日本にいても大好きなギリシャを楽しむために、ギリシャ旅行、ギリシャ神話、ギリシャ語、ギリシャの歴史、ギリシャの人々について紹介していきます

日本でもギリシャ

ギリシャ語 ギリシャ語会話

ギリシャ語で「私の名前は・・・」

更新日:

さてさて、ギリシャ旅行に行った時、

ちょっとでもギリシャ語を話せると楽しいですよね!

本日は、基本的なギリシャ語の表現で、

「私の名前は〜です。」

という自己紹介のフレーズを見てみましょう!

「私の名前は・・・」

ギリシャ語で、

「私の名前は〜です。」

は、

「メ・レネ〜」(Με λένε~)

と言います。

「私の名前は太郎です。」

と言いたければ

「メ・レネ・タロウ」

そして

「私の名前は花子です。」

と言いたければ、

「メ・レネ・ハナコ」

です。

簡単でしょ?

あなたの名前は?

相手の名前を聞きたいなあ、と思った時は、

「ポース・セ・レネ?」(Πώς σε λένε;)

で、

「あなたの名前はなんですか?」

という意味になります。

これも簡単!!

発音は、カタカナのままで通じるのがギリシャ語のいいところ。

このまま読めば、まず分かってもらえますから、

積極的に使っていきたいですね!

これで、基本的な自己紹介は済んだことになりますので、

より丁寧なら

「お会いできて嬉しいです。」=「カリカ」(Χάρηκα)

と付け加えておくと、いいでしょう。

suetot / Pixabay

おまけ

今日もついでに

「メ・レネ〜」

が曲のタイトルになっている、ギリシャの音楽をご紹介しましょう。

ヨルゴス・マゾナキスの歌う

「メ・レネ・ヨルゴス」(私の名前はヨルゴス)

ヨルゴス・マゾナキスは、1972年、アテネ生まれの

モダン・ライカ、ポップス・シンガーです。

モダン・ライカというのは、ギリシャの伝統的な音楽と現代のポップ・ミュージックを合わせたスタイル。

だから、聞いていると、

あのギリシャ独特の、演歌みたいなコブシの回った歌い方なんですが、

楽器は管楽器使ってたりとか、伝統的な音楽とは一線を画する音になっていますね。

電子楽器も使ったりしてますので、よりポップス・ミュージックに近いかもしれません。

日本で言ったら、演歌ポップみたいな感じでしょうか?

それにしても、このコブシ・・・

懐かしさを感じてしまいますよね〜。

絶対、日本のおばさまに人気出そうなんだが・・・

同じく、モダン・ライカの人気歌手としては、

アナ・ヴィッシさんが有名です。

アナ・ヴィッシさんの音楽も、ポップ・ミュージック風ですが、

ギリシャの伝統音楽もミックスされていて、懐かしい感じにもなっていますよね。

やはり、印象的なのは、このコブシ・・・!

日本人にはなじみ深いわ〜

コブシ回すのって、一体どこの文化圏までなのかな〜

ヨーロッパはコブシ回さないですよね、興味深いです。

どなたか、コブシについて詳しい方がいたら、ぜひ教えて欲しいです!

おしまい!

それでは、本日も脱線しまくりでしたが、

本日は「私の名前は・・・」という自己紹介についてでした!

ギリシャに行ったら、ぜひ使ってみてくださいね〜

*この記事に興味を持った方は、こちらもどうぞ!

ギリシャ語で「なんでもないよ」はなんて言うの?

ギリシャ語で「おはよう」は・・・

ギリシャ語で「お願いします」は?

ギリシャ語で「さようなら」は?

ギリシャで串焼き?!それはスブラキというものです。



-ギリシャ語, ギリシャ語会話
-, ,

Copyright© 日本でもギリシャ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.