日本にいても大好きなギリシャを楽しむために、ギリシャ旅行、ギリシャ神話、ギリシャ語、ギリシャの歴史、ギリシャの人々について紹介していきます

日本でもギリシャ

ギリシャにまつわるマンガ

マンガ「プリニウス」が面白すぎる!

更新日:




どうも! イレーネです。

本日は、マンガでギリシャが登場する作品を取り上げてみたいと思います!

『テルマエ・ロマエ』で有名な

ヤマザキ・マリさん

その売れっ子の彼女が、

とり・みきさん

と共作で現在連載中なのが、

ローマの博物学者プリニウスを主人公にした歴史大作

プリニウス

はっきり言って

この作品、面白すぎる!傑作です!

一人でも多くの方に読んでほしいなあ〜と思い、ご紹介させていただきますね!

マンガ「プリニウス」のすごさ

最近わりと、古代ギリシャ・ローマを取り上げているマンガが増えてきたように思いますが、

そんな中で大注目なのが、この

ヤマザキマリさん、とり・みきさん共作の

プリニウス

このマンガの作者

ヤマザキマリさんは、

古代ローマを舞台にした、ご存知

テルマエ・ロマエ

で大成功を収め、映画化もされて、日本で古代ローマが注目されるきっかけとなりました。

そのヤマザキマリさんが、満を辞して

大好きな古代ローマの博物学者・プリニウスを主人公にしてスタートしたのが、このマンガ

プリニウス

なのです!

すごいとこ1)絵がすごい!

さて、この作品の何がすごいって、まず、その絵!!

ヤマザキ・マリさんが主に人物

とり・みきさんが背景の建物・風景・動物たちを主に描く

という共作の形を取っていますが、これが大正解!!

とり・みきさんの細密画の様なローマの風景と、リアルな動物たち、

そしてプリニウスの伝える不可思議な化け物たちまで、絵をみているだけで全く飽きません!

かたやヤマザキ・マリさんの描く登場人物たちの魅力は、もう「テルマエ・ロマエ」で日本じゅうに知られているとおりです!

リアルだけどおかしみもあって、「くすっ」と笑えるところもツボを押さえて入ってきて、

お堅い博物学者プリニウスが、そこらのおじさんのように親しみを感じさせます。

大真面目なんですけど、どっかずれているんですよね〜

すごいとこ2)登場人物がすごい!

そして、メインのストーリーも、

日本ではあまり馴染みのない人物と言ってもいい

博物学者プリニウス

という人物を主人公にしているのが、画期的!!

このプリニウスは、いわゆる「大プリニウス」の方で、歴史の授業で習った方も多いと思います。

そう、大著『博物誌』を表したローマの学者さんですね!

こういうあまり知られていない学者さんを主人公にしたって時点で、このマンガはすごい!

誰も目をつけていなかったところを、さっと切り込んでマンガにしてしまう、という、その意気込みに拍手を送りたい!

そして、この大プリニウスの活躍した時代には、

日本でも名高い

皇帝ネロ

そして、

哲学者セネカ

といった歴史上の人物がたくさん登場します!

彼らがプリニウスと普通に会話するシーンが連発されると、

その当時の混沌とした雰囲気を想像してワクワク!

歴史の授業で名前と本の名前を暗記しただけくらいだった彼らが、

急に人間らしくなって来て、普通にローマの街を歩いておしゃべりしたりしてるんですから、親近感を持っちゃいますよね!

これを読むと、きっと古代ローマに興味のない人たちも、この登場人物たちを好きになっちゃうと思います!

(マンガで好きになったついでに、セネカ先生の難しそうな本も読んでみる?!)

すごいとこ3)ローマの生活描写がすごい!

そして、これはマンガならでは、

小説などでは絶対表現しきれないのが、

ローマの街並みなどのリアルな風景!

これは、ヤマザキさんはすでに「テルマエ」の方でやっていたんですが、

今回とり・みきさんという相棒を得て、

ローマのまちの生活風景がさらにリアルに再現!

庶民のアパートとか、路地裏とか、居酒屋とか・・・

そうそう、売春宿だって出て来ますよ!

そんな、歴史の教科書では絶対出てこないようなところが、

イキイキとマンガで再現されているんですよね〜

これはすごい!!

作者のお二人も相当絵のリアルさにこだわって描いてくれているので、絵の隅々までみていて飽きません!

これは本当にすごい!

ぜひ一度実物を読んでみてほしいなあ〜と思います!

ギリシャ人の書記官・エウクレス

おっと、ここまでは古代ローマの話が続いたので、ギリシャ関係ないじゃん、と思われたかと思いますが・・・

いやいや、このマンガでは、

プリニウスの書記官となったエウクレス

という青年がメイン・キャラクターで出てきますが、

彼は実は

「マグナ・グラエキア人」

つまり

イタリアに植民したギリシャ人

なのです。

古代ローマ帝国が栄えるずっと前から、ギリシャ人はイタリア各地に植民して、ポリスを繁栄させていたのです。

シチリアは今でもギリシャ植民市の遺跡が数多く残されていますが、

エウクレスはそのシチリアのエトナ山のふもとの出身

という設定になっています。

プリニウスは、エトナ山の噴火で家が燃えて途方にくれているエウクレスと出会い、

彼が文法学を学んでいたことから書記官として雇うことになります。

第1巻で初めて二人が出会った時には、

二人でギリシャ語で話していた

という設定になっていますので、ラテン語が母語のプリニウスの博学ぶりが分かりますね〜。

*シチリアには今も、古代ギリシャ神殿の遺跡がたくさん残っていますよ〜!見に行きたいなあ。

というわけで、古代ローマが舞台で、主人公プリニウスはローマ人なのですが、

いやいや、ギリシャ人のエウクレスがいつもお供についてますので、実はギリシャの要素もバッチリなのです!

