日本にいても大好きなギリシャを楽しむために、ギリシャ旅行、ギリシャ神話、ギリシャ語、ギリシャの歴史、ギリシャの人々について紹介していきます

日本でもギリシャ

日本語の中のギリシャ語

「マニア」もギリシャ語なので、オタクの皆様、よろしく!

投稿日:




世の中にはいろんなマニアの方いらっしゃいますよね〜?

かくいう私イレーネは「ギリシャ・マニア」!

私も好きなテレビ番組

「マツコの知らない世界」

マツコ

では、私もびっくり!なマニアの方々がたくさん出てきます。

ちなみに次の放送では、

「秋葉原ランチ・マニア」「耳栓・マニア」

の方々が出てくるとか。

耳栓

ランチならまだ分かるけど、

え〜〜?!耳栓?!!

 

一体耳栓の何がそんなに面白いのか??

マニアの世界は奥が深いですね〜〜

次の放送が楽しみです!

さて、そんな奥深い「マニア」の世界ですが、

この「マニア」という言葉、実はギリシャ語だ、ってみなさんご存知ですか?

「マニア」はギリシャ語の「マニアー」(μανία)が語源です。

これが英語の mania へと受け継がれ、

英語を経由して、はるばる日本へとやってきました。

ギリシャ語の「マニアー」(μανία)のもともとの意味は、

ズバリ、「狂気」です!!

By: Anna

もともとは、「頭がおかしくなってる」というよりは、

神々が送る神的な力、という意味合いがあって、

その神々のもたらす力によって、人間の行動が変えられる、と考えられていたようです。

だから、ある人がおかしな行動を取り始めたら、神々の送った「マニアー」(狂気)によって、動かされている、という認識ですね。

だから、予言者や、巫女といった人たちは、神々によって「マニアー」を送られて、人間には見られない世界を見る、

あるいは、詩人であったら、神々の「マニアー」に触れて、試作を行う、といった意味合いもあったので、

全部が全部悪い意味ではないのですが、

人の見る事のできない世界を見る予言者たちは、恐れられてもいたので、

そういう意味では、悪い意味も持っていたと言えるでしょうねえ。

ともあれ、そういうふうに、神々から送られる力が人間にもたらす影響、という意味から転じて、

「情熱的に何事かに打ち込むこと」「情熱」

という意味が生まれてきたわけです。

現在日本で認識されている「マニア」は、どちらかというと、この「情熱的にのめり込むこと」に近い意味ですよね。

ですから、今現在の「マニア」も、考えてみれば、どちらかの神々の力によって、「マニア」を送られてそうなっているのかもしれませんね?

だってそうじゃなければ・・・

何ゆえに「耳栓」にそれほど熱中することがあろうか??

まあ、どんな物事も、極めれば違った世界が見えて、面白くなるものかもしれませんね!

ちなみに、今の日本では「マニア」というより「オタク」という言葉の方が、市民権を得てきているようにも感じますが・・・

そんな中、気を吐いているのが、タモリさん!!

「地形マニア」という言葉が、今アツい!!(かも)

伊達政宗の「地形マニア」っぷりにタモリ大興奮!

宮城県中部に位置する仙台市は、高台の上に都市が広がっている。でもどうして政宗は、水が手に入りにくいという弱点を持つ台地に、わざわざ城下町をひらいたのか? 実はそこには、仙台の地形を知りつくした、「地形マニア」ともいえる政宗の知恵と工夫があった。

住宅街にひそむ不思議な地形にタモリは大興奮! 仙台一の繁華街に残る政宗の工夫の痕跡とは? さらに、昭和の香り漂う横丁でタモリが見つけた生き物と地形の関係とは?

ということですので、

今また「マニア」という言葉が息を吹き返しております!

そんなわけで、古代ギリシャで生まれた「マニア」という言葉、

まだまだ、この日本で生命を永らえさせそうです。

タモリさん、ありがとう!!

そして、

全国の「〜〜マニア」のみなさ〜ん! これからも頑張ってくださ〜い!!

にほんブログ村 旅行ブログ ギリシャ旅行へにほんブログ村 外国語ブログ ギリシャ語へ



-日本語の中のギリシャ語
-,

Copyright© 日本でもギリシャ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.