日本でもギリシャ

日本にいても大好きなギリシャを楽しむために、ギリシャ旅行、ギリシャ神話、ギリシャ語、ギリシャの歴史、ギリシャの人々について紹介していきます

ギリシャ神話 ギリシャ関連映画 映画

[ギリシャ神話]ヘクターは英雄ヘクトールの名前だよ!

やー!イレーネです。

日本では意外と知られていませんが、

ギリシャ神話の登場人物の名前って、意外と現在にもそのまま受け継がれているんですよ!

例えば「ヘクター」って名前、たまに聞くと思うんですけど、

実はギリシャ神話の英雄ヘクトールの名前からなんですよ!

というわけで本日は、英雄ヘクトールとヘクターのお話です!

英雄ヘクトールと現代の名前「ヘクター」

そうなんですよね〜、日本では

一体どういう名前がギリシャ神話起源の名前なのか?

って、あまり一般的には知られていないですよね〜

もちろん海外の人たちは、よく分かっているんですが、私たち日本人だと文化的背景が違うので、知らないという。

だから、公開が始まった

ディズニー/ピクサーの最新映画

リメンバー・ミー

の、メイン・キャラクターの名前が

「ヘクター」

だということを知って、

これはぜひ日本のみなさんに知っておいて欲しいなあと思いました!

この予告編をみると、その「ヘクター」の紹介がありますよ!

主人公ミゲルが迷い込んでしまった「死者の国」で出会うのが「ヘクター」です!

というわけで、このガイコツのキャラクターの名前は

「ヘクター」

ですが、ラテン系の人たちの間では今でも一般的な名前ですね!

実はこの名前は、

ギリシャ神話に登場する英雄ヘクトールに由来します!

アルファベット表記すると、よく分かりますよ〜

「ヘクター」って「Hector」と書きますが、

そのまま読むと「ヘクトール」って書いてあるでしょ?

だから、この名前がギリシャ神話の英雄ヘクトールの名前だ、ってことは一目瞭然なのですが、

残念ながら日本人だと、ほとんどの人が知らないという・・・

でも、こういう文化的背景がわかると、

「ほお〜、このキャラクターは、ギリシャ神話の、あの・・・」

って分かってくるので、映画を見たりするとキャラクターの名前からいろんなことを想像できて、面白いんですよ!

*映画『リメンバー・ミー』は、テーマもギリシャ神話によく出てくる「冥界下り」なので、面白いですよ!

『リメンバー・ミー』死者の国に行ったらどうなる?

ギリシャ神話の英雄ヘクトールとは?

ではここで、

「ヘクター」

の名前のもととなった、

ギリシャ神話の英雄ヘクトール

って一体どういう人だったの? について、ご紹介します!

ヘクトールは、トロイアの王子で、

トロイア王プリアモスの第1子。やがてはトロイア国を継ぐ立場でした。

しかし、ヘクトールの運命を変えたのは、

弟の王子パリス!

パリスが、ギリシャのスパルタの王メネラオスの妃で、

絶世の美女ヘレネー

彼女を、女神アプロディテに与えられ、トロイア国に連れてきてしまったのです!!

美しい妻を奪われたメネラオス王は、メンツを潰されて激怒!

兄にあたるアルゴスのアガメムノン王と共に、大軍勢を率いて、トロイア国に攻めてきます!!

これが、ギリシャ神話の有名な、10年に及ぶ大戦争

「トロイア戦争」

なのです!

*この地図の赤い印部分が、現在も残るトロイアの遺跡。ギリシャ勢はエーゲ海を渡って、対岸のトロイアに攻め込みました!

この「トロイア戦争」で、ギリシャ勢を迎え撃ったトロイア軍を率いたのが、

トロイア国の後継者で、トロイアで一番の勇者とうたわれた、

王子ヘクトール!

ヘクトールは、黒髪で、美しい勇者だったと伝わっていますよ!

人格的にも、トロイア国民に慕われていて、

とにかく腕の立つ武将だったので戦場では一番の働きをし、

妻アンドロマケーと子供たちを愛し、

両親にも孝養を尽くし、

弟パリスのために国が攻めてられていても、決して弟を見捨てることはしませんでした!

愛する弟パリスを時には叱り、時には励まし、自分は常に第一線で戦う・・・

どうです、容姿・人格・武勇と全てに優れた

完全無欠の英雄

でしょ?

英雄ヘクトールは、こういう、ものすごくカッコいい武将だったんです!

これに対して、トロイアを攻めてきたギリシャ軍は、

英雄アキレウスが一番の腕を持つ英雄!

