日本にいても大好きなギリシャを楽しむために、ギリシャ旅行、ギリシャ神話、ギリシャ語、ギリシャの歴史、ギリシャの人々について紹介していきます

日本でもギリシャ

ギリシャ神話

[ギリシャ神話]ゼウスとティタンたちの戦い

更新日:

さて、ギリシャ神話の世界の始まりからお話ししていますが、

ギリシャ神話の最高神ゼウスの支配が確立されて、

その後にはどうなったか?のお話をしていきましょう。

これまでは、

ゼウスが父親のクロノス神を倒して、世界の支配者となりました

しかしその後、ゼウスは真の支配者となるべく、

神々と壮大な大戦争を戦うことになるのです!

本日は、その壮大な大戦争

「ティタン族との戦い」

についてご紹介!

ティタン族との大戦争

さて、そのゼウス神が真の支配者となるべく戦った戦争、

それが、

ティタン神族との大戦争

というものです。

これをギリシャ語で

「ティタノマキア」(ティタン神族との戦い)

と言います。

ティタン神族というのは、ガイアとウラノスから生まれた、神々の第1世代です。

これに対して、ウラノスの息子クロノス神の支配する時代(第2世代)を経て生まれた

ゼウスたち、クロノスとレイアの間に生まれた神々の第3世代は、

オリュンポス山を住まいとする

オリュンポス神族

と言います。

ゼウス神が父親のクロノスを倒した後も、

その前の世代であるティタン神族は、

ゼウスたちオリュンポス神族に服従することなく、激しい戦争を繰り広げました

この戦争は、

まるまる10年も続いた

ということです。

(*ギリシャ神話では、トロイア戦争も10年続いたということですが、「10」という数字が好きなのでしょうね)

ゼウスたちも強力な神々でしたが、その前の世代であるティタン神族も、強力な力を持つ神々だったので、いくら戦っても決着がつかなかったのですね。

By: zooK2

ヘカトンケイルを味方につける

そこで、女神ガイア(大地)は、

早くこの戦争を終わらせて、ゼウスたちオリュンポス神族に勝利をもたらすため、一計を案じます。

それは、

ガイアとウラノス(天)の間に生まれた恐るべき怪物、

ヘカトンケイル(百本腕)を大地の底から連れ戻して味方につける

というものでした。

ヘカトンケイルは、コットス、ブリアレオス、ギュゲスの3兄弟

それぞれ50の首を持ち、100本の腕が生えていたということです。

その姿があまりに恐ろしいことから、父のウラノスは大地の底に隠してしまったのですが、

ガイアは、そのヘカトンケイルを地の底から連れ戻し、ティタン族との戦いの強力な援軍としようとしたのです。

ネクターは神様のお酒

さて、そうして

久しぶりに地の底から連れ戻されたヘカトンケイルたちは、

神々の食べ物である

ネクタル(神酒)とアンブロシア(神食)

を与えられて力がみなぎり、

ゼウスたちオリュンポス神族に加勢して、ティタン神族と戦うことを約束しました。

ここでちょっと豆知識・・・

日本でおなじみ「ネクター」

とは、

この神話に登場する

神々のお酒「ネクタル」

から名付けられているのです!

ふふふ・・・ありがたい飲み物ですね。

なんと、ギリシャ神話に由来する名前を持つとは、日本では知らない人が多いのではないでしょうか。

ちなみに私は、これは甘すぎてちょっと苦手です。

はい、話が逸れました。

話を戻すと、こうして、ウラノス神も恐れたヘカトンケイルを味方につけたことで、

ゼウスたちオリュンポス神族は、一気に戦況を有利に導くことに成功するのです。

By: Marina

ティタン神族の敗北

さて、そうしてオリュンポス神族の味方に加わった

ヘカトンケイル

たちは、

その100本の腕に岩をつかんで、ティタン神族に投げつけた

ということです。

こりゃたまらないですねえ

三人いるから、300個は次々と飛んでくるのですよ。

これに対して、ティタン神族も全力を挙げて戦い、

この神々の戦いで全世界は大混乱に陥ったそうです。

ヘシオドスの描写によると・・・

大地は 物凄く鳴りとよみ 広い天は揺すられて 呻きの声をあげ

高いオリュンポスの山は その根もとから ぐらぐらと激しく揺れた

ということです。

文字どおり、大地から天から、全世界が揺れた戦いでした。

そしてそこで、ゼウスもこの機を逃さず出撃し、

最大の武器である雷を、ひたすらにティタンたちの上に落としたということです。

さすがのティタン神族も、この雷の攻撃に対して為す術なく、

ゼウスの雷の炎に包まれてしまったということです。

 

このヘカトンケイルとゼウスの攻撃に対し、ティタンたちも激しく戦いましたが、

やがて戦況はゼウスたちに有利となり、

ついにティタンたちは敗北し、大地の底へと幽閉されることとなったのでした。

Free-Photos / Pixabay

ゼウスの支配

こうして、

ティタン神族はゼウスを中心とするオリュンポス神族の前に敗北しました

これをもって

ティタンたちとの戦い(ティタノマキア)は終結し、

ゼウスは神々の世界の支配者となった

ということなのです。

それにしても、ゼウスの支配が確立するまでは、

ギリシャ神話の世界は戦いに次ぐ、戦いですね!

そういった戦いを乗り越えて支配者となったゼウスですから、

神々の中でも最も強力で、地位が高いものとして認められたのでしょうね。

こんなに激しい戦争の上でゼウスが支配者となったというのも、

ギリシャの世界観を反映しているようで面白いです。

ともあれ、やっとギリシャ神話の世界に、

ゼウスを頂点をした秩序がもたらされました。

War is over!!

この後は、またゼウスの支配下の神々の神話をお話ししていきたいと思います。

乞うご期待!!

*本日の詳しい内容は、こちらの本をご参照くださいね!

神統記 (岩波文庫 赤 107-1)
Posted with Amakuri
ヘシオドス
岩波書店

*この記事に興味を持った方は、こちらもどうぞ!

ギリシャの宗教

ギリシャ神話の悪女ベスト3!

「ナウシカ」はギリシャ神話由来の名前

「ヴィーナス」と「アフロディテ」ってどう違うの?

[ギリシャ神話]アトラスってなんで地球を支えているの?



-ギリシャ神話
-,

Copyright© 日本でもギリシャ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.