日本でもギリシャ

日本にいても大好きなギリシャを楽しむために、ギリシャ旅行、ギリシャ神話、ギリシャ語、ギリシャの歴史、ギリシャの人々について紹介していきます

ギリシャの有名人 ギリシャの歌手 ギリシャの音楽

レナード・コーエンが愛したギリシャ

こんにちは、イレーネです。

世界的な歌手レナード・コーエンさんが亡くなったというニュースが伝わってきました。

日本でもファンの多かったレナードさんのご冥福をお祈りいたします。

そして、レナード・コーエンとギリシャの意外なつながりについて知ったので、

本日は題して「レナード・コーエンが愛したギリシャ」

やっぱりギリシャって、世界の文化人に愛される不思議なところなんですよね!

レナードさんもギリシャを深く愛した一人だったらしいですよ!

kelly8843496 / Pixabay

「哀しみのダンス」のギリシャ的メロディ

正直に言うと、今回のニュースを聞くまで

レナード・コーエンという歌手のことをさっぱり知らなかった私。

ええ、無知で申し訳ない。

そこで、ヒット曲が「哀しみのダンス」だということで、今回初めて聴いてみました。

そしたら・・・

あれ? なにこれ? ギリシャ音楽?

確かに、これ、ギリシャ的エッセンスにあふれている曲です。

比べて聞いてもらえばすぐわかります!

ギリシャ音楽を聴いたことがない人でも多分聴いたことがあるはずの、

最も有名なギリシャ音楽、といえば、例えば、

映画「日曜はダメよ」のテーマ

映画「その男ゾルバ」のテーマ

ほら〜!

似てますよね!?

レナード・コーエンさんって、ギリシャ系なの? と思ってwikipediaで調べてみると・・・

レナード・コーエンさんは、1934年カナダのモントリオール生まれ。ユダヤ系の家庭に生まれ育ったのだそうです。

1951年、マギル大学に入学し、詩人として活動をスタート。

数冊の詩集を発表し、詩人として高い評価を受けていたのですね。

そして、1967年には、『レナード・コーエンの唄』で、ミュージシャンとしてもデビュー。

レナード・コーエンの唄

おおっ、俳優さんみたいなイケメンですね!

このアルバムに入っている「スザンヌ」が、ヒット曲として知られているらしいです。

あれ? ボブ・ディラン?!

というか、そういう時代ですよね〜

そして

1984年に発表されたアルバム 「哀しみのダンス」 (Various Positions)

(2016年11月13日現在、日本版は売り切れの模様。訃報を聞いて買った方たちが多かったのかな?)

Various Positions

これに収録されている、「哀しみのダンス」と

「ハレルヤ」

が、最も有名な曲のようです。多くのミュージシャンにもカバーされた、伝説的な曲なのだとか。

それにしても、なんて、いい声! 一度聞いたら忘れられない曲ですね。

その他、日本の「禅」にも傾倒していたということで、日本にも関わりの深い人生を送られた方なんですね!

・・・・・あれ?

一通り見てみても、ギリシャとの関係は出てこないけど?

「哀しみのダンス」の旋律はどこから来たの?

ギリシャのイドラ島に滞在

と思ったら、

Greek Reporter の記事に、詳しいことが出ていました。

Leonard Cohen’s Love for Greece

この記事によると、

レナード・コーエンは、1960年にギリシャに家を買って、しばらく住んでいたのだそうです。

住んでいたのはイドラ島。

アテネから船でほど近い、現在だと観光クルーズの停泊地としてもよく知られている島です。

gr_hydra

この島で、コーエンは二冊の小説を書き上げ、パートナーのマリアンヌ・ジェンセンと出会ったのだそうです。

この島で買った家は当時$1500。うっそー!って驚くほどの安値! まあ今はこんなんじゃ買えないでしょうが・・・

でも当時も、3階建ての家だったそうですが、ぼろ家で電気も水道もなかったそうですよ!!

よくそんなところに住んだな・・・

でも、創作に集中するためには、この不便な島の家がうってつけだったみたいです。

1988年にレナード・コーエンがこの島を再び訪れた時の動画です。

いいな〜、こんな島で、創作活動に専念か・・・

私も宝くじに当たったら、この島に家を買いた〜い!!

でも、電気も水道もなしか・・・私だったら一月くらいで逃げ出すかも!

そんなイドラ島の暮らしをレナード・コーエンは気に入って、8〜10年くらい住んでいたんですって!

この暮らしの中で、アルバム「レナード・コーエンの唄」の着想も得て、

アーティストとしてのちに大成功することになったのですから、

イドラ島はまさに、アーティスト・レナード・コーエンを育てた島だったんですね!

そんなギリシャでの生活があったから、あの「哀しみのダンス」のメロディになったのか〜

とよーく分かりました!

*イドラ島で出会ったマリアンヌへ捧げた歌

レナード・コーエンの愛したギリシャ・イドラ島

というわけで、

先日亡くなった偉大な歌手、

レナード・コーエンはギリシャをこよなく愛し、

イドラ島を創作活動の拠点として、多くの名作を生み出す下地を作った

というお話でした。

そんな生活から、かの有名な「哀しみのダンス」という名曲が生まれたのですね!

次に「哀しみのダンス」を聞くときには、そんなレナード・コーエンとギリシャの関係を思い出してくださいね!

*この記事に興味を持った方は、こちらもどうぞ!

村上春樹さんもギリシャに住んでいくつかの名作を生み出したんですよね〜

[ギリシャ島案内]スペツェス島は村上春樹さんが最初に住んだ島!

村上春樹「遠い太鼓」はギリシャ・イタリアの滞在記!



-ギリシャの有名人, ギリシャの歌手, ギリシャの音楽
-, ,