日本にいても大好きなギリシャを楽しむために、ギリシャ旅行、ギリシャ神話、ギリシャ語、ギリシャの歴史、ギリシャの人々について紹介していきます

日本でもギリシャ

ギリシャにまつわるマンガ

マンガ「ヘウレーカ」天才数学者アルキメデスが登場!

更新日:

こんにちは、イレーネです。

本日は、またまたマンガのご紹介!

岩明均作

「ヘウレーカ」

です!

このマンガには、ギリシャ植民市シュラクサイの天才数学者

アルキメデスが登場するんですよ〜

アルキメデスとは誰か?

アルキメデスは日本でもみなさん一度は学校で習ったことがある、

歴史に名を残す天才数学者ですよね!

アルキメデスは、紀元前287年にシチリアのギリシャ植民市・シュラクサイに生まれました。

ですので、民族的にはギリシャ人になります。


(ドメニコ・フェティの描いたアルキメデス)

アルキメデスは、古代の学者らしいというか、一つの分野にはとらわれない、幅広い学識を有していた人です。

有名な数学だけではなく、物理学、天文学、そして発明家としても優れ、数々の画期的な兵器を作り出したということです。

まるで、アリストテレスか、レオナルド・ダ・ヴィンチみたいなマルチぶり!

人類史に名を残す天才の一人だったことは間違いない!

Verbera / Pixabay

「ヘウレーカ」というタイトルの意味

アルキメデスの功績は、なんといっても、みなさんご存知の

「アルキメデスの原理」

これは伝説によれば、アルキメデスがお風呂に入った時に、自分の体積の分だけ水が溢れ出たのを見て、

溢れ出た水の重さと同じだけの浮力を受けている、という原理を発見した!と伝わっています。

この時にアルキメデス先生は、喜びのあまり

「ヘウレーカ」(εὕρηκα)

と叫んで、裸のままお風呂から飛び出てしまったとか。

この「ヘウレーカ」(εὕρηκα)は、動詞「ヘウリスコー」(εὑρίσκω)の完了形ですので、

「発見した!」という意味。

原理の発見を大喜びしたアルキメデスの様子が想像できますね。

この有名なセリフが、このマンガのタイトルになっているというわけです。

それにしても、お風呂から飛び出しちゃうなんて、天才数学者もかわいらしいところがありますよね!

Alexas_Fotos / Pixabay

作者は「ヒストリエ」の岩明均さん

そんなアルキメデスが登場するマンガを描いたのは、

同じく古代ギリシャを扱ったマンガ 

「ヒストリエ」

を描いている岩明均さん

この人、この時代がきっと好きなんでしょうね!

*マンガ「ヒストリエ」について詳しくは、こちらの過去記事をどうぞ!

マンガ「ヒストリエ」アレキサンダー大王の書記官が主人公!

岩明均さんの作品で一番よく知られているのは、映画化もされた

「寄生獣」

ですけれど、こうやって古代ギリシャ世界を多く書いている人でもあるのです。

この人の特徴として、グロい表現も多用するんですけど、戦闘のシーンが多いのでそれは仕方ないか・・・

でも、「ヒストリエ」もそうですが、古代のことをよく調べて描いてくれています!

こうやってビジュアル化してもらえると、文字で読んでるだけよりずっと想像が広がるので、とっても嬉しいですね。

「ヘウレーカ」のあらすじ

そんな岩明均さんが描くこの「ヘウレーカ」は、

時代としてはちょうど第二次ポエニ戦争の頃。

ローマはカルタゴの天才軍略家・ハンニバルの猛攻を受けて、苦しんでいる時です。

ハンニバルといえば、古代のみならず、現代でも一目置かれる天才的な戦術家ですよね!

アルプス越えなんて、本当にやったとは今でも信じられないくらいです。

そんなハンニバルがマンガの冒頭から登場してくるだけでもワクワク!!

岩明さんは「ヒストリエ」でもアレキサンダー大王を扱っていますので、古代の軍事的天才を二人とも描いていることになりますね。

*第6巻は、アレキサンダー大王が表紙

そしてこのマンガ「ヘウレーカ」の中では、ハンニバルはカンナエの戦いでローマに歴史的勝利を挙げた頃。

シュラクサイは長年ローマに従っていたのですが、この勝利を見て、ハンニバルのカルタゴに与することになります。

そして、主人公はスパルタ人のダミッポス

訳あって、今はシュラクサイに暮らしています。

そして、この街に住むローマ人の女の子、クラウディアと恋人同士。

しかし、今やシュラクサイはローマの敵・カルタゴの傘下に。

身の危険を感じたクラウディアを匿おうとして、ダミッポスは、天才数学者・アルキメデス先生の屋敷に逃げ込むことになります。

しかし、アルキメデス先生は、この時すでに、少々頭がボケている設定!

ダミッポスとクラウディアは無事にローマの手を逃れられるのか?!

そしてアルキメデス先生は、迫り来るローマの大軍に対してどうするのか?!

がこのマンガの見どころですよ!

伝説的な、アルキメデス先生が発明したという、数々の画期的兵器も登場するので、歴史が好きな方にはたまらない内容だと思います。

ただ、マンガの中では、熱光線を使って敵船を焼いたのは、主人公のダミッポスくんになっているのはご愛嬌!

本当は、アルキメデス先生がやったことになってるんですよ!

しかし、このダミッポスくん、顔が「ヒストリエ」のエウメネスとそっくりなんですけど・・・

この「ヘウレーカ」が描かれたのが、2001〜2年で、

2003年から「ヒストリエ」を描き始めていますから、ちょうど歴史シリーズの序章のようなものなのかも。

どちらの作品も面白いので、合わせておすすめです!!

日本にアルキメデス・ブーム?

実は最近、アルキメデス先生は、これ以外にも日本のマンガに登場しているのですよ。

同じく第二次ポエニ戦争を描いている

「アド・アストラ」 

で、まさしく状況は同じくシュラクサイ攻城戦の最中。

アルキメデス先生の邸宅にダミッポスという青年が訪ねてくるのですが、

これはなんと、のちにハンニバルと死闘を繰り広げるローマのスキピオ!

という大胆な設定。

でも、このマンガの作者は、明らかに「ヘウレーカ」を読んでいますね〜。

だって、ここでもアルキメデス先生は半分ボケちゃってる設定ですからね・・・

そんな風に、「ヘウレーカ」は、1巻だけで完結してしまったマンガですが、今ものちに続くマンガに影響を与えた名作なんですね!

「ヘウレーカ」で、アルキメデスを見直そう!

というわけで、

ギリシャの天才数学者アルキメデスと、シュラクサイ攻城戦を描いたマンガ

「ヘウレーカ」

面白いのでぜひ読んでみてくださいね〜

あの授業で習ったアルキメデス先生も、これを読めば好きになっちゃうかもしれませんよ?!

*この記事が気に入った方は、こちらもどうぞ!

マンガ「ヒストリエ」最新第10巻6つの注目ポイント解説!

マンガ「プリニウス」第5巻も面白い!古代ローマの世界に飛び立とう!

[ギリシャ神話]キマイラは火を吹く怪獣!!

マンガ「ヒストリエ」アレキサンダー大王の書記官が主人公!



-ギリシャにまつわるマンガ
-, ,

Copyright© 日本でもギリシャ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.