日本にいても大好きなギリシャを楽しむために、ギリシャ旅行、ギリシャ神話、ギリシャ語、ギリシャの歴史、ギリシャの人々について紹介していきます

日本でもギリシャ

ギリシャの映画 ギリシャの登場する作品

映画「エクス・マキナ」のタイトルはギリシャ由来!

更新日:




Comfreak / Pixabay

本日は映画のご紹介!!

来月6月11日、日本公開の映画、

エクス・マキナ

今年のアカデミー賞でも、

視覚効果賞受賞

脚本賞ノミネート

の話題作!!

このタイトルは、ちょっと聞き慣れないと思いますが、

ギリシャに関連する言葉が由来なのですよ〜

というお話を、本日はご紹介!

ギリシャ悲劇の手法から

さて、この映画のタイトル

エクス・マキナ

これ聞いて、すぐにピンとくるのは、

「デウス・エクス・マーキナー」

(Deus ex machina)

これはラテン語で、通常「機械仕掛けの神」と訳される、

ギリシャ悲劇で多用された手法を指す言葉です。

どういう手法かというと、

悲劇の終盤でもうどうにもならない、というところまで話が進んだところに、

突如上方より神様が現れ、すべてに解決をもたらすというもの。

ギリシャの3大悲劇作家の一人

エウリーピデース

が好んで多用したことで知られています。

古代ギリシャでは、本当に、俳優さんを機械で吊るして、

舞台上方から登場させたらしいですよ!

スーパー歌舞伎かよ?!

一度、その様子をこの目で見てみたかったな〜今では無理ですが。

と、こういうふうに、突然、神様が出てきて、よしなに計らってしまう、

という手法が、

「デウス・エクス・マーキナー」

それまでの話の筋を断ち切るように、神様が解決をもたらすので、

古代から結構批判もあったんですよ。

神様、最後に出てくるくらいなら、最初から出てこい!

ってことですよね〜

だから現代の私たちが目の当たりにすると、ちょっと違和感があるのですが、

それも古代ギリシャの演劇では、おなじみの手法だったのです。

「機械仕掛けの」人工知能AIのお話

と、話は映画に戻しますと・・・

この映画のタイトル「エクス・マキナ」

この場合は、「デウス」(神)を取ってあるので、

「機械仕掛けの」だけになっているのですが。

要するにこの映画のテーマは、

人工知能(AI)のロボットですので、

まさに「機械仕掛け」なんですね。

この映画では、

美しき女性型ロボット・エヴァ

が登場し、

人間と同じ感情を持てるのか?がメインになるようですよ。

予告編を見ても、面白そうです!

果たして、このエヴァはこの後どうなるのでしょう?

まさかまさか、最後に神様が現れて解決してくれるお話じゃないよね?

な〜んて、想像すると、楽しみです!

キャストも実力派ぞろいの注目作!

この作品、アカデミー賞の時期に話題になっていたのに日本公開してなかったので、

なんで合わせて公開しなかったんだろう?って不思議だったのですが、

満を持して来月にやっと劇場公開です。

とにかく、AIロボットの視覚効果がすごくて注目されている作品ですが、

キャストも実力派ぞろいで、

主人公のロボット・エヴァを演じているのは

今年のアカデミー賞で助演女優賞を受賞した、

アリシア・ヴィキ­ャンデル

「リリーのすべて」

の演技が高く評価された、注目の女優さんです

そんなエヴァに心を動かされる青年ケイレブには、

ドーナル・グリーソン

イギリスの新進俳優で、

「アバウト・タイム 愛おしい時間について」で主演をつとめています!

そして、

「スター・ウォーズ フォースの覚醒」で、

パイロットのポー・ダメロンを演じて世界的スターとなった

オスカー・アイザック

映画「ギリシャに消えた嘘」でも、翻弄される主人公の熱演が光っていました!

*この映画について詳しくは、こちらの過去記事も合わせてどうぞ!

映画「ギリシャに消えた嘘」はギリシャが舞台のサスペンス!

実は、ドーナル・グリーソンも「スター・ウォーズ」のキャストに抜擢されていて、メイキングでは、二人仲良く登場しています。

というように、これから映画界を背負って立つ逸材が勢ぞろい!

これは、俳優たちの演技合戦も見逃せませんね!

来月11日から公開!

そんな注目作

「エクス・マキナ」

は、来月6月11日から、劇場公開です!

またまたギリシャ関連のタイトルを持つこの映画、

日本でもブームを巻き起こせるか?

今から公開が楽しみですね!

(現在は2016年5月現在のものです。現在は映画の公開は終わっています。)

「エクス・マキナ」DVD&Blue-ray、動画配信発売中!

この映画、現在は

DVD&Blue-ray発売中!

そして、ネット環境があればすぐ見られる各種動画配信サービスで、配信スタートしています!

*この記事が気に入った方は、こちらもどうぞ!

『女王陛下のお気に入り』救いのない宮廷の愛憎劇・・・

映画『マンマ・ミーア!』続編見るべき5つの理由!



-ギリシャの映画, ギリシャの登場する作品
-,

Copyright© 日本でもギリシャ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.