日本にいても大好きなギリシャを楽しむために、ギリシャ旅行、ギリシャ神話、ギリシャ語、ギリシャの歴史、ギリシャの人々について紹介していきます

日本でもギリシャ




ギリシャのニュース

アリストテレスの墓が見つかったって?!大発見!!

更新日:

皆さんご存知の、

歴史に名を残す大哲学者・アリストテレス

そのご著書を読んだことがなくとも、名前だけは知ってるって方も多いと思います!

実はギリシャで、そんな大哲学者

アリストテレスのお墓が見つかった!

というニュースが流れております。

本当だったら、すごい大ニュース!

世界中から「アリストテレスのお墓参り」に来る人が集まりそう。

アリストテレス先生も、あの世で喜んでいるに違いない?!

アリストテレスの出身地スタギラで発見!

今回報道によると、

アリストテレスの出身地である

スタギラ(古代ではスタゲイラ)

で行われていた発掘の結果

アリストテレスの墓を発見した!

ということです。

アリストテレスの墓を発見か ギリシャ

ギリシャ北東部にある古代都市スタギラの遺跡で、古代ギリシャの哲学者アリストテレスのものとみられる墓が発見されたことが28日までに分かった。

墓を発見したと主張しているのはギリシャ人考古学者のコンスタンティノス・シスマニディス氏。1990年からスタギラの遺跡を発掘調査し、2400年前に作られたこの墓がアリストテレスのものだと裏付ける強力な証拠を入手したとしている。

(中略)

シスマニディス氏によれば、アリストテレスはギリシャ東部エウボイア島(現エビア島)のカルキスで死亡したことが分かっている。この数年後に遺灰が集められ、生まれ故郷のスタギラに運ばれた。アリストテレスを英雄としてたたえるため、この地に祭壇などが建設されたという。

(http://www.cnn.co.jp/fringe/35083366.html より引用)

 

ということで、

これが本当なら歴史的大発見!!

しかし気になるのは、記事の中の

「この墓がアリストテレスのものだと裏付ける強力な証拠を入手した」

という部分。

その「強力な証拠」ってなに? まだ発表してくれないの?

これは続報が待たれますなあ。

これだけの大発見なら、検証もいろいろ行われるでしょうし、世界の学者たちの間で論争が起きるかも?!

アリストテレスは北部ギリシャの出身

ここでちょっと、このお墓の発見されたスタギラと、アリストテレスの出身についてご紹介。

みなさんご存知の

古代ギリシャの大哲学者 ・アリストテレス

かのプラトン先生の弟子である、

というところまでは、高校の授業などで習ってみなさんご存知だと思います。

そして、哲学以外にも、論理学、政治学、自然学等、多岐にわたる学問を精力的に研究した、古代の知の巨人、というところまでは、よく知られていますよね。

ご著書も有名どころがズラーリ。

created by Rinker
¥1,177 (2021/08/04 04:50:14時点 Amazon調べ-詳細)

などなど、枚挙にいとまがないですが、

今でもこれだけ多くの著作が人々に親しまれているという、そんな偉大な方なんですよね〜。

アリストテレス像

しかし、

アリストテレスは実はアテナイ人ではなかった

というのは、意外と知らない人も多いのでは?

アリストテレスはギリシャ北部のハルキディキ(古代にはカルキディケ)半島にある、

スタギラ(古代にはスタゲイラ)の出身

この町で、紀元前384年に誕生した、と伝わっています。

地図で見ると分かりやすいですが、アテネ(古代にはアテナイ)からは結構距離があります。

このギリシャ北部一帯はトラキア地方と呼ばれ、古代にはマケドニア王国の支配域でした。

アリストテレスは、アテナイに出てきて、プラトンの学園アカデメイアで学びましたが、

在留外国人として滞在していたわけです。

アリストテレスと言えば、

マケドニア王国の王子アレクサンドロス3世(アレキサンダー大王)の家庭教師

だったことでも有名ですが、故国に呼ばれて大王の教育に当たっていたのですね。

その後、またアテナイに戻り、これもまた有名な

リュケイオン

という学校を開いて、教えていました。

しかしその後のマケドニア王国の衰退に伴い、再びアテナイを離れ、

最後には母親の出身地であるエウボイア島のカルキス(現代ギリシャ語ではハルキダ)という場所で亡くなった、

と伝わっています。

死後に、遺灰が故郷に持ち帰られて、故郷の偉人としてお墓を建てて祀られるようになったのですね。

カルキスは、地図で見るとアリストテレスの故郷スタゲイラからはかなり遠いのですが、無事に故郷に戻れて良かったですね。

そして今回見つかったのは、このカルキスから遺灰を移して、

アリストテレスの故郷で改めて建てられたお墓

ということです。

果たして、その今回発見されたお墓は、本物なのでしょうか。

そうだとしたら、やはりアリストテレス先生も、故郷で長く祀られたかったのかもしれませんね。

現在ではマンガでもおなじみ!

そんな古代の大哲学者、アリストテレス先生なのですが、最近では

マンガ「ヒストリエ」

にも登場していて、日本のマンガファンにもおなじみになってきています!

アレクサンダー大王と、マンガの主人公であるエウメネスたちを

ミエザの学園で教育する先生

として登場します。

アレクサンダー大王たちがミエザの学園で勉強中しているシーンも出てくるので、アリストテレス先生が活躍している姿を見ることができますよ!

こうしてマンガに登場してくると、偉い哲学者の先生でも一気に親しみが湧きますよね!

今回発見のアリストテレス先生のお墓が本物なら、「ヒストリエ」ファンたちも一度見学に来てくれるかも?!

良かったですね、アリストテレス先生!!

続報が待たれる!

ということで、

古代ギリシャの大哲学者・アリストテレスのお墓が見つかったか?!

というニュースでした。

このお墓が本物かどうか、今後さらなる調査・検証で明らかになっていくと思われますので、続報にぜひ注目してくださいね!

願わくば、本物でありますように!

*この記事に興味がある方は、こちらもどうぞ!

マンガ「ヒストリエ」アレキサンダー大王の書記官が主人公!

『ヘウレーカ』天才数学者アルキメデスが登場!




-ギリシャのニュース
-, , , ,

Copyright© 日本でもギリシャ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.