日本にいても大好きなギリシャを楽しむために、ギリシャ旅行、ギリシャ神話、ギリシャ語、ギリシャの歴史、ギリシャの人々について紹介していきます

日本でもギリシャ




オリンピック

ラグビーW杯閉幕!オリンピックはどうなる?!

更新日:

どうも! イレーネです!

日本中をラグビーブームに巻き込んだ

ラグビーワールドカップ日本大会が閉幕しました!

決勝戦は南アフリカとイングランドという強豪同士の息つまる対戦で、

見事、南アフリカがイングランドを倒して優勝をもぎ取りました!!

日本代表の大躍進もあって、大成功のうちに幕を閉じたラグビーワールドカップ

来年に行われる東京オリンピックの試金石ともなる大会と言われていましたが、

果たして、この大会の成功で来年の東京オリンピックを占うことができるのか?

イレーネが考えてみました!

南アフリカの見事な優勝!!

あ〜、終わってしまって寂しい〜!!

というのが、多くの日本国民の感想では?!

というくらい、日本中がラグビーブームに湧いた

ラグビーワールドカップ日本大会!

決勝戦に進んだのは、

日本を倒して勝ち進んだ、アフリカの強豪

南アフリカ

そして

前回大会で日本代表を率いて世界を驚かせたエディーさんがコーチを務める

イングランド

どちらが勝ってもおかしくない、強豪同士の対戦ですが、

優勝候補であるニュージーランドのオールブラックスを倒して決勝に進んだイングランド

若いチームだし、戦術家エディーさんが指揮をとるし、これはイングランド優勢かな?

と思っていたのですが・・・

試合が始まってみれば、どっちも引かない大接戦!!

点を取られれば取りかえす、緊迫した試合となりましたが、

それでも圧倒的なフィジカルのパワーで、スクラムとモールを押しまくる南アフリカがじわじわとイングランドを追いつめて・・・

最後にはイングランドに力の差を見せつけて、優勝をもぎ取りました!

勢いに乗る日本代表を力でねじ伏せたパワーは本物でしたね〜

稀代の戦術家エディーさんのイングランドも善戦しましたが、今回は南アフリカに及ばず・・・

若いチームだし、優勝を狙えるのは4年後かな?

今回は、南アフリカがパワーの違いを見せつけて圧勝でした!

南アフリカ代表チーム、そして南アフリカ国民のみなさん、優勝おめでとうございます!

そして個人的には、日本大会で南アフリカの優勝を見ることができて感動でした!

なぜかというと・・・

映画『インビクタス』を観たからですよ〜 そうですよ〜

この映画では、マンデラ大統領がアパルトヘイトの呪縛から国を解き放つため

ラグビーで人種の融和を目指すのです!

初めて、白人も有色人種も一緒のチームになって、勝利を目指すため一丸となる!!

もう、何度見ても涙涙・・・

まだ見てない方は、ぜひ一度見てくださいね!!

南アフリカのスプリングボックスを見る目が変わりますよ!!

しかも今大会では、初めて黒人のキャプテンに率いられたスプリングボックスが、アジアの地で優勝・・・

マンデラ大統領も、天国でお喜びでしょう!

[amazon_link asins='B00FIWEJ2U' template='CopyOf-kaereba' store='skyhigh112-22' marketplace='JP' link_id='f7bdda5d-a658-4940-984d-221829afc6ba']

日本中でラグビーブームだ!

こうして、感動のうちに幕を閉じた

ラグビーワールドカップ日本大会!

はっきり言って日本ではマイナースポーツと言えるラグビーが、

今大会の日本代表の活躍によって、

日本中を巻き込んだ大ブームに!!

こんなに日本で「ラグビー」って言葉が連呼されたことなんて無いんじゃない?!

というくらい、上を下への大騒ぎとなったのでした!

あ〜、日本人て、ほんとお祭り好きだね!

という気持ちもありますが、やっぱりスポーツが盛んになるためには、トップのナショナルチームが強くなければダメなのね、

とも実感した大会でした。

個人的には、子供の時からラグビーをよくテレビ観戦する環境で、一通りルールもわかって、いつも観戦は楽しみにしていたのですが、

周りの人たちは「ラグビーってルールが難しいから・・・」って全然興味ない人が実際多かったんですよ!

た、確かに野球とかに比べてルールは難しいかもしれないけど・・・見れば面白いのになあ

と、いつも思っていたのですが、今回でラグビー観戦をしてみたら、「面白かった」って人たちが続出!

