日本にいても大好きなギリシャを楽しむために、ギリシャ旅行、ギリシャ神話、ギリシャ語、ギリシャの歴史、ギリシャの人々について紹介していきます

日本でもギリシャ

ギリシャ美術

古代ギリシャ展見てきました!豪華展示品に大興奮![前編]

投稿日:

少し前の話になるのでちょっとタイムラグができてしまったのですが・・・

現在上野で開催されている

古代ギリシャ展

見てきました!

古代ギリシャ美術の逸品が一堂に会した大展覧会!!

すごい見応えがありました!

上野での展覧会の会期は9月19日まで!!

まだ見ていない人は、上野に急ごう!!

想像以上の大展覧会

現在、上野の東京国立博物館で開催されている

古代ギリシャ展

公式ホームページ

古代ギリシャ展

古代ギリシャの国宝級の美術品が来る!

ということで、期待に胸を膨らませて会場入りしましたが・・・

いや、展示数も圧倒的で、想像以上の大展覧会でしたよ〜

とにかく、ギリシャの長い歴史を一通りたどっていける構成にもなっているので、歴史の勉強にもぴったり。

各時代からこれだけの代表的な美術品を取り揃える、というのは並大抵のことではないと思います。

主催者側の気合が伝わってきますね!

学校でこれから歴史を習う青少年にも、そしてそんな知識を忘れかけた大人にも、一度足を運んでもらいたいですね!

キクラデス文明から

まず最初に、キクラデス文明からスタートしているのも心憎い。

ギリシャの古代文明というと、日本ではほとんどの人がミノア(クレタ)文明からのスタートと思っていると思いますが、実はそれに先駆けて、エーゲ海の真ん中に位置するキクラデス諸島では、独特の美術を生み出した文明が存在していたんですよね!

キクラデス

ご覧の通り、そのキクラデス文明の美術は、なんとも不可思議!

モアイか?

ハニワか?

人間を見てこういう造形に結びつく、という発想が、なんともシュール!

そしてポップ!

このキクラデス文明を担った人たちが、どういうつもりでこんな人物像を作り出していたのか・・・?

実はこのキクラデス文明は現在でも謎に包まれていて、その担い手だった人たちについても、詳しいことはわかっていないんですよね。

後のミノア文明につながる人たちだったのか? それとも全く別の人々か?

謎に包まれた古代文明なんて、歴史のロマンを感じますよね!

私はこのキクラデス文明の美術が結構好きなので、この展示が充実していたのは嬉しかったです。

でも日本ではまだまだ、実物を目にした人が少ないと思います。私もギリシャの博物館で初めてじっくり見て、この謎の先行文明について知ったのでした。

こんなふうにキクラデス文明のコレクションが日本に集結してくれてるのは滅多にないので、ぜひこのチャンスに、一度足を運んで実物を見てもらいたいです!

ミノス(ミノア)文明の逸品が続々!!

そして、個人的にはこの展覧会で一番の充実ぶりを見せていたと思っているのが、

ミノア文明期の美術品の一級品たち!

(あ、この展覧会では「ミノス文明」って表記なんですよね。「ミノア文明」、あるいは「クレタ文明」とも言います)

この時代はだいたい前3200年頃~前1100年頃とされているんですが、この時代にこれだけの美術品を作っていたのか?!

と本気で驚愕するレベルです。

まずは、展覧会の目玉の一つ

牛頭形リュトン

牛型リュトン

以前はイラクリオンの博物館にわざわざ見に行ったんですが、いや〜また見れてよかった!

牛の毛の流れをリアルに再現した繊細な彫刻技術は何度見ても素晴らしい!

残念ながら、破損が激しくて角の部分や顔の半分は復元なんだけど、奇跡的に残った顔の半分を見るだけでも、当時の美術品のレベルの高さがよくわかるんですよ!

さすがのこのリュトンの前には、ちょっとした人だかりができていました。これ目当ての人たちも多いんだろうなあ。

そして、個人的に一番見てよかったのは、

漁夫のフレスコ画

漁夫

保存状態も良くて、鮮やかな色彩に目を奪われます!

