日本にいても大好きなギリシャを楽しむために、ギリシャ旅行、ギリシャ神話、ギリシャ語、ギリシャの歴史、ギリシャの人々について紹介していきます

日本でもギリシャ

ギリシャの料理

ギリシャで3月25日はタラの日!

投稿日:

これ、私も初めて知ったのですが、

3月25日に、ギリシャではタラのフライを食べる習慣があるそうです。

この時期は、ギリシャ正教の復活祭(パスハ)前で、

肉は控えて、魚をメインにするという、断食の期間です。

でも、パスハ直前になると、お魚も控えなくてはいけないので、

この時期に美味しいお魚を食べておこう!ということかな?

タラのフライにニンニクのディップを添えて・・・

こちらの記事

Why Do Greeks Eat Hake on March 25th?

なぜギリシャ人は3月25日にタラを食べるのか?

によれば、

3月25日は、ギリシャ人は各家庭で、

タラのフライにニンニクのディップをつけて食べるそうです。

tiganitos-mpakaliaros

う〜ん、おいしそう!!

絶対、日本人が好きな味ですよね!

記事によると、この魚は正確には

英語で Hake と呼ばれる、タラ目のメルルーサというお魚。

Merluccius_bilinearis

味は日本でおなじみのタラに近いのだそうです。

このフライの見た目、なんとなく

マックの「フィレオフィッシュ」みたいじゃない?

と思ったら、本当にかつてはこのメルルーサが原材料だったんですって。

今は「スケソウダラ」を使っているようですよ(マックのウェブサイト参照)。

フィレオフィッシュ

なぜ3月25日に食べる?

なぜ3月25日にタラ(メルルーサ)を食べるのか、

については、

まずはこの日が祭日であること、

正教会では聖母マリアの受胎告知の日(生神女福音祭)でもあること、

そして、1821年のギリシャ独立戦争の蜂起した日でもあること、

が関係していると言われています。

タラ目のメルルーサは、ギリシャ固有の魚ではないんですが(北大西洋原産)

保存がきくし、お値段もお安いとのことで、

15世紀からギリシャでも広まったらしいですよ。

そんなわけで、3月25日にはこの魚を食べる、

というのが、ギリシャの新しい伝統になった、ということです。

なるほどね〜面白いですね!

私も真似してタラを食べてみようかな?

というか、フィレオフィッシュが食べたくなった・・・

実はマックではフィレオフィッシュ好きなんですよね!

filetofish_l

メルルーサのフライもこんな味かな?

ぜひ食べてみたい!

日本でも流行るかも?!

最近、日本だと、節分には恵方巻きとか、

季節限定の食べ物が流行ってますよね〜

このギリシャ伝統の「タラのフライ」も、3月25日に合わせて売り出したら、

結構売れるんじゃないかな?

お魚のフライは日本人も大好きですからね!

どこかのコンビニが商品化しないかな〜

ぜひ、企画検討お願いします!

*この記事が気に入った方は、こちらもどうぞ!

http://irenekitakami.sunnyday.jp/%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%81%A7%E4%B8%B2%E7%84%BC%E3%81%8D%EF%BC%9F%EF%BC%81%E3%81%9D%E3%82%8C%E3%81%AF%E3%82%B9%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%AD%E3%81%A8%E3%81%84%E3%81%86%E3%82%82%E3%81%AE/

http://irenekitakami.sunnyday.jp/%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%81%A7%E3%80%8C%E3%82%AE%E3%83%AD%E3%83%BB%E3%83%94%E3%82%BF%E3%80%8D%E3%82%92%E9%A3%9F%E3%81%B9%E3%81%9A%E3%81%AB%E5%B8%B0%E3%82%8B%E3%81%AA%E3%82%93%E3%81%A6/

にほんブログ村 旅行ブログ ギリシャ旅行へにほんブログ村 外国語ブログ ギリシャ語へ



-ギリシャの料理
-,

Copyright© 日本でもギリシャ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.