日本にいても大好きなギリシャを楽しむために、ギリシャ旅行、ギリシャ神話、ギリシャ語、ギリシャの歴史、ギリシャの人々について紹介していきます

日本でもギリシャ

ギリシャの文化人

[ギリシャ系]映画監督アレクサンダー・ペインはアカデミー賞2度受賞の名手!

投稿日:

もうすぐ、映画界最大の祭典、

第88回アカデミー賞が発表されますね!!

賞が全てじゃないよ、

って言いながらも、やっぱり毎年結果が気になってしまう・・・!

そんなアカデミー賞は、これまでもギリシャ人、あるいはギリシャ系が活躍してきた場でもあります。

本日はそんな中から、

ギリシャ系映画監督 アレクサンダー・ペイン についてご紹介します。

アレクサンダー・ペインのギリシャ系家庭

アレクサンダー・ペインは、1961年にアメリカのオマハで生まれています。

お父さんはギリシャとドイツ、そしてお母さんはギリシャ系という、どっぷりギリシャ人の家庭に育ったアレクサンダー少年。

フルネームは「コンスタンティン・アレクサンダー・ペイン」(Constantine Alexander Payne)というギリシャ人らしい立派な名前。

Alexander_payne

言われてみれば、ギリシャ人らしいお顔のアレクサンダー・ペイン

苗字の「ペイン」は、父方の祖父が「パパドプウロス」(Papadopoulos)から英語風に変えたのだそうです。

アメリカに移民したギリシャ人は、こういう風に英語でも発音しやすい名前に変えることが多いようですね。

ジェニファー・アニストンといい、エリア・カザンといい・・・

さて、そうして英語風の「ペイン」という苗字を持ったアレクサンダー少年、

成績がとても良かったようで、

大学はスタンフォード大学に進学。

そしてその後、UCLAフィルムスクールで修士号を取りました。

まさにエリートですね!

アカデミー賞複数回受賞の実力者!!

そんな優秀なギリシャ系、アレクサンダー・ペインは、

UCLAを卒業後、本格的に映画業界に進出。

高い評価を受ける数々の作品を世に送り出しています。

日本でも有名なのは、

「サイドウェイ」(2004年 監督・脚本)

この作品で、アレクサンダー・ペインはアカデミー賞で脚色賞を見事受賞しています。

さらに、

日本でも人気のジョージ・クルーニーの主演した、

「ファミリー・ツリー」 (2011年 監督・脚本・製作)

アカデミー賞複数回受賞の快挙を成し遂げています。

それだけではありません!

「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」 (2013年 監督)

では、カンヌ映画祭で、なんとパルム・ドールにノミネート!!

という、輝かしい経歴を持つ、アレクサンダー・ペイン!

今の映画界で重要な地位を占める映画作家と言って過言ではないでしょう!!

多くの逸材を生み出してきたギリシャの血・・・

というように、

ギリシャ系映画監督アレクサンダー・ペインは、

現在の映画界で多くの人が認める素晴らしい才能を持った作家なのです。

ギリシャって、人口1000万ちょっとの本当に小さな国で、

昔も今も、経済はいい時もありませんけど、

こうした世界が認めるすごい才能が、定期的に生まれてくるのは、

やっぱり文化の力なのかな〜と考えさせられますね。

映画監督で言えば、

テオ・アンゲロプロス、

マイケル・カコヤニス、

エリア・カザン、

ジョン・カサベデス

など、そうそうたる人たちを輩出し、

今その中に、このアレクサンダー・ペインが加わっています。

アレクサンダー・ペインはまだ55歳と若いですから、

これからさらに名作を撮って、偉大な先輩たちの後に続いて欲しいですね!!

にほんブログ村 旅行ブログ ギリシャ旅行へにほんブログ村 外国語ブログ ギリシャ語へ



-ギリシャの文化人
-,

Copyright© 日本でもギリシャ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.