日本にいても大好きなギリシャを楽しむために、ギリシャ旅行、ギリシャ神話、ギリシャ語、ギリシャの歴史、ギリシャの人々について紹介していきます

日本でもギリシャ

現代ギリシャ語

ギリシャ語で「英語が話せますか?」は?

投稿日:

さてさて、日本人にも人気なギリシャ旅行!

でも・・・

貯金を貯めていざギリシャ旅行に出かけても、

やっぱり言葉がわからないと困ることも多いです。

出発前にカタコトのギリシャ語を身につけていっても、

会話になるほど話せるわけじゃないし・・・

日本語がギリシャで通じるわけないし・・・

そんな時、やっぱり最後に頼るのは、学校で習ってきた「英語」!

というわけで、今日は「英語が話せますか?」のギリシャ語をご紹介します!

ギリシャ語で「英語が話せますか?」は

なんか、わざわざ

「英語が話せますか?」とギリシャ語で言うのを覚える、

っていうのも、遠回りな気がしますけどね・・・

でも、これをギリシャ語で言えれば・・・

相手が英語ができない人でも、英語が話せる人を連れてきてくれたり、

まあ何かの道が開けることがあるというわけですよ。

ということで、

「英語が話せますか?」は、

ギリシャ語で

「ミラテ アングリカ?」(Μιλάτε αγγλικά;)

と言います。

この「ミラテ」という言い方は丁寧な言い方ですので、まずはこれを覚えておけば、相手に嫌な印象を与えないで聞いてもらえるはずですよ!

おばあさん相手に聞いても、相手は嫌な顔をしないで対応してくれるはずです。

でも、子供に使うとナメられる可能性もあるかも?!

まあ、地方にいくと、子供は外国人が珍しくて追っかけてきますので、英語ができるかどうか聞くまでもないでしょう。

古式ゆかしいギリシャ語の外国名

さて、この「ミラテ・アングリカ?」という表現では

「アングリカ」(αγγλικά)が英語です。

そう、今でも「イギリス(イングランド)」は、「アングリア」(Αγγλία)なんです。

「アングロ=サクソン人」って教科書で習った、あれです。

こんなふうにギリシャ語って面白くて、昔の言葉をそのまま使っていたりするのです。

ちなみに、

フランス語は「ガリカ」(γαλλικά)

そう、「ガリア人の言葉」という意味。

今でもフランスは「ガリア」(Γαλλία)なんです。

カエサルの「ガリア戦記」の世界〜!!

そして、

ドイツ語は「ゲルマニカ」(γερμανικά)

そう、「ゲルマン人の言葉」!!

ドイツは「ゲルマニア」(Γερμανία)なんです!!

タキトゥスの「ゲルマニア」だわ・・・

ここらへん、さすが、長〜い歴史を持つギリシャ語だけのことはあります。

ドイツ人たちも、未だに「ゲルマン人」って呼ばれていることについて、どう思ってるんだろう?

ギリシャではどの程度英語が通じるのか?

ま、それはさておき、

「英語が話せますか?」と聞いたところで、

どれくらいギリシャ人は英語が話せるんだろう?

っていう問題ですが、これは確実に

「日本人より話せます」

とお答えしておきましょう。

まあ、日本を訪れた外国人観光客の多くが、「日本人が英語を話せなくて困る」と言うくらいですから、比較対象がレベルが低いかもしれませんが・・・

ギリシャの英語教育はわりとしっかりしてて、若い人たちは流暢な英語を話す人が多いです。

これはギリシャ人もさすがに、「世界でギリシャ語を話す人は少ない」と自覚しているので、子供にも英語教育を!と熱心な家庭が多いんですよね。

ですので、田舎でギリシャ語しか話せないおばあさんに会っても、

「ミラテ・アングリカ?」と言うと、英語が話せる孫を連れてきてくれたりしてくれますよ!

また、観光産業に従事しているギリシャの人たちは、まず英語が話せますよ。

私はギリシャの小さな島々を旅行して、小さな安ホテルに入っても、

英語が通じなかったためしは一度もありません。

また、ギリシャの主産業の一つ、海運業では、海外まで船で行き来している人たちも多いですから、

やっぱりそういう人たちは英語ができないと話にならないわけで、

彼らは引退してギリシャに戻ってきても、英語はよくできるので、観光業の手伝いをしてたりしています。

移民大国・ギリシャの国際感覚

それと、ギリシャで英語教育が熱心な理由としては、

ギリシャには大学が少ないので、海外の大学に行く人も多いからなんです。

また、ギリシャは独立以来ずっと経済が大変だったので、

海外に活路を求めて移住していった人たちも多く、

今でも世界中にギリシャ移民たちが点在しています。

オーストラリアにはギリシャ移民がすご〜く多くて、

ギリシャ人の人口の多い都市は、第1位はもちろん首都・アテネ。

しかしその次に多いのは、オーストラリアのメルボルン!!だったりします。

ひえ〜びっくり!

だから日本の人で、ギリシャ文化に興味はあるけど、ギリシャは遠いし・・・

とためらってる人がいたら、

オーストラリア旅行のついでに、メルボルンのギリシャ人街を訪れてみるといいですよ!

何をかくそう、私イレーネも行ったことがありますが、

美味しいギリシャ料理レストランで、ギリシャ料理を堪能してきました!

そういうわけで、ギリシャの人の海外志向は強く、

ギリシャ国内にも、「オーストラリアで働いていた」という人が結構いたりしますので、

英語はかなり通じると思います。

これは旅行者にはありがたいですよね〜

まとめ:英語は覚えておこうね!

というわけで、

ギリシャを旅行するときには、

「ミラテ・アングリカ?」というフレーズを知っていると、助かることも多い、

というお話ですが、

それでも、片言でも英語ができない!!

という人には、まあ気の毒ですがどうにもできないので、

英語もカタコトくらいはできるようになっておいたほうがいいと思いますよ〜

それでもできない!というときは・・・

こういう奥の手もあります、念のため!!

 

にほんブログ村 旅行ブログ ギリシャ旅行へにほんブログ村 外国語ブログ ギリシャ語へ



-現代ギリシャ語
-, ,

Copyright© 日本でもギリシャ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.