日本にいても大好きなギリシャを楽しむために、ギリシャ旅行、ギリシャ神話、ギリシャ語、ギリシャの歴史、ギリシャの人々について紹介していきます

日本でもギリシャ

ギリシャにまつわるマンガ

「ゴールデンカムイ」最新15巻発売だよ〜!

投稿日:

どうも! イレーネです!

あ、あれ? もう発売になってたの??

いつも新刊情報には目を光らせてきたのになあ〜

いつの間にか

ゴールデンカムイ

最新第15巻発売ですよ!!!

北海道が地震で大変な今こそ、マンガでも応援したい!!

みんな読もう!!

『ゴールデンカムイ』第15巻発売!!

やった〜、新刊を待ち望んでいましたよ!

大好きなマンガ

ゴールデンカムイ

最新第15巻発売!!!

最新15巻の表紙は、まさかのなんと、

月島軍曹!!

完全にサブキャラだと

二階堂並みの、やられ担当キャラだと、勝手に思ってました!

ごめんなさい!!

本編でも、まさかの「月島ストーリー」が展開していて、意外なところを突かれたなあ〜

「ゴールデンカムイ」はいつもながら、先の展開が読めない!!

だから面白いんだよね!

『ゴールデンカムイ』第15巻はDVD付きもあるよ!

そして、今回発売になった

ゴールデンカムイ

最新第15巻発売!!!

今回は特別版として、

オリジナルアニメを収録したDVDを同梱したバージョンも合わせて発売です!

この同梱アニメDVDは、特別版として

「茨戸の用心棒」

そして

「怪奇! 謎の巨大鳥」

が収録されているそうです。

どっちもマンガ版では面白かったエピソード!!

でも確かに、本筋からちょっとそれちゃうので、アニメ版本編からはカットされちゃったのかな?

そういうわけで、マンガに特別版としてセット販売されましたよ〜!

皆さんはどっちを買う?

ファンならどっちも買いたいなあ〜悩むわ!

『ゴールデンカムイ』第15巻の見どころは?

さあ、それでは、待ちに待った

ゴールデンカムイ

最新第15巻!!!

その見どころを、ちょっとだけ、ご紹介!

大胆なネタバレはしないつもりですが、でも、新鮮な状態で新刊を読みたい方は、読まないでね〜!!

舞台は樺太!!

では、今回の最新刊の一番の見どころは、

「不死身の杉元」たちが、アシリパさんたちを追ってやってきた

樺太!!

おお〜、ついに、北海道からさらに北上して、樺太まで行きましたよ!!

樺太、って皆さん知ってますか?

自分は実は、歴史の授業でちょっとやったくらいで、ほとんど知識がない!!

という私とおんなじ人たちのために、ちょっとご紹介!

樺太とは何か?!

樺太というのは、北海道の北にある、大きな島ですよね、ここまでは皆さんご存知だと思います!

この樺太は、もとは日本領だった、というのは、歴史でも習った通り。

もともとは、このマンガにも出てくる

「樺太アイヌ」

の方々が住んでいた土地だったようですね。

しかし、明治時代になると、ロシアと日本が樺太の領有を巡って争うことになります。

そして、1875年(明治8年)に締結された樺太・千島交換条約締結によって、樺太はロシア領になります。

それを日露戦争では、日本が再び樺太を取り戻します。

そして、日露戦争終了時の1905年(明治38年)には、ポーツマス条約締結が締結されて、

南半分は日本領となります。これがいわゆる

「南樺太」

しかし、太平洋戦争末期の1945年(昭和20年)8月、ソ連は中立条約を一方的に破棄して南樺太へ侵攻(樺太の戦い)。

以降、ソ連〜ロシアが南樺太・千島列島を実効支配し、これが現在まで長引く

日本とロシアの間の

「北方領土問題」

となっていなるのです。

・・・と歴史で習っても、イマイチよく分かっていなかったこの領土問題ですが、

今回杉元たちが上陸したのは、日本が支配する「南樺太」

今は存在しない、日本領の「南樺太」の時代を、このマンガで紹介してくれているんですよね〜。

だから、まだ日本領になって日が浅いから、ロシアの人たちも住んでいるし、日本人も住んでいるし、

そして当然、もともとこの樺太に住んでいた「樺太アイヌ」の人たちも出てきます。

これを読むと、

「そうか〜、樺太って、こういう時代もあったんだ〜」

と、実感することができますよ!

