日本にいても大好きなギリシャを楽しむために、ギリシャ旅行、ギリシャ神話、ギリシャ語、ギリシャの歴史、ギリシャの人々について紹介していきます

日本でもギリシャ

ギリシャ旅行 ギリシャ観光

ギリシャ人の声(おしゃべり)はギリシャの文化だ?!

投稿日:

日本人にも人気の旅行先、ギリシャ

青い海と白い家々の写真に憧れて、ギリシャの地に降り立つと・・・

その瞬間から、おとなしい日本人は、

ギリシャ人の発する声・声・声(つまりはおしゃべり)

に、さらされ続けることになります。

本日は、そんなギリシャ人の声(おしゃべり)について

しゃべる時は、大きな声で!

ギリシャに着いて初日、

あなたは、ついにやってきた神秘の国・ギリシャに感動して、

アテネならパルテノン神殿を見上げてうっとりするでしょう。

そんな時、街角でうっとりたたずむあなたの横に、ギリシャ人がついとやってくると・・・

たままたあなたの隣に立っていたギリシャ人と友達だったらしく、

大声で話し始めます。

例)「マリア〜!! ティカニス〜?! *?@#$$¥%&(理解不能のギリシャ語)!!!!!」

そして、あなたの眼の前を横切って歩いていくギリシャ人は、

スマホに向かって熱心に大声で喋っています。

例)「ネー、ネー!!*?@#$$¥%&(理解不能のギリシャ語)!!!!!」

そんなに大声じゃなくても、話は通じるのじゃないか・・・?

と思うかもしれませんが、彼らにとってはこれが通常のトーン。

かくして、あなたの神秘的な国・ギリシャのイメージは、

けたたましいギリシャ人たちによって打ち破られるのです。

これが、古代遺跡に行っても同じこと。

静かに古代の人々の文化に浸っているあなたの横に、ギリシャ人家族も見学に訪れてきたら・・・

例)子供「*?@#$$¥%&(中国人がいるよ〜)!!!!!」

と一斉にけたたましくおしゃべりを始めます。

え? 遺跡を見学するのに気が散る?

いえ、気にしてはいけません。

どこに行ってもこうなのですから、自分に集中するのです。

アテネで、パルテノン神殿が望めるおしゃれなカフェで一息つこうと入っていっても、

隣のギリシャ人3人組が、一秒の沈黙も許されないがごとく、大声でしゃべり続けていることでしょう。

ああ、そうです。

こんな美しいギリシャの写真は、ギリシャの音までは伝えてはくれません。

しかし実際は、大声でしゃべり続けるギリシャ人の声が、周りには必ずあったはずなんですよね〜

ギリシャではしゃべってナンボ!!

そう、ギリシャには、

「沈思黙考」という言葉はないがごとく。

考えは人にしゃべって初めて存在するのです。

だから、不満があったら、デモに出て大声で言うのです。

テレビをつけたら、ニュース番組で解説者たちが並んでいますが、

全員が一斉に大声でしゃべるので、これでよく聞き分けられるな・・・と感心しますよ!

でもでも、考えてみれば、古代だって、

哲学者ソクラテスは、その思想を書物に書かずに、

弟子たちにしゃべって伝えていたのです。

だから弟子のプラトンが書いた本を見ると、

「ソクラテスと弟子や誰かのおしゃべり」が書かれてるでしょ?(「対話篇」と言います)

かのアリストテレスだって、ブラブラ歩きながら弟子たちにしゃべってたんですよね(「逍遙学派(ペリパトス派)」と言います)

だから、ギリシャ人にとって、

しゃべることは大事! 一番(?)大事!

うるさいな〜、とか文句を言ってはいけませんよ。

だって、その「おしゃべり」から、偉大な思想が誕生してきたわけですからね!

彼らの方からしてみれば、日本人みたいに、静かにしゃべらずに一緒にいる人たちを見ると、「?」と不思議に思っているかもしれません。

「声の力」は偉大だ!

なんでそんなにギリシャ人は、しゃべるの、しかも大声で・・・?

と思うかもしれませんが、

やっぱり人に伝えたい事があるのでしょうね。

主張があるなら、大声にして伝える!

チプラス首相も、どんだけ「無茶なことを・・・」と世界から思われても、

とにかく自分の主張は全て声に出して伝える!

Alexis_Tsipras_2013

日本人だと、「なんで借金してるギリシャの首相が偉そうにしゃべってるの?」と思うかもしれませんが、

そんなことは関係ない。

とりあえず主張はしゃべって、でも政策は現実的なところで落ち着いていたりします。

主張は「声を大にして伝える」

そして主張が通るか通らないかは、また別の話ですね。

まずは声に出してみる、話はそれからだ!

まあ、そんなわけで、ギリシャでは

声に出して伝える、って事が大事な文化なんじゃないかな〜と思うわけです。

え? 大声でしゃべってばかりで、何の役に立つの?って?

いやいや、その大きな声が美しければ、みんな聞くわけです。

そう、20世紀最高のソプラノ、

マリア・カラスのように・・・

Maria_Callas_(La_Traviata)_2

ん、ちょっといい例すぎたかな?

とはいえ、「声を大にして伝える」文化にもいいところはそれなりにあると思いますので、

ギリシャに行ったら、いつもよりはちょっぴり大胆に、

自分の思うところを相手に伝えてみてはいかがでしょう?

きっと、新しい体験ができると思いますよ!

にほんブログ村 旅行ブログ ギリシャ旅行へにほんブログ村 外国語ブログ ギリシャ語へ



-ギリシャ旅行, ギリシャ観光
-, ,

Copyright© 日本でもギリシャ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.