日本にいても大好きなギリシャを楽しむために、ギリシャ旅行、ギリシャ神話、ギリシャ語、ギリシャの歴史、ギリシャの人々について紹介していきます

日本でもギリシャ

ギリシャの文化人 ギリシャの映画

ギリシャ系映画監督 エリア・カザン

投稿日:




ギリシャの古代の栄光はさておいて・・・

現在のギリシャは人口たかだか一千万ちょっとの小国ですが、

*過去記事  ギリシャの人口

近年でも文化・芸術の分野で、世界に名をとどろかす人たちを何人も輩出していて、

やっぱり古代からの文化の力かな〜

と感心するところでもあります。

そんなギリシャの文化人の中で、名前を忘れてはいけないのがこの人

エリア・カザン

190px-Elia_Kazan_NYWTS

 

 

 

 

 

 

220px-Kazan-interviews

 

 

 

 

 

 

 

舞台演出家としてアメリカで成功し、

多くの名優を育てた「アクターズ・スタジオ」創設者の一人です。

日本の人たちにとっては、何と言っても

ヴィヴィアン・リーで有名な

欲望という名の電車

や、

ジェームス・ディーンをスターダムにのし上げた

エデンの東

と言った、

映画史に今も燦然と輝く名作映画の監督

として名前を知られていることでしょう。

そんなふうに、演劇・映画の分野で世界的な活躍を見せたエリア・カザンですが、

本名は

エリアス・カザンジョグル(Ηλίας Καζαντζόγλου)

1909年、イスタンブールのギリシャ人の両親の元に生まれました。

実はイスタンブールはもともとはコンスタンティノープルですから、

古来よりギリシャ人たちが住んでいた土地でもあります。

オスマン帝国の支配下でもずっと父祖伝来の地に住んでいたのですが・・・

ギリシャが1830年に独立、さらには第1次大戦でのオスマン帝国の敗北・分裂に乗じ、もともとギリシャ人の居住地域であった小アジアの奪還を目指し、トルコ側と戦争状態になります。

この紛争の時期にイスタンブールに住みづらくなり、

エリアス少年が4歳の時に、両親に連れられてアメリカに移住したそうです。

エリアス少年は優秀だったようで、のちにイエール大学に進学。

そこで演劇を学び、はじめは俳優としてキャリアをスタート。

のちには演出家・映画監督として世界的な成功を手にすることになります。

ギリシャ移民としてアメリカに渡り、ハリウッドで大成功を納めたエリア・カザン。

最初は移民として慣れない土地で苦労もしたでしょうに、そんな逆境をはね返して才能を開花させたのですねえ。

しかし、やっぱり、ギリシャ出身でこれだけ世界的な芸術家になるって、

人口の確率から考えれば奇跡に近いと思うんだけど・・・

でも、

そんな人たちが結構いる

ってところに、やっぱりギリシャの底力を感じずにはいられませんねえ〜

やっぱり神の力に守られた国かも?!



-ギリシャの文化人, ギリシャの映画
-, ,

Copyright© 日本でもギリシャ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.