日本にいても大好きなギリシャを楽しむために、ギリシャ旅行、ギリシャ神話、ギリシャ語、ギリシャの歴史、ギリシャの人々について紹介していきます

日本でもギリシャ




ギリシャ旅行

ギリシャでは船旅がオススメ!

更新日:

こんにちは、イレーネです!

今日はギリシャ旅行についてお話しします。

ギリシャに夏に旅行するなら、

何と言っても、船で島を訪れる旅をオススメします!

ギリシャはエーゲ海などの島々から構成されている海洋国家!

その姿を体験するには、やっぱり船旅がサイコー!

ということで、本日は船旅のススメ!

ギリシャは海洋国家!

さて、ギリシャを旅するなら一度は体験して頂きたいのが

船旅!

なぜかというと、

ギリシャはエーゲ海などに3000もの島があるという、

島々からできている海洋国家なのです!

今は小さな島にも飛行場が整備されていますが、

その島々全てを飛行機で網羅できる訳はないので、

それに、まだまだ飛行場のない島も多いので、

島への交通は、なんといっても船です!

ですので、船に乗れば、飛行機では行けない小さな島を訪ねてみることもできるんですよ!

ギリシャの船の旅

さて、それでは、

ギリシャを船で旅しよう!

と思い立ったら、

首都アテネの近郊の港湾都市・ピレウスに行けば、あらゆる島に向けて船便が出ています!

その港でずらりと並ぶフェリーや高速艇を見ているだけでも、旅行気分が高揚しますので、港のチケット売り場でふらりと行き先を決めて乗ってみるのも贅沢な旅行かも!

ただ、あらかじめ行きたい島がある場合は、島によってはピレウス港ではなくラフィーナ港から出ているところもあるので、

日本から旅行に行くなら、旅行代理店などを通じてチケットを購入しておくのが便利。

もしくは、行き先が決まってたら、船会社のホームページから直接予約もできますよ!

それか、現地に着いてから信頼できる旅行代理店でチケットを取ってもらうのもいいですが、短期間の旅行だと時間が貴重だと思うので、スケジュール次第ですね。

船旅といっても、船の種類も色々あるので、行き先とスケジュールとによって、船を選んでいきましょう!

高速艇の旅

ギリシャ旅行に行っても、船に乗ってる時間がない!

っていう忙しい方も、高速艇だったらそれほど時間がかからずに目的地に到達できますよ!

例えば、エーゲ海の一大観光地・ミコノス島なら、

片道3時間ほど!

ちょっと忙しいけど、日帰りも可能です。

アテネ市内にホテルを取ったまま、身軽に訪ねてみることも可能!

もちろん、飛行機だと40分ほどで行ける距離ですが・・・

少しだけギリシャの海の上で、ひたすらエーゲ海の色を見つめる時間を取ってもみるのも、いい旅行の思い出になると思いますよ!

ただ、高速艇は風に弱いので、欠航になったり、遅延になってしまうときもあります。

そして、夏のハイシーズン以外には、島々への便は減ってしまうので注意が必要です!

フェリーの旅

さて、次は私の好きな

フェリーの旅!

フェリーは大きい分、多少のことでは欠航しません。

しかし、高速艇より時間がかかる分、料金が控えめなので、地元のギリシャ人もたくさん利用していますよ。

そういう地元の人たちと同じ船に揺られて行くのが、自分としてはオススメ!

旅行ならではの体験をすることができます!

クレタ島に行くなら、飛行機だと1時間足らずでひとっ飛びですが、

フェリーで一晩かけて、船の上で月を眺めながら旅していくのは、旅行の一番の思い出になりますよ!

私も個人的に、フェリーの上からみた海の上の月を、今でもよく思い出します!

しかも、クレタ島へはフェリーで約9時間ほどかかるし、途中で停泊する便だともっとかかるので、

ホテルに一泊する代わりに、フェリーで一晩過ごす、っていうのも、コスト削減になりますよ!

