日本でもギリシャ

日本にいても大好きなギリシャを楽しむために、ギリシャ旅行、ギリシャ神話、ギリシャ語、ギリシャの歴史、ギリシャの人々について紹介していきます

日本語の中のギリシャ語

「ジャイアンツ」もギリシャ語なんです、巨人ファンの皆さん!

日本人にとって国民的スポーツとも言える野球!!

今は各球団キャンプ中で、連日選手の様子が報道されていますね!

そんなふうに、日本人が愛してやまない野球、

数ある球団の中でも、とりわけ固定ファンが多いのは、

なんとっても「読売ジャイアンツ」じゃないでしょうか。

ところで、この「ジャイアンツ」って、実はギリシャ語だ、ってみなさんご存知でしたか〜?

「巨人」を指すギリシャ語が語源

この「読売ジャイアンツ」「ジャイアンツ」は、

もちろん、野球の本場アメリカに実在する球団「ジャイアンツ」にちなんで名付けられたものです。

この英語の Giants は、「巨人」を指すので、日本では翻訳して「巨人軍」とも言います。

この Giants の語源が、

ギリシャ語の 「ギガス」(Γίγας)、複数形だと「ギガンテス」(Γίγαντες)

というわけです。

言われてみれば、もとのギリシャ語をほとんど変わらない形で使ってますでしょ?

古代ギリシャでは、神話上の巨人の一族をこのように呼んでいたのです。

巨人軍年表

日本に「ジャイアンツ」が誕生した経緯は公式サイト

「ギガンテス」はアプロディテとともに生まれ・・・

このギリシャ神話の巨人たち「ギガンテス」の生まれについてですが、

それは、クロノスが父ウラノス(天)を倒した時にさかのぼります。

「ウラノスの時代の終わり:ギリシャ神話」参照)

この時、クロノスがウラノスの大事なところを鎌で切り取ると、大地に血が流されました。

その血から、

復讐の女神エリニュスと、

ギガンテス(巨人たち)

そしてメリアと呼ばれるニュンペ(女精)たち

が誕生したのでした。

そして、その後、クロノスがウラノスの大事なところを海へ投げ捨てると、

美と愛の女神アプロディテが誕生したのでしたね〜

ですから、ギガンテス(巨人たち)は、アプロディテと生まれを同じくする兄弟、というわけでもあるのです。

800px-Sandro_Botticelli_-_La_nascita_di_Venere_-_Google_Art_Project_-_edited

ボッティチェリ「ビーナスの誕生」

日本では「ジャイアント」でもおなじみ

そんな「ギガンテス」由来の「ジャイアンツ」ですが、

英語の giant 形容詞として使われている

「ジャイアント」(「巨大な」という意味)も日本ではおなじみです。

そう、それは、お父さん世代が懐かしい

「ジャイアント馬場」!!

そして、上野動物園の人気者!!

「ジャイアント・パンダ」

そして、人気マンガ

「ジャイアント・キリング」

まで!!(しかし38巻ってすごいな!)

というふうに、日本にはギリシャ語の「ギガス」「ギガンテス」由来の言葉が、実ははびこっていたというわけです。

驚きですね!!

実はギリシャ語とは、ジャイアントな驚きだ!

これくらい、日本語でもおなじみになった言葉、

「ジャイアンツ」「ジャイアント」が、

実はギリシャ語から来ている、

ということは、残念ながらあまり知られていません・・・

ですので、

今度から、懐かしの

ジャイアント・カプリコ

をカジる時などに思い出してもらえると嬉しいです(おいしいよね!)。

本当に、ギリシャ語に使用料があればよかったのにね〜

そうすれば、ギリシャに経済危機なんてなかったのに!

にほんブログ村 旅行ブログ ギリシャ旅行へにほんブログ村 外国語ブログ ギリシャ語へ



-日本語の中のギリシャ語
-,