日本にいても大好きなギリシャを楽しむために、ギリシャ旅行、ギリシャ神話、ギリシャ語、ギリシャの歴史、ギリシャの人々について紹介していきます

日本でもギリシャ

ギリシャのニュース ギリシャの政治

ギリシャをEUは絶対見捨てない、と思う三つの理由

投稿日:

なんだか難民問題でも慌ただしくなってきておりますが・・・

今日はちょっと話題を変えて、ギリシャとEUについて考えてみたいと思います。

日本人の多くの方は、

「どうしてこんなふうに、借金も返せなくてジリ貧のギリシャをEUは大金投じて助けてるんだろう?」

「そのうちEUに見放されちゃうんじゃない?」

と思っている方も多いかと思います。

しかし!

私イレーネは、

ギリシャをEUは絶対に見放さない

と踏んでいます。今日はその理由を三つお話ししたいと思います。

1.ギリシャはヨーロッパの玄関口

今回のパリでの連続テロ事件で、

実行犯たちがギリシャを通過してきたことからもわかるように、

イスラム圏からヨーロッパに入るには、ギリシャは最初に通過する関門となります。

地図で見れば一目瞭然ですが、ギリシャより東にはイスラム圏が広がっているのですね。

もちろん地中海を挟んで北アフリカ一帯もイスラム圏となります。

もし、例えばですよ・・・

ギリシャをEU諸国が見放して、経済はさらに悪化、政治体制も弱体化してしまったら、どうなると思いますか?

イラク・シリアから北アフリカへと拡大しつつある過激派の活動を考慮すれば、ギリシャが弱体化すればそれに乗じて触手を伸ばしてくる可能性もあります。

事実、過激派は政治が不安定で弱体化した隙に、イラク・シリアで勢力を拡大してしまったのです。

混乱が続く中東地域からヨーロッパへ入るには、EU諸国に友好的なトルコもあると思われるでしょうが、トルコはずっと過激派へ鮮明な対立姿勢はとってきませんでした。

そして、現在トルコ国内でもテロがあったように、トルコ自体も揺らいでいます。

だから、EU諸国としては、これ以上過激派の勢力が西に伸びてくることを何としても防ぎたいはずです。

そうなると、ギリシャの存在は重要です。

逆に言えば、過激派がギリシャを手中に収めると、バルカン諸国からイタリア・スペインまではあと一歩。

EU諸国がそんな状況を喜んで作り出すとは思えません。

だから、経済がなかなか上向きにならないギリシャに苛立ちながらも、これからも援助を続けていく以外道はないと思うのです。

というか、チプラス首相の強気な態度は、そこを十分見切っているから、という気もするんですよね〜

2.ギリシャでバカンスしたい

そしてEU諸国の本音としては、政治的なこともあるにはありますが、

正直なところギリシャでバカンスしたいので、

ギリシャがEU圏内で、ユーロもそのまま使えると便利でいいから、

やっぱりこのままがいい!と思っているところもあるかと。

なぜならば・・・

夏にギリシャに行けば、もちろん世界中から観光客が集まっているのですが、

ヨーロッパ諸国の人たちは、近くて安全な旅行先としてギリシャを選ぶことが多いです。

寒いヨーロッパから、暖かいギリシャのビーチへ!

のんびり家族と夏のバカンスを楽しむには、ギリシャは魅力的な場所なのです。

もちろん、トルコなども地中海岸一帯は、ヨーロッパの人たちのバカンスの土地ではありますが、やはり宗教も違うし、お金もユーロじゃないし、習慣の違いなどを考えると、若い人たちには楽しくても、ちょっと年齢層が上がってきたり、ファミリーだったりすると、ギリシャの方が選ばれると思われます。

だって、同じキリスト教の土地だし、お金もユーロを両替しなくていいし、EU内ならパスポートいらないし。

Euro_banknotes

そして子供連れでバカンスに行けば、遊びの合間に歴史の勉強もできるし、家族連れには魅力ですよね〜

だからそんな魅力的な「ヨーロッパのバカンス地」を、みすみすと手放すとは思えませんね!

そんなバカンスの都合で、政治的なこと決めるかよ〜と日本の方々には言われそうですが、ヨーロッパでその理屈が通じるかな・・・?

3.ギリシャ文明はヨーロッパの源!

あと、これもヨーロッパ人の心情的な部分ではありますけど、

ギリシャに自分たちのルーツを見たい、という欲求がありますね!

ギリシャ文明は、その後のヨーロッパ文明の源流

ということに彼らはしたいと言うか、しちゃったと言うか

厳密に歴史上のことを考えると、EU圏内の方々、特にギリシャ人の子孫でもなんでもないし、ローマはギリシャを征服したし、西ローマ帝国を滅ぼしたのって、自分たちじゃん

というツッコミはされてもおかしくはないのですが、

とにかく文化のルーツをギリシャに設定しちゃってあるので・・・

ギリシャがオスマン帝国から独立するときも支援したし、何かにつけては大事にしてきてはいるのです、ギリシャを。

そういうわけで、ギリシャ国中に残る文化的遺産の数々、パルテノンやデルフィなど、「俺らのもの」感覚なわけなのですね。

だから、どんだけ経済で問題を抱えてても、やっぱりギリシャから受けてる恩は大きいので、見放しはするまい、と思うわけなんですよね。

ギリシャが再びイスラム圏内に取り込まれてしまうようなことは、ヨーロッパ人は嬉しくないでしょうし。

しかも、経済が悪いからヨーロッパのお荷物、って思われていますけど、

そもそもギリシャは独立戦争以来ずっと、経済どころか政治的にも苦境続きだったわけですよ

だから、そういうときに比べても、今の苦難はそこまで目くじら立てるもんでもないかと思います。

まあ、日本の人たちにしてみれば、信じられないかもしれないけど・・・

そういうわけで、上にあげた三つの理由から、

私イレーネはギリシャのEU・ユーロ圏内残留の方に一票ですね!

なんつーことを言いながら、明日あたりギリシャがEUから追い出されていたら、笑うしかないけれども〜

まあ多分そういうことにはならないですよ!大丈夫!
にほんブログ村 旅行ブログ ギリシャ旅行へにほんブログ村 外国語ブログ ギリシャ語へ



-ギリシャのニュース, ギリシャの政治
-, ,

Copyright© 日本でもギリシャ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.