ギリシャ出身の家庭教師・アンナ

そしてさらに、このマンガの第3巻には

プリニウスの甥っ子の家庭教師となる女性・アンナ

が登場します。

このアンナは、

ギリシャのアテナイ(現在のアテネ)出身

という設定です。

ローマの街角で代筆業をしていたアンナは、ラテン語、グラエキア語(ギリシャ語)、ヘブライ語もできる教養ある女性。

実はお父さんとお兄さんも、

アテナイのリュケイオン(アリストテレスの学園)

で先生をしていたというインテリ一家の出身。

家族が亡くなってしまったので、義理のお兄さんの代筆屋を手伝っています。

このマンガに描かれている通り、

ギリシャがローマの支配下に降って属州となった後も、アテナイは学問の都としての地位を保ち続け、

それはビザンチン時代になっても変わることはありませんでした。

ヤマザキ・マリさんによると、そんなアテナイ出身の奴隷というのは教養があってプライドが高く、

ローマ市民もおいそれと使うことはできなかったそうですよ。

このアンナは、そういったアテナイの

「学問の都」

としての側面を表しているキャラクターなのですね。

この彼女の教養を見込んだプリニウスが、甥っ子の家庭教師として雇うことになるのです。

第3巻で登場してすぐに、早速その才媛ぶりを披露する場面があります。

プリニウスについていこうかどうしようか迷うエウクレスに、彼女はこんなことを言うのです。

人間は知識 教養という栄養なしでは健全に育たぬ生き物

無知や無学ほど人間の社会を脅かすものはありません

おお〜、耳が痛い!!

けど、正論!

この聡明な家庭教師・アンナ、今後、物語で重要な役割を担いそうな予感がします!

そして、このアンナが教育するプリニウスの甥っ子というのは、実は

小プリニウス

として歴史に名前を残した人物ですよ!

なぜ「小プリニウス」と呼ばれているかというと、この甥っ子は、叔父のプリニウスと名前が同じだったから!

区別するために、この甥っ子を「小プリニウス」

そしてこのマンガの主人公の博物学者プリニウスは、「大プリニウス」と呼ばれています。

この「小プリニウス」が、叔父である大プリニウスの仕事をまとめたものが、この本

プリニウス書簡集―ローマ帝国一貴紳の生活と信条

そういえば、歴史の授業で、やったなあ・・・

って思い出す方も多いと思います!

このマンガを読むと、きっとローマ史に強くなれると思うんで、

受験生たちもきっと、読んだ方がいいよ〜

rygrech / Pixabay

『プリニウス』ぜひ読んでみて!

というわけで本日は、大注目のマンガ

プリニウス

をご紹介しました!

この例を見ない、

古代ローマの博物学者・プリニウス

を主人公にしたマンガ

これを読めば、歴史の教科書で教わっただけの古代ローマの人々が、急にリアルに人間味を持って感じられること間違いなしですよ!

歴史が好きな方も、そうじゃない方も、ぜひ一度読んでみていただきたいです!

読めば、きっと夢中になること間違いなし!

騙されたと思って、ぜひ一度手に取ってみてくださいね〜

『プリニウス』第1巻

このマンガ、『プリニウス』第1巻の冒頭は

なんと

プリニウスの終焉の土地・ポンペイ

からスタートします!

これはもう歴史上の事実だからみんな分かってることだからいいですが、

プリニウスはここで、ヴェスビオス火山の噴火で命を落とすことになるのです。

だから、第1巻でいきなり?!

ってちょっとびっくりするのですが、その後時間はさかのぼって、

プリニウスの若い頃、ギリシャ人の書記官エウクレスと出会った頃に話は戻ります。

とにかく、のっけから、プリニウス先生の博識ぶりと、変人ぶりが披露されていて、

どんどん物語に引き込まれちゃいますよ〜

まずは第1巻から、ぜひ読んでみてください!

しかも!第1巻は kindleUnlimited会員だと、追加料金なしで読めますよ〜

一巻を読んだら、まず間違いなく続きを読みたくなること間違いなし!

『プリニウス』第2巻

そして第二巻では、

博物学者の主人公プリニウスは、

ギリシャ人の新しい書記官エウクレスを連れて、ローマの邸宅に戻ります。

このローマのシーンでは、商店の様子など、ローマの市民生活の詳しい様子が見れますよ!

この時代のローマって、多分ヨーロッパの産業革命前くらいの生活レベルは余裕でありますね!

これが二千年も前の話だなんて、信じられない!

ぜひ読んでみてくださいね!

『プリニウス』第3巻

『プリニウス』第4巻

マンガ「プリニウス」第4巻も面白い!

『プリニウス』第5巻

マンガ「プリニウス」第5巻も面白い!古代ローマの世界に飛び立とう!

『プリニウス』第6巻

マンガ『プリニウス』第6巻アフリカ上陸!!見逃せないポイント7つ!

『プリニウス』第7巻

マンガ『プリニウス』第7巻ローマ大火を目撃せよ!

『プリニウス』第8巻

マンガ『プリニウス』第8巻発売!ミノタウロスが目印!



-ギリシャにまつわるマンガ
-,

Copyright© 日本でもギリシャ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.