日本にいても大好きなギリシャを楽しむために、ギリシャ旅行、ギリシャ神話、ギリシャ語、ギリシャの歴史、ギリシャの人々について紹介していきます

日本でもギリシャ

ギリシャの政治

ギリシャ総選挙、チプラス首相が勝利宣言

投稿日:




昨日行われたギリシャ総選挙の結果が発表され、

チプラス首相率いるシリザ(Syriza)が最多の票を獲得し、第1党の地位を維持しました。

ギリシャ総選挙、チプラス前首相率いる与党が勝利

ギリシャで20日、総選挙の投票が実施された。開票率約30%時点の同国内務省公式推計によると、与党・急進左派連合(SYRIZA)が最多の得票率35.5%で、勝利を確実にした。予想獲得議席数は145と、1月の前回総選挙で得た149から微減にとどまる。

 SYRIZAを率いるチプラス前首相は「4年間闘う明確な信任を得た」と支持者を前に勝利宣言した。新政権の枠組みを巡っては、右派の小政党「独立ギリシャ人」との連立を維持する考えを示したが、同党以外の政党と新たに協議する可能性については言及しなかった。

・・・・・・

SYRIZAは前回総選挙で債務返済に必要な緊縮策の拒否を公約し、初めて政権に就いた。しかし、その後、欧州連合(EU)からの金融支援と引き換えに公約を撤回。緊縮策を受け入れた経緯がある。交渉を主導したチプラス氏が「国民に信を問う」ため、議会の解散と総選挙のやり直しを決断した。

96958A9E93819499E0E29AE19F8DE0E2E2EBE0E2E3E7E2E2E2E2E2E2-DSXMZO9198141021092015000001-PB1-4

う〜ん、

選挙前には接戦になるとの報道もありましたけど、

フタを開けてみれば Syriza は総選挙前とほとんど変わらない信任を国民から得たことになりますね。

はてさて、これが吉と出るか凶と出るか・・・

しかし、↑の記事にも書いてありますけど、

チプラス首相は「EUの緊縮策にオーヒ(No)!!」と訴えて政権についたわけです。

しかし結局、EUの支援を得るために緊縮策を飲んだ形になったので、

まあ言ってたことと違うことやったわけです。

そりゃ当然、国民から「話が違う」と怒られてもおかしくないんですが・・・

国民は再び彼に信任を与えました。

う〜ん、こうなるともはや

彼の政策を支持しているのではなく、チプラス首相そのものを支持しているのかも?!

恐るべきカリスマ?!

まあ、国民も、「緊縮策NO!」と言いながらドカーンと華々しく登場して、

結局何もしないで今回の選挙で消えていったら、

一体なんだったんだ、アイツ

となりそうなので、まあ成果が出るまで試してやろうか、

というところなのかもしれません。

しかし、このチプラス首相の人気ぶりは、日本から見ているとよく分からない・・・

余談ですけど、google で「チプラス」と入力して検索をかけようとすると、

自動で表示される検索候補が

チプラス バカ

チプラス 無能

と出てきましたよ!!

日本で嫌われてるな〜、チプラス首相・・・

思うに、借金はきっちり返す国民性の日本人から見ると、

チプラス首相は「借金を踏み倒そうとしている悪い奴」に映るのかもしれません。

貸したものは耳を揃えて返してもらおうか

というわけですね。

しかしギリシャから見てみれば

金がない自分のとこから、さらに金を取ろうとするなんて、ヒドい奴

という論理なのかもしれませんよ。

そう考えると、それを大声で言ってくれるチプラス首相は、「白馬の王子様」クラスのステキ具合なのかもしれません。

これも国民性の違いですかね・・・

よく分かりませんが・・・

にほんブログ村 旅行ブログ ギリシャ旅行へにほんブログ村 外国語ブログ ギリシャ語へ



-ギリシャの政治
-, , ,

Copyright© 日本でもギリシャ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.