それくらい、今大会の日本チームの活躍は大きなインパクトを残しました!

ちょっと前で考えたら、アイルランドとスコットランドを倒して4連勝!なんて、漫画の世界ですよ、漫画!!

本当にすごいことを日本代表は成し遂げました!

おめでとうございます、そしてありがとう日本代表!!

大会も大成功!!ホスト市が大活躍!

そして、今回初めて日本がラグビーのワールドカップのホスト国となり

正直日本では大してメジャーでもないラグビーのホストになって大丈夫?

という懸念も一部にはあったと思うのですが、

蓋を開けてみれば大盛況!!

やっぱりね

「ラグビーのW杯を日本で見れるのなんて、一生に一度だ」

っていうレア感が、人を競技場に運んだのだと思うのですよね〜

一生に一度のお祭りなら参加したいと誰もが思うというヤツ!

そして、日本各地の市がホストとなって、それぞれの代表チームを受け入れる、っていうホストファミリー的な制度も良かったですよね〜

各地でほのぼのとした代表チームとの交流があって、それは各国の代表チームにもとても喜ばれたみたいだし!

オールブラックスは千葉県の柏市がホストになって、子供達のハカでお出迎えしたのも話題になりました!

ウェールズ代表も、日本のお出迎えを喜んでくれたそうで、

新聞にお礼の広告も出してくれたと話題になりました!

こういうホスト側の町とラグビー選手たちとの交流で、日本にいい印象を持ってもらえると、ものすごくいい国際交流にもなりますよね!

子供達も、自分の町にきた選手たちを通して、相手国のことを知ることになるし、教育上もすごくいい!

ラグビー団体にも「大成功だった」とお誉めいただいたようです。

チケットの売り上げも絶好調で、治安もいい日本での大会は好評だったようですね。

こうして全体的に、大成功と言える成果を納めた、初めてのラグビーW杯 in Japan!

日本のラグビー協会は味をしめて、また招致、って言ってるらしいですが、

まずは日本代表チームが引き続き活躍できる環境を作って差し上げないとね!

日本の子供達でも、ラグビーを習うことができるところは少ないですから、

そういう育成環境の整備も考えると、これからの道はまだまだ険しそうですぞ!

ラグビーW杯の成功は、東京オリンピックの試金石になったのか?

さて、こうして、日本代表の歴史的大活躍に支えられて、

大成功のうちに幕を閉じた

ラグビーワールドカップ日本大会!

この大会は、来たる2020年東京オリンピックのちょうど一年前に行われる大規模な国際大会ということで

オリンピックの試金石

とも言われていましたが、

この大会がうまくいったから、東京オリンピックも大丈夫!

って本当に言えるんでしょうか?

ちょっとそれは楽観的すぎるんじゃない?

いくら「規模の大きい国際大会」とはいえ、

このラグビーワールドカップと、東京オリンピックは全く別物でしょう!

と個人的に思ったので、ここでまとめてみました!

良かったらお付き合いください!

開催時期が違う

まあまず、今回のラグビーワールドカップ、オリンピックとは

開催時期が違いますよ!

このラグビーW杯は、9月から11月にかけて、日本の酷暑がおさまった時期の大会でしたから!

この大会に参加した選手たちは、

8月のうだるような暑さは経験していないのです!

あんな時期に開催してたら、涼しいスコットランドやアイルランドの選手たちは、熱中症になっちゃってたんじゃないの?

と、当たり前だけど思いますよ!

9月からでも、それでも暑いし、日本独特の湿気もあって、汗と湿気でボールが滑るということでしたから!

ですから、7月末から8月にかけての猛暑の時期に開催される東京オリンピックとは、全く比べられないものですよね!

ラグビーW杯だって、もしその時期に開催してたら、暑さと湿気で、不満爆発の大惨事になってたかもしれませんよ!

80分間も全力でぶつかり合う試合なんですから、下手したら熱中症で亡くなる選手もいたかもしれません。

本当に、今回そういう事態にならなくて良かった!

東京オリンピックが決まった時から、この時期に開催するのは無謀じゃないか、って意見もずっとありましたよね

8月の東京の酷暑を、海外の人たちは知らないんですから、それを言わないでしれっと招致しちゃったんですもんね〜・・・

今になってから、IOCは

マラソンを札幌に移せ

と言ってきていますが・・・

「今さら?」

感は否めない。

だってね〜

招致した時から酷暑だってことは分かってたんですよ!

アホか!