フェリーだと、チケットの種類で

キャビンかデッキ

を選べます。

キャビンは個室でベッドが付いています。ホテルの一室みたいな感じ。

ですので、ホテル代わりにゆっくりしたかったら、キャビンを取って、一晩ぐっすり寝たら、翌朝目的地に着いている!

クレタ島みたいに一晩かかるのところに行くなら、やっぱり高くてもキャビンをとった方が楽ですね。

デッキの方を選ぶと椅子のみで、飛行機の座席みたいな、大型の椅子がずらずら〜と置かれているだけです。

でも、デッキでも、結構眠れるものです。まあ、飛行機で移動中も、ずっと椅子で寝てるわけですから、それと同じだと思えばいいですね。

ただ、隣ににぎやかなギリシャ人家族が陣取ると、なかなか眠れないかも?!というリスクはありますが・・・それもギリシャならでは体験ですから、楽しんでしまいましょう!

それと、デッキというと外をイメージするかもしれませんが、ちゃんと屋根付きの室内に入っているのでご安心を。

で、肝心のお値段は、

もちろんキャビンが高く、デッキは安い。

お財布と相談して、どちらを取るか決めてくださいね。

船旅の注意点!

さて、こんな風に、ギリシャの船の旅はいろんな楽しみがありますが、

それを決めるとき大事なのは、

どれくらい船酔いに耐えられるか?

というのもあります。

高速艇は船体が小さいので、揺れるときは結構揺れます。

船旅に慣れてない方には、辛い時もあるかも・・・?

これに比べればフェリーは大きい分安定していますが、フェリーも揺れるときは揺れますよ。

しかも長時間かかるので、これも船酔いしやすい人には辛いこともあるかもしれません。

そんなとき、横になっているといくらか楽なので、そういう意味でもキャビンを選択するのもありだと思います。

しかしまあ基本的に、船酔いしやすい人は飛行機が無難かな・・・

が、やっぱり海の状況には左右されます。

そして、

船の旅はやっぱり時間がかかります!

もともとフェリーは高速艇に比べて時間はかかりますし、

基本的に船は波の状況によって遅れや欠航もでる可能性があります。

それを考えれば、時間は多めに見た方がいいでしょう。

キツキツのスケジュールを組んでいると、思わぬ遅延で冷や汗をかくことになるかも?!

それでもエーゲ海をゆっくり進んでいくフェリーの旅には、飛行機には代えられない楽しさがありますので、日程・予算・そして船酔いを考慮しながら、上手に利用してみてくださいね!

ぜひ一度、ギリシャの船旅を楽しんでみてね!

というわけで本日は、

ギリシャに夏に旅行するなら、

船で島々を訪れる船旅のオススメ

をご紹介しました!

小さな島同士を結ぶ便も、フェリーや高速艇などの交通が発達してますので、飛行機よりもいろんなところへ行けます。

夏のバカンスが長くとれるヨーロッパの人たちは、そういうふうに船を使って「アイランド・ホッピング」の旅をよくしているみたいです。

残念ながら時間がすごくかかるので、短い夏休みしか取れ無い日本人にはなかなかできない旅行なんですけどね〜

ちなみに、こんなふうに船の便がたくさん出るのは、夏限定です。

エーゲ海は、冬は海が荒れるので、船便も減ってしまいます。

観光客も減るので、ホテルもお店も閉めてしまうところも多いので、やはりエーゲ海を旅するなら夏!!

お気に入りの島を探して、船に乗り込んでくださいね〜!

*この記事に興味を持った方は、こちらの記事も合わせてどうぞ!

夏のギリシャ旅行に気をつけたい3つのポイント!

ギリシャ旅行、冬休みに行く場合の3つのポイント!

ギリシャの宗教

ギリシャについて、日本人が実は知らない3つのこと









-ギリシャ旅行
-, , ,

Copyright© 日本でもギリシャ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.