

なんと3時間近くの超大作!! ってこと!!

休憩もはさまずに3時間って、ここんとこ経験したことのないくらいの長さだわ〜。

トイレ大丈夫?

飲食したらダメじゃない?

おしりが痛くなりそうだ・・・

っつー、いろんな不安が頭をよぎったんですよね〜

そりゃ、よぎるわな、

3時間・・・・

んで、実際に観に行く前には、水分の取りすぎに気をつけて、

ポップコーンとドリンクは買わずにそのまま鑑賞スタート!

どーですか、涙ぐましい努力でしょ!

映画のためにそこまでするか?

と自分に一人ツッコミながら、見にいてきたわけですけどね。

んー、いや、結論から言うと、

3時間は長すぎたよ!

あー、オシリいた・・・痛ったあ〜!

そこまで長くする意味はあったのかな?と改めて考えると、

いろいろカットできるシークエンス、あったよねー。

全体のストーリーに影響しない程度の下りはカットして良かったんじゃないの?

あともう少し、各シーンをテンポ上げて、早めに切り上げてたら、あんなに長くならないで済んだよね?!

と痛くなったオシリの恨みは深いのだが・・・

でもとにかく、全編に前作へのリスペクトがあふれてて、

何かといちいちリスペクトを払っていたので、ついつい長くなっちゃったんだろう、と、思われるわけですね!

まあ、監督はじめ、スタッフみんな、

前作の「ブレードランナー」が大好きで、

その続編を撮れる!

という喜びにあふれちゃってたからかな〜。

まあそれは嬉しいことだし、ファンとしても見てて喜んじゃったシーンもたくさんあったんだけど、

でもそれでも長かったよ!!

*結局みんな『ブレードランナー』が好きなんだ!それに尽きる!

映画『ブレードランナー』はなぜ伝説になったの?!

この続編『ブレードランナー2049』で完結したのか?

それで、長時間の鑑賞を耐えて、いったい何が見たかったのかというと・・・

映画を見に来た全員がそうだったと思うけど、

デッカードのその後!

レプリカントのレイチェルと逃げてその後どーなったの?

それプラス・・・

映画ファンの間で長らく語り継がれてきた

「デッカードの本当はレプリカントだったのか?」問題。

今あえて続編を作るのならば、絶対そこらへんが解決して完結編になってるんだよね?

ってところ!

で、じゃー、映画を見てきてどうだったの?

ってところはネタバレになっちゃうので、

まだ見てない方は以下は絶対に読まないでね!

**ネタバレ注意!!**

**ネタバレ注意!!**

**ネタバレ注意!!**

**ネタバレ注意!!**

**ネタバレ注意!!**

今回の続編の主人公は、

ブレードランナーの「K」(ライアン・ゴズリング)

追いかけていた旧型レプリカント「ネクサス8型」を処分するため、潜伏先に向かいます。

この旧型レプリカントを演じていたのが、

プロレスラー兼俳優のバティスタ!

*実はギリシャ系です、バティスタ!

映画『ブレードランナー2049』バティスタが出演!実はギリシャ系だよ!

その潜伏先である農場で、「K」はこの世に存在するはずのないものを見つけてしまいます。

それは・・・

出産した形跡のある女性レプリカントの白骨遺体!

その白骨遺体の主は・・・

そう、もちろん! 前作でデッカードと一緒に逃げていった

レプリカントのレイチェル!

えっ、アンドロイドが一体どーやって子供を産むことができるのよ?

そしてもちろん子供の父親は・・・デッカード?

そしてレイチェルの産んだ子供はどこに行ったの?

でもこの出来事が、前日譚の短編にも描かれていた大停電の前だったので、詳細はよくわからなくなってる!

*前日譚短編「ブレードランナー ブラックアウト 2022」

そこで「K」は独自の捜査でこの謎を追いかけるのですが・・・

この謎をめぐって、タイレル社を引き継いだウォレス(ジャレッド・レトー)と、

その秘書のラヴ(シルビア・ホークス)など、

様々な登場人物が絡み合って、行方不明となっているデッカードとその子供を追うことになり・・・

というスリリングな展開で・・・

最後まで見ても・・・

え?

結局・・・

ねえ?

一体どーやってレプリカントのレイチェルが子供を産むことができたの?

デッカードのレプリカント問題は?

そしてデッカードもレプリカントなら、レプリカント同士でも子供ができるの?

生まれた子供はどうやって生き延びたの?

えっと、双子って話は・・・?

デッカードもどうやって30年も見つからずに済んだの?

・・・などなど・・・・

えー!!ちょっと!!

続編見終わって、明らかに1作目より謎が増えてるじゃん!

・・・ってことは、さらに続編想定してんの?

三部作構想?!

ってまた、3時間近くつき合わされんのかー??

もー頼むよー

この続編で完結するんじゃなかったのー?

って、見終わって結局は、制作側に翻弄されちゃったカンジ!!

まあ正直、ドゥニ・ヴィルヌーブ監督の作品なら、

『メッセージ』の方がきちんとまとまってて名作だったかな〜。

でもこの『ブレードランナー2049』だと、

謎がどんどん増えていって、しかもほとんど解決しないで放置状態!!

しかも、というか、3時間はやっぱり長すぎたよ!

それだけ時間かけて、解決しないって、ちょっとサギー!!

『ブレードランナー2049』一度は見て欲しい!

というわけで、最後はなんだかグチッぽくなっちゃいましたけど、

まあ1作目の『ブレードランナー』から35年ぶりに続編、ってことで、

いろいろ期待値も上がりきってたところだから、

そこらへんはまあ仕方ないかなーということで。

でもその期待値に対しては、十分すぎるくらい、このドゥニ・ヴィルヌーブ監督の

『ブレードランナー2049』は、映像美とか音楽とかストーリー展開とか、

総合的にみてはすごいクオリティを持っていたと思います。

それでもやっぱり、いろんな謎がほったらかしになったままなのは・・・

この続編も、そこらへんを酒のサカナに、映画ファンたちが夜な夜な

「あーでもない、こーでもない」と、いつまでも言い合っていそうな映画だな!

ま、そこらへんが楽しくて前作の『ブレードランナー』はカルトムービー化した部分もあるわけだから、

ひょっとしたらそれも制作サイドの狙いだったかもね!

というわけで、ぜひ多くの方たちにこの続編『ブレードランナー2049』を見ていただいて、

このあとまた30年は続きそうなウンチク合戦に参加して欲しいですね!

そんな意味では、オススメ度は150%くらいの映画ですよ〜!

*この記事に興味を持った方は、こちらの記事もどうぞ!

映画『ブレードランナー2049』IMAXで見るべきかな?

映画『ブレードランナー2049』バティスタが出演!実はギリシャ系だよ!

映画『ブレードランナー』はなぜ伝説になったの?!

ヴァンゲリスはギリシャ人音楽家として世界的に成功!



-ギリシャの文化人, ギリシャの有名人, ギリシャの音楽, ギリシャ関連映画, 映画
-, , , ,