日本にいても大好きなギリシャを楽しむために、ギリシャ旅行、ギリシャ神話、ギリシャ語、ギリシャの歴史、ギリシャの人々について紹介していきます

日本でもギリシャ




オリンピック

吉田選手を破ったのはギリシャ系のマルーリス!

更新日:

リオ・オリンピックで、一番日本に衝撃を与えた事件が、

レスリングの不敗の女王・吉田沙保里選手の銀メダル!

敗れたとはいえ、ここまで日本女子レスリングを率いてきた功績は大きいものがあります。

実は、この吉田選手を破ったのが

マルーリス選手

吉田選手に憧れて、対戦を夢見ていた一人ということですが、

なんと、ギリシャ系のアメリカ人だったんです!

そんなマルーリス選手について、本日はご紹介!

マルーリス選手はギリシャ系アメリカ人

日本の、いや、世界のレスリング界のレジェンド・吉田沙保里選手!

この彼女に戦いを挑んで、金メダルをもぎ取って行ったのが、

ヘレン・マルーリス選手

ご覧の通りの美女レスラー!

Greek reporter の報道によると、

実は彼女は、両親がギリシャ移民という、ギリシャ系アメリカ人!

言われてみると、名前も「ヘレン」って、

ギリシャ神話の絶世の美女ヘレネから名前をとってますもんね。

本人によると

Greek by birth. Wrestler by heart.

生まれはギリシャ人、心はレスラー

なんだそう。

まさかまさか、ギリシャ系選手が日本のレジェンドを破っていたとは・・・

ギリシャと日本の不思議なご縁を感じますね!

そして、オリンピックとレスリング発祥の地・ギリシャの血を引くマルーリス選手が

伝説のレスラー吉田選手を破ったのも、神様の力なのかもしれません。

吉田選手に憧れて・・・

そんなギリシャ系アメリカ人のマルーリス選手ですが、

現在25歳の彼女がレスリングを始めたのは7歳の時。

そして、

レスリング界の「英雄」吉田選手に憧れて、

対戦を夢見てトレーニングを積んできたそう。

対戦の後、敗れた吉田選手だけではなく、

勝ったマルーリス選手も泣き崩れていたのは、

そうやって目標としてきた選手に勝ったという万感の思いがこみ上げてきたからなのですね。

吉田に勝利のマルーリス「サオリは私のヒーローだった」/レスリング

リオデジャネイロ五輪第14日(18日=日本時間19日、カリオカアリーナ)レスリング女子53キロ級の決勝で吉田沙保里(33)に勝利し、レスリング女子で米国に初の金メダルをもたらしたヘレン・マルーリス(24)は、表彰台で「これをずっと夢に見てきた」と顔を覆って感涙にむせんだ。

「サオリと試合をすることを長年夢に見てきた。彼女と戦う準備をずっと続けてきた。彼女は私のヒーロー。彼女は最もたたえられているレスラーで、彼女と試合をできたのは本当に名誉なことだった」とマルーリスは泣き笑いの表情を見せた。

 

そんなふうに、吉田選手を敬愛してやまないマルーリス選手。

なんと、吉田選手と対戦したくて、わざわざ体重を落として階級を下げて、今回の対戦にこぎつけたそうです。

吉田選手と対戦するために、今回のオリンピックに出てきたと言っても、過言ではない。

憧れの人・吉田沙保里の背中を追って、ついにつかんだ金メダル マルーリスの夢とは/リオ五輪

米紙USAトゥデーはマルーリスがフリースタイル53キロ級のメダル授賞式を終えた後の記者会見の彼女の言葉を伝えている。

「吉田さんのことを研究すればするほど、彼女のことが好きになった。彼女と戦うことは夢だった。沙保里は敵ではない。神様は本当にそれを私に教えてくれました」

・・・・・・

「オリンピックで吉田と戦うためには2キロ減量しなければいけない」

USAトゥデーやデトロイト・フリー・プレスなど複数のメディアは、マルーリスがいかに吉田に憧れ、背中を追い、対策を練っていたかを紹介している。2キロ減量は吉田と戦うための必須条件だった。

それから好きなチョコレートを断ち、クリスマスイブのボーイフレンドや家族とのディナーも断り、サラダのドレッシングさえやめた。外食は一切なし。鶏肉や少量のサラダ、ほうれん草を量っては食べた。時折、ずるをしてピーナッツバターをつまみ食いするのが楽しみだった。すべては吉田と戦うためだった。

(http://www.iza.ne.jp/kiji/sports/news/160820/spo16082007200025-n1.html より引用)

す、すごい執念・・・

私にはとてもこんなことはできない!

全ては吉田選手と戦うためか・・・

吉田選手は、それほどの価値がある、レスリング界の偉大なレジェンドだということですね。

吉田選手に憧れ、試合内容を研究し、階級も落とし・・・

これはもはや愛情にも近いんじゃないでしょうか?

マルーリス選手はきっと、吉田選手を誰よりも愛していて、その愛情表現があの試合だった、

と考えると、ぐっとくるものがありますね!

まさに、弟子が師匠を超えることが一番の恩返し、ということなのではないでしょうか。

吉田選手、泣かないで!

これまで世界選手権13連覇、オリンピック3連覇、

という、前人未到の記録を刻んできた

レスリング界の「英雄」吉田沙保里選手

その吉田選手がオリンピックで敗れる日を見ようとは、夢にも思っていませんでした。

でも、今回の敗戦で、逆に吉田選手の偉大さがよくわかった、という人、多いと思います。

これだけ勝ち続けている選手は他にいないし、

これだけ世界各国の選手から、目標とされている選手もいないのでは?

吉田選手を破ったマルーリス選手の

「吉田選手と対戦したい!」という執念とも言える熱意は、

吉田選手がそれだけ世界のレスリング界で、「生ける伝説」となっていることの証明です。

ご本人の気さくな人柄から、日本ではそれほどの大人物だとあまり気づいていない人も多いかもしれないけど、

実際は、世界中のレスラー、レスリングファン、スポーツファンが

最大級の賛辞を送る、すごい選手なんですよね・・・

だから、泣かないで、吉田選手! あなたは偉大だ!

ギリシャ系マルーリス選手、吉田選手を追い続けて

というわけで、

日本のレスリングの伝説・吉田沙保里選手を破った、

ヘレン・マルーリス選手は実はギリシャ系だった!

というお話でした。

吉田選手はこうやって、世界各国のレスラーから愛され、憧れられ、

そして尊敬されてやまない選手なのでした。

胸を張って日本に帰ってきて、吉田選手!あなたの栄光は永遠です!

*この記事に興味を持った方は、こちらもどうぞ!

レスリングは古代からの由緒正しい競技!









-オリンピック
-, ,

Copyright© 日本でもギリシャ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.