日本にいても大好きなギリシャを楽しむために、ギリシャ旅行、ギリシャ神話、ギリシャ語、ギリシャの歴史、ギリシャの人々について紹介していきます

日本でもギリシャ

ギリシャの映画

映画「ロブスター」ギリシャ人監督ヨルゴス・ランティモス最新作、もうすぐ公開!!

投稿日:




これまでも何度かご紹介してきましたが、

ギリシャは人口1000万あまりの小国ですが、

実は、文化・芸術の面で世界的に活躍する才能を数多く生み出してきた文芸大国でもあります。

そんなギリシャで、今注目されているのが、

ギリシャの若手映画監督、ヨルゴス・ランティモス

初めて全編英語で撮った

最新作「ロブスター」

poster2

公式サイト http://www.finefilms.co.jp/lobster/

が日本でも、3月5日から上映されます!!

ギリシャの注目映画監督の、海外進出作品!

ヨルゴス・ランティモス(Γιώργος Λάνθιμος)は、

ギリシャのアテネ出身、1973年生まれの42歳。

staff_01

アテネにある「ヘレニック・シネマ・アンド・テレビジョン・スクール・スタブラコス」で、

テレビと映画の監督業について学びました。

90年代は、ダンス・カンパニーのビデオを撮ったり、コマーシャルやミュージック・ビデオを撮っていて、

2000年代に入って本格的に映画を撮り始めます。

第3作目の

「Κυνόδοντας」(英語題名:dogteeth / 日本語題名:籠の中の乙女)で、

2009年に、第62回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門でグランプリを受賞!!

さらに、

2010年には、第83回米アカデミー賞で、外国映画賞にノミネート!!

と、一躍世界の注目を集めます!

この作品は、日本でも公開され、ランティモス監督の名が知られるようになりました。

籠の中の乙女 (字幕版)

ランティモス監督、国際デビュー!

そして、日本での公開も間近の、

最新作の「ロブスター」は、

初の全編英語作品で、アイルランドで撮影したという、

ランティモス監督の国際デビュー作!!

ランティモス監督自身が脚本も手がけるその内容は、

独身者は、45日以内にパートナーを見つけなければ、

動物に姿を変えられてしまう、という近未来のお話。

なにやら、ギリシャ神話?みたいな摩訶不思議な世界が展開されます。

出演陣も超豪華!!

で、

主演にはアイルランド出身の国際スター

コリン・ファレル!!

cast_01

イギリスの美しき実力派女優、

レイチェル・ワイズ!!

cast_02

そして、

フランスを代表する女優に成長しつつある、

パルムドール受賞者

レア・セドゥ!!

cast_03

と、よくぞこれだけのメンバーがそろった・・・

と感動すらする顔ぶれです。

この3人、私も好きな俳優さんたちばかりで、これは是非見なくては!!

これだけのすごい俳優さんたちが出てくれたということは、それだけランティモス監督の手腕を信頼してくれているのでしょう。

この作品は大変に評価も高く、

第68回カンヌ国際映画祭審査員賞を受賞しています!

ランティモス監督の才能は、すでに国際的に広く認められていると言えますね!

42歳と映画監督してはまだ若く、これからが本領発揮の時ですので、

ランティモス監督が世界の映画界を席巻する日も近いかも?!

「ロブスター」、3月5日から順次公開!!

そんな注目作、「ロブスター」は、

3月5日から、

新宿シネマカリテ

ヒューマントラストシネマ渋谷

での公開を皮切りに、全国で上映予定!!

この映画に興味が出た方は、ぜひ劇場でご覧になってくださいね!

あ、ちなみに、「ロブスター」は、主人公のデイヴィッドが45日以内にパートナーを見つけられないと、ロブスターに変えられてしまうらしいです。

なんでロブスターなんだろ?は映画を見ればわかるのかな?

私も見るのが楽しみです!

 

にほんブログ村 旅行ブログ ギリシャ旅行へにほんブログ村 外国語ブログ ギリシャ語へ



-ギリシャの映画
-

Copyright© 日本でもギリシャ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.