8月の東京の暑さを知ってる人間は全員最初から「この暑さでマラソンなんて本当にできるの?」って思ってたんですよ!

今になって「やっぱ無理だわ」って気がつくなんて、アホもいいところ!

東京都知事は札幌に移すのは嫌だっって不満みたいだけど、酷暑の中マラソン走らせて死者が出たらどう責任とるのかな?

国際問題だよ、それ・・・

しかも最悪なのは、札幌だってこの時期は暑くなるらしいですよね〜この頃は。

なんかさ、オリンピック関係者のトップはまともに考えられる人たちはおらんのかい?!

台風など自然災害への対策は?

しかも、今回のラグビーW杯で分かったのは、

日本の災害リスクの深刻さ

ちょうど台風シーズンに開催になったというのもあるけど、

大型台風が上陸!

日本各地に深刻な被害!

という惨事が起きたことは忘れられません。

結果、ラグビーの試合も中止に追い込まれ、日本 vs スコットランド も開催できるかどうかも直前まで分からなかった。

こんな大型台風が、ちょうどW杯の時期に上陸するなんて、運が悪かった

なんて言って、無かったことにはできません!

今年も来たから来年も来るだろう

って思って準備するしかありません!

そうなると、

東京オリンピックの時期に大型台風上陸というリスク

これは当然考えなければいけませんよ!

海外から大勢のお客様を迎えた中で、また大型台風上陸して、河川は決壊して、交通機関は麻痺して・・・

となったら、どうするつもりですか?

対策はできているのでしょうか?

今回決壊した河川の補強工事は、来年までに終わるのでしょうか?

終わらないなら応急処置だけでまた台風シーズンを迎えるのですか?

そんな危ない橋を渡ってる状態で、ラグビーW杯以上の規模の大会を開催するつもりですか?!

災害が来るたびに、行政側の対策の甘さばかりが目立ちますが、

これが来年の夏までに劇的に改善されるとは到底思えないんですよね・・・

本気でこのオリンピックは、災害と戦うオリンピックにならないでしょうか?

東京一極集中の弊害は

そしてさらに、今回のラグビーW杯と違う大きな点は

東京オリンピックは東京一極集中

ってことですよね

ラグビーの場合は、日本中に開催地がまばらに配置されて、選手たちのキャンプ地もバラバラでした。

最後の方の試合だけ、東京首都圏に集まりましたけど、全体としてはばらけていたので、集中はしてなかったんですよね。

だから台風の直撃した地域に、全選手・関係者が集中していることもありませんでした。

が!!

東京オリンピックは「コンパクトな大会」

マラソンと競歩は札幌に移されますが、他の競技はほとんど都内のまま迎えることになりそうです。

この東京一極集中のところに、今回のような大型台風が直撃したら?

あるいは大地震が起きたら?

住み慣れている自分たちでもパニクるのに・・・

言葉も分からない海外からの選手・関係者・メディア関係者・観客のみなさん、全員安全に、避難できるのかな〜?

特に今回の台風でも分かったように、

東京都って、結構水に弱いよね・・・

江東五区は水没するって報道もあったし

多摩川は決壊

武蔵小杉は浸水

こんな被害が出てる中で、全員を無事にスムーズに避難させられるの?受け入れ施設は大丈夫?

一体大会期間に何万人くらい、都内の人口が増えることになるのか?

元々の人口も過密気味なのに、そこにまた何万人も受け入れて、そこで被災した日には・・・

ちょっと考えただけでも、恐怖のシナリオ!!

こんなリスク、侵す必要があるのかな・・・

やっぱり東京オリンピックはやめたら?

ということで本日は、

日本中をラグビーブームに巻き込んだ

ラグビーワールドカップ日本大会が閉幕しました!

日本代表の大躍進もあって、大成功のうちに幕を閉じたラグビーワールドカップ

来年に行われる東京オリンピックの試金石ともなる大会と言われていましたが・・・

やっぱり、このラグビーW杯と違って、

東京オリンピックはリスクが大きすぎるので、やめた方がいい

と個人的には思わずにはいられません!

開催までまだ時間があるから、もう開催返上でいいんじゃないかな〜

え?じゃあどこで開催するの?

やっぱりギリシャでしょ!

ということで、東京開催はもうやめよう〜!!

東京都知事、そういうことでよろしく!!

*この記事に興味を持った方は、こちらの記事も合わせてどうぞ!

東京オリンピックはやっぱりやめた方がいいんじゃないか?!









-オリンピック
-,

Copyright© 日本でもギリシャ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.