でもね〜

このアキレウスって、わがままだし、短気だし、残虐だし、

多分、現代のディズニー映画だと、絶対主人公になれないタイプ!

でも、そんな欠点だらけのアキレウスだけど、親友のパトロクロスだけは、すごく大事にしていて、

そのパトロクロスを戦場で倒してしまった王子ヘクトールを、

不倶戴天の敵!!

と思って、血眼になってヘクトールを倒しにくるんですよ!!

ん〜? ディズニー映画なら、絶対主人公がヘクトールの物語になりそうな・・・

でも、そうならないのが、ギリシャ神話の面白いところ!

最強の英雄は、何と言っても、そんな欠点だらけのアキレウスなんです!

なんでかな〜?

なんでアキレウスは、こんなにも欠点だらけの設定になってるのか?

それはきっと、人間って、欠点が多いけど、一個だけいいところがある、みたいな人間の方に惹かれるからかな?

というわけで、

最強の英雄アキレウスと対決しなくてはいけないことになったヘクトールは、

そこで自分がもう、勝てない、ということを分かってしまうんです!

一対一の勝負では、絶対腕力でアキレウスに適わないんですよ、ヘクトールは。

真の武将は、自分と相手の力量をきちんと分かっているんですね。

だから、ヘクトールは、かなわない、と、戦う前に分かっちゃう。

それで、アキレウスに、勝負が終わったら、自分の遺体を丁重に扱って、家族の元に返して欲しい、と頼むんですね。

「武士の情け」ってやつですよ。

しか〜し!アキレウスはわがままで、親友を殺された恨みに燃えてるから、

絶対嫌だ、ってこれを断っちゃう!!

ひど〜い・・・

こうして、ヘクトールはあえなくアキレウスに殺されてしまって、

アキレウスはヘクトールの遺体を丁重に扱うどころか、馬で引きずり回して痛めつけたという・・・

アキレウス、鬼か!?

というエピソードなのですが、

最後には、ヘクトールのお父さんプリアモス王の頼みを聞いて、遺体は返してあげるんですけどね。

それにしても、

完全無欠のヘクトールを敵に回す、

欠点だらけのアキレウス・・・

普通逆でしょ?

って気もしますが、あれですよ、

優等生タイプのヘクトールに比べて、

ちょっとワルなアキレウス、

人気が出るのはワルの方!

みたいな、あれじゃないですか??

だから、アキレウスは今でも人気の英雄なんですよね〜、きっと!

まあ、話を戻すと、

ギリシャ神話の英雄ヘクトールは、そういうふうに、あえない最期を遂げるわけですが、

それでも、トロイア戦争に登場する英雄の中では、とっても人気のある武将で、

だから今でもその「ヘクトール」の名前を引き継いでる人たちがいるんでしょうね!

でも、若くして亡くなっちゃうから、日本だったらそういう名前は「不吉」とか言って避けそうなものだけど、

気にしないで名前をつけちゃうあたりは、文化の違いかなあ??

*この英雄ヘクトールとアキレウスのお話は、ホメロスの『イリアス』で出てきますので、興味を持った方は、ぜひ読んでみてくださいね!

ギリシャ神話の名前を持つ人は今でも多いよ!

というわけで、

ディズニー/ピクサーの最新映画

リメンバー・ミー

の、メイン・キャラクターの名前は、

ギリシャ神話の英雄「ヘクトール」からとった「ヘクター」なんですが、

現在でもこうして、ギリシャ神話の登場人物から名前をとってる人って、実は多いんですよ!

ギリシャ神話の英雄イアーソーンは、現在の「ジェーソン」

英雄オデュッセウスの妻ペーネロペイアは、「ペネロペ」

さらには、

「ハリー・ポッター」シリーズの「ハーマイオニー」は、ギリシャ神話に登場する「ヘルミオネー」からとっています!

そう考えると、ギリシャ神話を知っていると、欧米系の名前を聞いた時に、

「ああ、この人の名前は、あれだな〜」

と分かるようになるので、面白いですよ!

興味があったらぜひ、色々調べてみてくださいね〜!

*この記事に興味を持った方は、こちらの記事もどうぞ!

ギリシャ神話由来の名前「ペネロペ」

ギリシャ神話由来の名前「ヘレン」

「ナウシカ」はギリシャ神話由来の名前

ギリシャ神話由来の名前「ジェイソン」

「ハリー・ポッター」のハーマイオニーはギリシャ神話由来の名前!

[ハリー・ポッター]シビル・トレローニー先生はギリシャ神話の巫女の名前!



-ギリシャ神話, ギリシャ関連映画, 映画
-,