日本にいても大好きなギリシャを楽しむために、ギリシャ旅行、ギリシャ神話、ギリシャ語、ギリシャの歴史、ギリシャの人々について紹介していきます

日本でもギリシャ

ギリシャの映画

追悼ウンベルト・エーコ、「薔薇の名前」とギリシャの関係とは?

投稿日:

世界的に知られる小説家・哲学者・記号学者

ウンベルト・エーコ

が亡くなりました

享年84歳でした。

ウンベルト・エーコといえば、日本で最も有名なのは、

「薔薇の名前」です!!

この「薔薇の名前」とギリシャの意外な関係を本日はご紹介します!

ウンベルト・エーコと「薔薇の名前」

ウンベルト・エーコは、1932年イタリア生まれ。

哲学者・記号学者として研究活動に従事する傍ら、

文芸評論家、そして小説家としても活動し、高い評価を得ています。

800px-Umberto_Eco_04

小説家として最も有名な作品は、1980年に出版された、

「薔薇の名前」

この作品は、世界各国で翻訳出版され、エーコの代表作に。

1987年には、映画化もされています。

ま、しかし、

本当にアリストテレスの「喜劇論」があったかどうかはわかりませんが、

幸いにもギリシャ喜劇の作品の写本は生き残りまして、

現在も私たちが読むことができます。

代表的な喜劇作家、アリストパネスの作品も数多く残っておりますので、

興味ある方は是非読んでみてくださいね!

こういう作品を読んでみてもらえると分かるのですが、

ギリシャ喜劇って、下ネタ、グロネタ、神様の罵倒、なんでもありのとんでもない世界!!

これを見て、古代ギリシャ市民は大笑いしていたはずですが、

確かに修道院ではこんなの読んでたら、怒られそうだな〜

特にエロネタも満載だから・・・

と、確かに禁書になっていた、という説も、現実味があるような気がしますよ!

やっぱり、ウンベルト・エーコは天才だけじゃなくて、

過去の出来事を透視する超能力者だった?!

な〜んてね!

と、考えるといろいろ楽しい

ウンベルト・エーコの「薔薇の名前」と古代ギリシャの喜劇のお話でした!!

にほんブログ村 旅行ブログ ギリシャ旅行へにほんブログ村 外国語ブログ ギリシャ語へ



-ギリシャの映画
-, ,

Copyright© 日本でもギリシャ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.