そして「樺太アイヌ」の人たちの悲しい運命も・・・

「北方領土問題」を身近に感じることができました!

歴史にのお勉強にもなるのが、このマンガのすごいところ!

「ウルヴァリン」=「クズリ」登場!!

そして、

この最新刊では、樺太ならではの動物も登場します!!

それは・・・

クズリ!!

え? クズリ?

知らんなあ〜・・・・

と思ったアナタ!!

その英語名を聞けば、誰もが知っているはず!!

そう、

「ウルヴァリン」(wolverine)だ!!

え〜、ウルヴァリンって、この動物「クズリ」のことだったんだあ〜・・・

知らなかった!!

でも言われてみれば、

『ウルヴァリン:SAMURAI』

の中で、日本の人たちに「クズリ」って呼ばれてたっけなあ〜。

この時は、なんで「クズリ」なのか、よくわかんないで見てたけど・・・

で、このアメコミ・キャラクター「ウルヴァリン」のモデルになったのが、

今回登場する「クズリ」っていうわけです。

この「クズリ」って、めちゃめちゃ強い!!

こんな強い動物がいたなんて、知らなかったよ〜!!

実際のクズリの姿はこんな感じ

マンガと同じく、カワイイ姿なんだけど・・・

油断したら、あっという間に殺されちゃうくらいの危険な動物!

そういう北の動物たちの、知らない姿を見せてくれるのが、このマンガのすごいところです!!

今回の「クズリ」の活躍を楽しみにしてね!!

月島軍曹とは何者か?

そして、今回の新刊第15巻で明らかにされるのは、

月島軍曹とは何者か?!

というところ。

これまでは、ちょっとイカれた鶴見中尉の部下として、

「不死身の杉元」たちと敵対するキャラとして登場してきていたけど、

今回で初めて、その生い立ちや、鶴見中尉との関係も明かされます!

ここまで、それほど注目してきたキャラじゃなかったけど、

ここにきて「意外と重要人物なの?」という匂いを醸し出し始めた月島軍曹!

初めて表紙も飾ったし、これからは、主要キャラに変貌するのか?

お楽しみにね!

アシリパさんと杉元は再会できるのか?

そして、最後にやっぱり気になるのは、

第14巻で離れ離れになってしまった

「不死身の杉元」とアイヌの美少女・アシリパさん

*二人が離れ離れになったいきさつについて詳しくは、第14巻を読んでね!

アシリパさんを追って樺太までやってきた杉元たちは、無事アシリパさんを見つけることができるのか?

やっぱり、杉元とアシリパさんが一緒じゃないと、イマイチ締まらないんだよね、このマンガ!

最後は、二人がまとまるエンディングだとは思うんだけど・・・どうかな?

先読みができないのがこのマンガのすごいところ!

にしても、まだまだ囚人のイレズミも集まらないし、今15巻だから、

ん〜、これ、30巻は行くな!!

というわけで、杉元とアシリパさんが、すんなり再会できるかはお楽しみ!!

「ゴールデンカムイ」16巻は12月に発売だって!

というわけで、見どころ満載の

ゴールデンカムイ

最新第15巻!!!

みなさん、ぜひ読んでね!

網走に到達したらひと段落かと思いきや、さらに樺太まで舞台は広がって、どんどんスケールアップ!

このマンガ、どこまで行くの?

次の16巻を読むのが楽しみ!

続刊の16巻は、2018年12月19日(水)に発売だそうです!

読むのが待ちきれないな〜!



-ギリシャにまつわるマンガ,
-,

Copyright© 日本でもギリシャ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.