日本でもギリシャ

日本にいても大好きなギリシャを楽しむために、ギリシャ旅行、ギリシャ神話、ギリシャ語、ギリシャの歴史、ギリシャの人々について紹介していきます

ギリシャのニュース ギリシャの政治 ギリシャの歴史

イギリスのフィリップ殿下96歳で公務を引退!

ヤーサス! イレーネです。

本日は、王室のニュース。

イギリスのエリザベス女王の夫である

フィリップ殿下が、96歳で公務から引退されることとなりました。

すごいな〜96歳!!

実はフィリップ殿下は、元・ギリシャ王子でもあったのですが、

その数奇な王室の運命を背負った活動は、一旦ここでピリオドを打つことになりました。

96歳で公務からご引退

日本でも天皇陛下がご高齢のため退位を望まれ、

譲位について喧々諤々の議論の末、ようやく案がまとまりかけておりますが・・・

イギリスのエリザベス女王は、日本の天皇陛下よりもさらにご高齢!!

1926年生まれの91歳であらせられます!!

その夫であるフィリップ殿下は、さらに年上の1921年生まれの96歳!!

ひえ〜!

まだお二方ともお元気ではあるのですが、フィリップ殿下はこの度、公務からのご引退を発表されました。

エリザベス女王が1952年に即位されてから、なんと65年もの長きにわたって公務で女王を支えてこられた殿下!

本当にお疲れ様でした!

今後はゆっくりとご自分のために時間を使っていただきたいと思います。

英国エリザベス女王の夫フィリップ殿下 最後の公務に出席

英国のエリザベス女王(Queen Elizabeth II、91)の夫、フィリップ殿下(Prince Philip, Duke of Edinburgh、96)が2日、単独での最後の公務を行った。

 退役海軍将校のフィリップ殿下はこの日、降りしきる雨の中、ロンドン(London)のバッキンガム宮殿(Buckingham Palace)で行われた海兵隊のパレードに出席。宮殿の門外には、辛らつで時に政治的適切さに欠けるユーモアで知られる殿下の最後の公務を見届けようと、数百人が傘を手につめかけた。

 フィリップ殿下はエリザベス女王が1952年に即位して以来、今回の公務を含めて合計2万2219回におよぶ公務を単独で行ってきた。

(記事からのスクリーンショット)

いや〜、すごいですねえ。

96歳まで公務をこなされたことにまず驚き!!

日本でも、天皇陛下が退位のご意思を示されて以来、

実は天皇陛下のご公務の忙しさは、現役サラリーマン以上、という話が紹介されていましたよね。

ご高齢になられてからも、公務をこなすというのは本当に過酷なものだとその時思ったのですが・・・

海を渡ったイギリスでは、96歳まで公務を続けられたフィリップ殿下がいるとは、上には上がいるものです。

フィリップ殿下、お見事でした!

フィリップ殿下は元・ギリシャ王子!

そんなふうに、長きにわたってイギリスの顔・エリザベス女王を支え、

96歳まで表舞台で公務をこなされてきたフィリップ殿下ですが、

その運命はまさに歴史とともに、ドラマティックなものなのです。

フィリップ殿下は、日本ではあまり知られていませんが、

1921年に、ギリシャのコルフ島(ケルキラ島)でお生まれになったのです。

この当時、ギリシャはまだ王制で、

お祖父さんはギリシャ王ゲオルギオス1世、

そしてお父さんはギリシャ王子アンドレオスというギリシャ王家に誕生したのです。

「ギリシャ王子およびデンマーク王子」という称号でした。

ギリシャ名は、フィリッポス(Φίλιππος)で、これを英国風にすると「フィリップ」なのですよね。

フィリッポス(Φίλιππος)というのはギリシャの伝統的な名前で、有名なのはアレクサンドロス大王のお父さんが、「フィリッポス2世」でした。

そういうふうに、将来のギリシャ王室を担うものとして生まれたフィリップ殿下ですが、

誕生の翌年・1922年にはギリシャでクーデターが起きて、王制が廃止されてしまうんです。

そのため、フィリップ殿下の一家は、ギリシャから亡命せざるをえませんでした。

王家に生まれながら、その国を追われてしまったのですね・・・

フィリップ殿下には、その幼少期にこういった苦労があったのです。

その後、フィリップ殿下はフランスからイギリスへ渡り、イギリス海軍兵学校を卒業、その後、海軍に入隊。

ですので、フィリップ殿下は「退役海軍将校」でもあります。

その後、1947年には、エリザベス女王との婚約に伴い、

イギリスに帰化して、ギリシャ王子の地位も放棄し、

宗教もギリシャ正教からイギリス国教会に改宗しました。

この時点で、フィリップ殿下はギリシャ王室を完全に捨てたのですね。

エリザベス女王の即位に伴い、エディンバラ公フィリップ王配殿下となり、

日本では「エディンバラ公フィリップ殿下」として知られるようになりました。

そうして、このたび、96歳でいったん王家の表舞台からは引退されることに。

こうしてみると、フィリップ殿下の人生は波乱万丈!

96歳の重みを感じますね〜

フィリップ殿下、お疲れ様でした!

というわけで、ギリシャ王子として生を受け、

王制の廃止とともに数奇な運命を辿り、

イギリスのエリザベス女王の夫として、長きにわたり公務で活躍されたフィリップ殿下。

96歳にして公務からの引退を発表されました。

これからは、自分の体をいたわって、ゆっくり過ごしてほしいですね!

でも、でもですよ!

91歳のエリザベス女王は、まだ公務からご引退される予定はないとのこと。

すごいわ〜

ご夫婦そろって、お身体を大切に長生きされますように!

God Save the Queen!

*この記事に興味を持った方は、こちらもどうぞ!

エリザベス女王の夫フィリップ殿下はギリシャ王子だった!

[ギリシャ旅行]夏の旅行に気をつけたい3つのポイント!

ギリシャの宗教



-ギリシャのニュース, ギリシャの政治, ギリシャの歴史
-, ,