日本にいても大好きなギリシャを楽しむために、ギリシャ旅行、ギリシャ神話、ギリシャ語、ギリシャの歴史、ギリシャの人々について紹介していきます

日本でもギリシャ

ギリシャの料理 ギリシャ語 ギリシャ語会話

ギリシャで「食べるな」「寝ろ」「馬鹿野郎」の3つは通じるよ!

更新日:




こんにちは、イレーネです。

本日は、ギリシャ語の小ネタについて。

日本語でおなじみの

「食べるな」「寝ろ」「馬鹿野郎」

の3つの言葉は、なんと!

ギリシャでも通じるよ!

というお話です。

でも意味は全然違うんだけどね!

1)「食べるな」は大衆向けレストラン!

これはもう有名だから、知ってる方も多いんじゃないでしょうか?

ギリシャで

「食べるな」

と言えば、

これは

ギリシャの大衆レストラン 「タベルナ」(ταβέρνα) 

のこと。

気軽に美味しいギリシャ料理をたくさん食べられるので、ギリシャに行ったらぜひ訪れてみてくださいね!

魚介料理なども、お手頃価格でいっぱい食べられますよ〜!

だから今では、

「食べるな」は私にとっては、食欲をそそる言葉!!

あ〜、また「タベルナ」行きたいな〜

Mariamichelle / Pixabay

2)「寝ろ」は水!

そしてこれも有名ですが、

日本語では、夜更かしの子供か酔っ払いを叱る時に言う

「寝ろ」

これはギリシャ語で

「水」

という意味なんです。

そう、「水」はギリシャ語で

「ネロ」(νερό)

と言います。

「ネロ」というと、

「フランダースの犬」を思い浮かべる人も多いかもしれませんけどね!

ギリシャでは「水」ですよ。

「ネロ・パラカロー」(水ください)

は覚えておいたほうがいいフレーズ!

水がないと人間死んでしまいますからな〜

特にギリシャでは夏は必需品!

ギリシャで出かける時にはカバンにペットボトルを入れておくと安心ですよ!

Hans / Pixabay

3) 「馬鹿野郎」は「タラ」のこと

そして、

ビートたけし先生でおなじみの

「馬鹿野郎」

これはギリシャでは、

お魚の「タラ」

のことです!

正しくは

「バカヤロス」(μπακαλιάρος)

短くして

「バカヤロ」

とも言います。

フライにして食べるととってもおいしい「バカヤロ」

こんなお料理動画もありました!

ギリシャ語で何言ってるか分からなくても、

「バカヤロ」「バカヤロ」

って言ってるの、聞こえますよね?

完成したお料理もとっても美味しそう!

要するに「タラの天ぷら」ですから、日本人も絶対好きな味です!

ギリシャに行くと、「馬鹿野郎」もこんなおいしい料理に変身!

いいですよね〜、「バカヤロ」好きになっちゃいそう!

タベルナに行って、「バカヤロ」食べたい、ってオーダーしてみるといいですよ〜!!

それと、ギリシャでは、3月25日にはこの「バカヤロ」のフライを食べる習慣もあるのだそうです。

この時期にギリシャ旅行に行く方は、ぜひお試しを!

ギリシャで3月25日はタラの日!

以上の3つは通じます!

というわけで、本日は以上、ギリシャで通じる日本語3つをご紹介しました!

全部ちゃんと通じるけど、

意味は全然違うので気をつけてくださいね!

私が思うに、日本語では

「食べるな」「寝ろ」「バカヤロ」

はどれもいい言葉じゃないですが、

ギリシャに行くといい言葉に早変わり!!

というか、どれも食べ物関係ですけどね!

つまり!

食いしん坊な人はギリシャ語を早く覚えられる(!?)

というお話でした!

ギリシャに旅行に行った際には、ぜひお試しあれ〜!

*この記事が気に入った方は、こちらもどうぞ!

ムサカはギリシャ料理の王様だ!

ギリシャの「フェタチーズ」って何?

ギリシャで「ギロ・ピタ」を食べずに帰るなんてありえない!!



-ギリシャの料理, ギリシャ語, ギリシャ語会話
-, ,

Copyright© 日本でもギリシャ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.