日本にいても大好きなギリシャを楽しむために、ギリシャ旅行、ギリシャ神話、ギリシャ語、ギリシャの歴史、ギリシャの人々について紹介していきます

日本でもギリシャ

ギリシャ料理 ギリシャ観光

ギリシャのごまパン、クルーリ

更新日:

どうも!イレーネです。

本日は、ギリシャの食べ物の話です。

ギリシャを旅行すると、

パン・・・つーか

しめ縄みたいな物体

を山盛りに積んで売り歩いている屋台をよく見かけます

それは、

クルーリ

という、ギリシャ人が愛してやまない食べ物なんですよ!

ドアの飾りじゃない、パンですのよ!

そう、日本人には見慣れない茶色いリング型の物体

これがギリシャの街角では、山積みで売られている・・・

一体、これは何?

そう、

これがギリシャ国民のこよなく愛する

クルーリ です↓

これはクリスマスに玄関先で飾るわけでも、

ナチュラル素材のバスケットでもありません

これは、

クルーリというごまパンです

エッ? パンなの?

そう、リング状のパンなのです。

小麦粉を練って焼いたパンです。

これが道端で山積みになって売られていますが、

見てるとよく売れているようです。

年配の方ばかりではなく、割と若い年齢層の方達も、当然のように買っていき、かじりながら歩いていたりします。

お値段も安いので(1ユーロくらい)、朝ごはんはこれを買ってすまして、そのまま仕事に行く、という人も多いようです。

これを買って片手に持ちながら歩けば、あなたもすっかり、ギリシャっ子?

「クルーリ」の味はどうなの?

さて、そんなギリシャ国民熱愛の

クルーリ

私も買って食べてみましたが・・・

う〜〜ん、まあ、おいしいと言えばおいしいけど・・・

割とあっさり素朴な味です

ごまの風味が好きな人にはたまらないと思います。

日本人にとっては割とボリュームがあるので、これとコーヒーがあれば朝ごはんとしては十分ですね。

まあでも、せっかくギリシャで美味しいものがたくさんあるから、あえてこれを食べるということは、まあ私はあまりしませんでした。

すごく素朴なので、ギリシャまで来てこれ食べてる場合じゃないだろう、ってところだったのですが・・・

でも、なんというんでしょう、

この山積みにされたクルーリを売る屋台を見ると、

あ〜ギリシャ行きたいなってついつい思ってしまう、

そんな街角のシンボル的な食べ物ですね

日本で例えるなら、屋台の豆腐屋さん?

ん〜、うまい例が思いつきませんが、

おじさんがクルーリ屋台を押して道を横断して行く姿には、やはりギリシャらしいノスタルジーを感じてしまうんですね〜

不況でいなくなっていないといいな〜今もクルーリ売れてるかな〜

「クルーリ」の歴史

このギリシャ人激愛の

クルーリ

もともとは、オスマン=トルコを経由して入って来た中東の食べ物だったようです。

トルコでは

シミット

と呼ばれていて、形も味もほとんど同じものですね!

オスマン=トルコでは、16世紀くらいから食べられていたんですって!

これがギリシャにも入って来て広まったんですね。

生地を焼く前に一度茹でてあるのが特徴だそうで、

今や日本でもおなじみになった「ベーグル」も、こういったパンの一種らしいですよ。

ギリシャの街角で気軽に売られている

クルーリ

には、そんな歴史があるんですね〜!

ギリシャに行ったら食べてみてね!

というわけで、ギリシャ人が愛してやまないパン

クルーリ

をご紹介しました!

お安いし、屋台で気軽に買えるので、ギリシャに行ったらぜひ食べてみてくださいね!

クルーリをかじりながら、コーヒー片手にギリシャの街を散策したら、

気分はすっかり地元っ子だよ〜!!

*この記事が気に入った方は、こちらも合わせてどうぞ!

ギリシャ人は古代からタコが好き!

ギリシャのはちみつも名産品ですよ〜Amazonで買えちゃいます!

ギリシャの「フェタチーズ」って何?

ギリシャで串焼き?!それはスブラキというものです。

ギリシャ料理のカラマリが好きなんです



-ギリシャ料理, ギリシャ観光
-, , ,

Copyright© 日本でもギリシャ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.