そして筆使いも繊細で、魚のヒレ、魚を束ねたローブの縄目まで入念に書き込まれています。

そして、彼のヘアスタイルも・・・なんでそんな頭?

と夢中になって、この絵の前で10分くらいはウロウロしちゃいましたよ!

このフレスコは普段はサントリーニ島のアクロティリに行かないと見ることができないんですよね。

日本で会えてよかった〜!

この壁画は本当に一見の価値あり!ぜひ実物に会ってほしいな。

そして、タコなどの海洋生物の壺絵もよかったですね〜

タコ好きの日本人としては、「おおっ!君たちも好きなのねっ!」と興奮。

見てるとタコが食べたくなりましたわ。

タコ

これ、実物はかなり大きいので、タコの吸盤とかをじっくり見ることができますよ〜

ああ、やっぱりタコって、いいよね。

ミノアの人たちも好きだったんだろうな。

ミュケナイ文明へ

そしてミュケナイ文明期へと展示が進むと、シュリーマンの発掘した

ミュケナイの黄金

がやはり目を引きます!

こんなに黄金がキラキラな王侯たちの暮らしって、どんなだったんでしょう? 秀吉もびっくり!

ミュケナイの黄金

この黄金の展示ブースのまわりでは、やっぱり女性たちの目がキラキラしていたような・・・

今も昔も、黄金が人を惹きつける力は絶大ですね!

これだけの黄金を見つけた時の、シュリーマンの興奮ぶりが想像できます。

でも、これだけ展示品を揃えていても、

かの有名な「アガメムノンのマスク」は無かった!!

800px-MaskeAgamemnon

By:DieBuche

さすがに、これはギリシャでも国宝中の国宝。貸し出してくれなかったのかな・・・などと展覧会の裏事情を考えてしまいました。

アテネの考古学博物館にこれがないんじゃ、世界各国からの観光客たちもがっかりするかもね?!

それでも、この展示会の黄金のコレクションも、なかなかのものでしたよ!

幾何学文様期からアルカイック時代へ

そして、次の展示は暗黒時代を経て、新しい時代へ・・・

幾何学文様期の壺って、ギリシャではどの美術館に行っても山のようにあるので、いささか食傷気味でしたが・・・

こうやって、きれいに展示ケースに入って、きれいにライトを当てられていると、またなかなかの逸品に見えてくる!

というか、実際にどうやってこんな文様を描いていったんでしょうね?? 手書きですよ?

私が書いたら途中で模様が揃わなくなって、ぐちゃぐちゃになっちゃうな〜

古代の職人さんはすごいですね〜

幾何学文様期

そして、アルカイック期になって登場してくる人物像は、

なんか、突然美しく、そして生々しい。

生々しいというか、なまめかしいというか、要するに、人間の肌のぬくもりが感じられるような、と言うべきか。

スタイルの特徴から言っても、エジプト美術の影響で始まったはずなのに、様式美を追求したエジプトの美術とは一線を画しているんですよね。

青年の姿を刻んだクーロス像も、少女たちのコレー像も、思わずその肌に触れてみたくなるような、柔らかさがあるんです。

クーロス

ねっ? 押したらフニャッと弾力がありそうな肌でしょ?

ギリシャ人独特の、人体の美を完全に写し取りたい、っていう欲求なのかな?

なんて思いながら、優しい顔をした古代の美少年・美少女たちの姿を想像しながら彫刻を眺めていると、時間があっという間に過ぎちゃいましたよ!

まだまだ続きます

と、展示の感想を書いていると長くなってきてしまったので、本日はこの辺で。

展示があまりに充実しているので、簡単にはご紹介しきれません!

今日ここまでは

「古代ギリシャ展」の黎明期からアルカイック期までのハイライトのご紹介と感想でした!

明日また続いて、古典期以降の展示内容についてご紹介していきますね!

*この記事が気になった方は、こちらもどうぞ!

古代ギリシャ展、上野で開催です!



-ギリシャ美術
-, ,

Copyright© 日本でもギリシャ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.