日本にいても大好きなギリシャを楽しむために、ギリシャ旅行、ギリシャ神話、ギリシャ語、ギリシャの歴史、ギリシャの人々について紹介していきます

日本でもギリシャ

ギリシャのスポーツ

キリオスは3回戦棄権、錦織は4回戦へ

投稿日:

現在アメリカで行われている

テニスの全米オープン!

ギリシャ系のニック・キリオス選手

なんと怪我のため3回戦棄権

日本期待の錦織選手は

無事に3回戦を突破して、4回戦に進出しました!

skeeze / Pixabay

キリオス選手は故障のため途中棄権!!

ああ〜、とっても残念なニュース!

お父さんはギリシャ人

お母さんはマレーシア人という、オーストラリア国籍のテニス・プレーヤー

ニック・キリオス選手

今年の全米オープンでも活躍が期待されていましたが、

3回戦の途中で、故障の痛みを訴え、残念ながら棄権となりました。

キリオス、負傷で無念の全米3回戦途中リタイア

戦が行われ、大会第14シードのニック・キリオス(Nick Kyrgios、オーストラリア)はイリヤ・マルチェンコ(Illya Marchenko、ウクライナ)に6-4、4-6、1-6とされたところで臀部(でんぶ)の痛みを訴え、途中棄権した。

第2セットを落としたあと、メディカルタイムアウトを要求したキリオスは、その後も数回トレーナーと話す姿があったが、第3セットが終了した時点でコート上で十分に動けないとして苦渋の決断を下した。

・・・・・

また問題となった臀部の状態については、「公正を期すためにいうが、1回戦と2回戦でも悩まされていた状況の中、勝ち抜くことができた。時間の問題だったのかなとも思う。専属の理学療法士に1週間助けてもらってきたし、治そうと努力もしてきた」と説明した上で、「こういったことが行らないように、もっと時間を費やすべきだったし、ジムなどで厳しくトレーニングに励まなくてはならなかった」と嘆いた。

img_e3e24769b81d1046df7e7046d400eaa9158965

ん〜、スポーツ選手に怪我はつきものですからね〜・・・

錦織選手も、ウィンブルドンでは脇腹痛に悩まされていましたし。

ハードなスケジュールでツアーに参加していく中で、どうしても故障も出てくるでしょう。

ここは仕方ないので、無理をせずしっかり治して、また次の大会で頑張って欲しいですね!

「ポケモンGo」をやるよりトレーニング?!

今回の棄権は、キリオス選手にとっても不本意だったらしく・・・

海外の報道によると、棄権の決断をした後、涙を流して悔しがっていたそうです。

Nick Kyrgios broke down in tears at the US Open

確かに、ランキングで見ると、本調子なら勝てていた相手では?

ウィンブルドンに続いて、全米でも4回戦進出だったら、テニス・プレーヤーのキャリアとしても大きいですよね。

勝てる試合を怪我でみすみす逃してしまうのは、やはり辛かったようです。

今回は、「悪童」らしくなく、棄権を悔しがったり

「こういったことが行らないように、もっと時間を費やすべきだったし、ジムなどで厳しくトレーニングに励まなくてはならなかった」

と言ったそうですから、やっとテニスに本気になってきたかな??

だったらキリオスくん、今は「ポケモンGo」じゃなくて、トレーニングをする時だぞお!

実はキリオス選手はスマホゲームの「ポケモンGo」が大好きで、「ポケモン中毒」状態だ、と海外では報道されているのです。

「ポケモンGo」やりすぎて、格下の370シードの選手に負けた、とも言われていますよ!

Top Tennis Player Admits He’s Addicted to Pokémon Go, Loses to a No. 370 Seed

GettyImages-486185196 copy

確かに、将来を嘱望される、若干21歳で世界ランク16位のキリオス選手が370位の選手に負けるなんて、ありえないですよね。

実は本人も、「テニスよりも「ポケモンGo」をやってる」と認めてるくらいのハマりぶり。

プロのテニス選手として、それでいいのかい?

と思うのは世界中のテニスファンも同じなはず。

でも今回の故障で、自分のトレーニングが足りなかったからこの結果になった、と自覚したみたいですので、今後は「ポケモンGo」を自制して、トレーニングに励んでくれるかな〜?

そのテニスの才能は誰もが認めるところですので、この悔しい経験から本腰を入れてやってくれるようになると、来年にはランキングのさらに上位で活躍すること間違いなし?!

錦織選手は4回戦へ!

日本が誇る錦織圭選手も、脇腹痛が心配されていましたが、今の所は影響なさそう。

無事に3回戦を突破して、4回戦へと勝ち進んでいます。

錦織2年ぶり16強「苦戦もどんどん調子上がった」

リオデジャネイロ五輪銅メダルで、世界7位の錦織圭(26=日清食品)が逆転で2年ぶりの16強入りを決めた。

同42位のニコラ・マユ(34=フランス)を4-6、6-1、6-2、6-2の4セットで下し、「第1セットは苦戦したが、どんどん調子が上がっていった」と最後はガッツポーズで締めくくった。

・・・・・

2回戦で、「半分見えなかった」と目薬を差した目も、まるで何もなかったように「大丈夫です」。次戦は、1回戦で、1試合としては大会最多61本のサービスエースを放った身長210センチの巨人カロビッチ(クロアチア)と対戦する。対戦成績は、錦織の1勝2敗。

20160904-00000062-nksports-000-3-view

うん、3回戦突破、おめでとう!

と、良かった良かったと喜んでばかりもいられないのは・・・

4回戦の相手は、身長210センチ?! デカっ!!!

本当に、テニス選手の大型化は凄まじいなあ。キリオス選手の193センチでも十分大きいと思っていたけど・・・

怪我から復活してきたデルポトロ選手も198センチ。

そのうち巨人ばかりの競技になるの?

小柄な錦織選手には厳しい相手ばかりだとは思うけど、そこはテニスのうまさでしのいで欲しい!

そして、今大会でこそ、マレーを破って勝ち進んで!

やっぱり今、テニスが熱い!

というわけで、

ギリシャ系のテニス・プレーヤー、ニック・キリオス選手は、

全米オープン3回戦故障で棄権。

日本期待の錦織選手は無事に勝ち進みました!

というお話でした。

でもこうやって、ギリシャ系と日本人の選手が、上位で奮闘をしている姿を見るのは本当に楽しいものですね!

これから二人のさらなる飛躍を、応援したいと思います!

*この記事に興味がある方はこちらもどうぞ!

キリオス3回戦進出!錦織も[全米オープン]

キリオス選手はリオ五輪不参加!錦織は?



-ギリシャのスポーツ
-,

Copyright© 日本でもギリシャ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.