日本にいても大好きなギリシャを楽しむために、ギリシャ旅行、ギリシャ神話、ギリシャ語、ギリシャの歴史、ギリシャの人々について紹介していきます

日本でもギリシャ

ギリシャの歴史

必読!『ナガサレール イエタテール』地震国日本に住むなら読んどこう!

投稿日:

Pexels / Pixabay

どうも! イレーネです!

東日本大震災から8年目の昨日(2019年)

「読まねば」と思い立って一気読みした

津波に流された家を再建するまでのマンガ

ナガサレール イエタテール

2回読み返して、「これは多くの方にオススメせねば・・・」と使命感にかられたので、

本日はこのマンガをご紹介します!!

実体験に基づく、津波で失った家の再建マンガ!!

いや、震災8年目にして、こんなマンガが出版されていることを知りました。

東日本大震災の時に津波に流された実家が、再び元の土地に再建されるまでを描いたマンガ

ナガサレール イエタテール

作者のニコ・ニコルソンさんは、宮城県山元町のご出身。

今は東京でお仕事してるそうですが、お母さん(母ル)お婆さん(婆ル)はずっとそこに住んでいました。

そう、あの3.11の日まで・・・

震災の日に突然、海辺の町・山元町は一変しちゃうんですよね・・・

その体験を、ニコさんはユーモアを交えながら、でも、実体験だけにかなりリアルに描いてくれてます。

実家を津波が襲うところとか・・・

なんとか「母ル」と「婆ル」は命は助かったものの、ご実家はほぼ全壊、突如帰る家がなくなってしまいます。

「婆ル」の認知症も進む中、

ニコさんと「母ル」は、あきらめずに実家再建に立ち上がる!!

という、親娘3世代の、たくましく、へこたれず、笑いあり、涙ありの再建物語なんです!!

2019年にやっと読めたんですけど、読んでよかった!

地震大国で、しかも水害の危険が高い日本に住んでいるならば、絶対誰もが一度は読んでおくべきマンガですよ〜!!

一瞬で水に飲まれる・・・

PublicCo / Pixabay

というわけで、全ての人に読んでほしい!!

と熱くオススメしたいこのマンガ

ナガサレール イエタテール

ごくごく普通の一家が、突如予想もしなかった大災害に巻き込まれていってしまうところがリアルなんです。

あの東日本全域を襲った大地震の後、まさかそんな大津波が来るなんて思わずに、

山元町の「母ル」と「婆ル」も、実家の様子を見に帰ってしまう。

そこで、突如黒い水が家に向かってくるのを見てしまうんですよね〜・・・

もう、このあと何が起こるか知っているので、手に汗を握ってしまう・・・

まさか、そんな・・・って思う間も無く、津波にのまれてしまう。

津波の恐ろしさを再確認!

体験したことのない自分には、

「ドン!」

と水が襲ってくる、ってなかなか考え付きもしないものなんだけど、

実際はそれくらい、あっという間に飲まれてしまうものなのか・・・

多くの方達が、自宅を見にいったり、誰かを迎えにいったり、そういうことをしている間に

「ドン!」

と巻き込まれてしまったんですよね・・・

でも、きっと、自分も「母ル」と「婆ル」の立場だったら、同じ行動をしてしまうだろうな・・・

それくらい、そんな災害が自分のところにくるなんて、普通は思わないと思うんです。

でも、地震国日本って、それがくる場所なんですよね・・・

ユーモアたっぷりだけど、よくよく考えると、怖い・・・

さて、そうして思いも寄らない災害に巻き込まれてしまった

宮城県山元町の「母ル」と「婆ル」

自宅の二階に逃げてなんとか津波を乗り越えた後、

避難所に移動していきます。

そんな時でも、ニコさんの絵はユーモアたっぷりで悲壮感なく感じられるのですが、

よくよく考えると、コワイ状況・・

避難の途中にもご遺体があったり・・・

やっぱり、災害はコワイ・・・

日常生活が一瞬で奪われちゃいます。

電気も食料もないし・・・

避難所の暮らしも、つ、ツライ・・・

日本って、一瞬でこんなことになりかねない、災害大国なんですよね・・・

Free-Photos / Pixabay

家族との再会!!

そして、東京のニコさんの方はというと、

ご家族の安否がわからない!!

しかも、なんとか無事であることはわかったものの、

ガソリンもないし、道路は寸断されているし、なかなか迎えに行けない!!

という、ヤキモキした日々になります。

そう、そうだった・・・

震災発生直後は、家族に無事を知らせたくとも連絡できない被災者の方達が、連日テレビで報道されてたっけ・・・

今の日本って、交通も便利で、ケータイもどこでも繋がるし、便利で楽チンなのが、

ある日全部奪われる!!

ってツライですよね〜・・・

今の日本なんて、ソフト●ンクが通信障害だけで大騒ぎだというのに、全ストップなんて考えらないですよ

ともかく、ニコさんがご家族に再会できるまでも、かなり時間がかかってしまいます。

そういう過程が、リアルに描かれていて、テレビの報道などでは分からない裏側を見た気がします。

やっぱり「婆ル」は帰りたい・・・

そうして、なんとか無事に、川崎のおばさんの家に避難してきた

宮城県山元町の「母ル」と「婆ル」

でも・・・80歳を超えた「婆ル」の願いがただ一つ・・・

「戻りたい」

元の家に戻りたいんですよね〜・・・

もう、読んでて涙・・・

あれだけ大変なことがあった土地でも、自分が生まれ育った場所への愛着って、すごい。

「婆ル」の世代だと、なおさら住み慣れた場所を奪われるのはツライんですよね〜・・・

しかも、「婆ル」は認知症のおかげで、災害の大変な記憶がなくなってるから、なおさら!

テレビの報道などで、お年寄りたちがみんな「帰りたい」って口にしてるのは知ってたんですけど、

そうか、何十年も根付いてた場所から移動してしまうと、植え替えた草花のように枯れてしまうなんて・・・

簡単に、もう戻れません、って、高台移転とか進めても、

被災者の方達の気持ちは置いてけぼりですよね・・・

自分もテレビの報道とかみて、また津波が来るかもしれないところに戻るのは危険だし・・・

と思ってましたけど、やっぱり実際に家を無くしてしまった方達の気持ちは、わかってなかったなあ・・・

しかも、福島の方達なんて、立ち入りも禁止されてたり・・・

ああ、本当にひどいことですよね・・・

「婆ル」のセリフで

「お母さんは生まれ育った場所に戻ります」

というのがあるんですけど、涙腺崩壊ですよ・・・

Soorelis / Pixabay

ついに家を再建へ!!

そうして、生まれ故郷から離れて元気のなくなってしまった「婆ル」をみて、

ニコさんと「母ル」は

自宅の再建を決意!!

これ、よく決意されましたよね〜、自分だったら、本当にすごく迷って決められなかったと思う・・・

でも、それも簡単には行かなくて・・・

しかも「母ル」は、ガン発病!!

これって絶対震災のストレスですよね!

人間大変なストレスを受けるとガンになるらしいです。

「母ル」も、きっと疲れ切っていたんだと思います。

今後は、こういう震災関連の疾病とかも、社会がケアできるようになっていくと一番いいですよね〜・・・

でも、そんな苦難もたくましく乗り越え、

ついに家が!!

いや、本当に、それまでは大変だから、日本国民全員読んでほしい〜

いつどこで誰がまた家を失うか分からない土地柄ですし・・・

でも、このご一家はなんとかそれを乗り越えて、

ついに着工!!

この、家の建設が始まると、だんだん「婆ル」が元気になっていくところも、ジーンときます。

そして、最後には、「婆ル」は、いつも座っていた自宅の掘りごたつに再び座ることができるんですよね・・・

また涙腺崩壊!!

日常生活が戻って、本当に良かった・・・

そしてふと思う、

「婆ル」みたいに戻ることができないまま亡くなってしまったお年寄りもたくさんいたのか・・・

それは、本当に、ツライことですね、もっと日本国民全員がしっかり考えなくちゃいけないな、と痛切に思いました。

震災8年目の追記もあったよ!

そして、今回この漫画には、

震災8年目の現状報告も追加で載せてくれています!

「婆ル」は今介護施設にいて、立て直した家にも4年くらいしか住めなかったそう。

でも・・・

人生も晩年の4年、自分の愛着のある土地に、自分の家に住めて、本当によかった・・・

と、読んで自分は思いましたよ。

「戻りたい」「帰りたい」って言いながら、亡くなってしまったお年寄りのことを思うと、

本当に、よかった・・・

「婆ル」も幸せだったハズ・・・

stephenimage777 / Pixabay

明日は我が身!日本国民必読ですよ〜!

ということで本日は、

東日本大震災から8年目の昨日(2019年)、一気に読んだ

津波に流された家を再建するまでのマンガ

ナガサレール イエタテール

をご紹介しました!

テレビの報道などだと、どうしても一方的になってしまうものですが、

このマンガは、ごくフツーのご一家が、大災害に巻き込まれた体験を描いてくれているので、

そうか、こういうことだったんだ・・・

と色々胸につまされるマンガです。

日本みたいな災害大国に住んでいる自分たちとしては、

本気で全員必読です!!

何かあったら、こういうことに自分もなるんだ!!

とこのマンガを読んで思いました。

そう、明日は我が身・・・

ぜひ一度、皆さんも読んでみてくださいね!!

その後のマンガもあるよ!

そしてその後、ニコ・ニコルソンさんの建て直した家では

ワンちゃんを飼ったそうです!

そのワンちゃんについてのマンガも出てたので、読んじゃいました!

婆ボケはじめ、犬を飼う

ヌ太郎!!

面白いよ!

こちらもぜひ読んでみてね!

私は Kindle Unlimited に入ってるので、この本追加料金なしで読めましたよ〜(2019年3月現在)

入ってない方は、初月無料なので、この本読むためにとりあえず入っちゃうのもオススメ!

その後使わなくなったら解約すれば無料のままだし。

とはいえ、便利すぎてずっと使ってる自分だけど・・・

*この記事に興味を持った方は、こちらの記事も合わせてどうぞ!

東日本大震災から8年:地震は終わってない・・・



-ギリシャの歴史
-

Copyright© 日本でもギリシャ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.