ギリシャの食べ物 ギリシャ関連のおいしいもの

「DRYADES(ドリュアデス)」の「薪のトリュフ」もおいしかった!

ギリシャ神話の木の精の名前を持つチョコレートショップ

DRYADES(ドリュアデス)

またネット通販でお取り寄せした話の続きです!

今回お取り寄せしたのは、

ガトーショコラ(抹茶)

と一緒に、送料を浮かせたくて合わせて注文した

薪のトリュフ(ミルク)

それと

薪のトリュフ(きな粉)

の二つ。

年に一度のバレンタインということで、ついついサイフの紐がゆるんでしまいました!

プレゼントにするまえに自分で味見・・・

と言いながら、もちろんチョコ好きの自分へのごほうびですよ!

これも、特にきな粉は衝撃的なおいしさだったので、ご紹介します!

「DRYADES(ドリュアデス)」の「薪のトリュフ」も合わせてお取り寄せ!

ということで、

ギリシャ神話の木の精の名前を持つチョコレートショップ

DRYADES(ドリュアデス)

*このお店についての詳しい紹介は、こちらの記事を合わせてどうぞ!

>>「DRYADES(ドリュアデス)」はギリシャ神話由来の名前のチョコレートショップ!

今年も年に一度のチョコレート祭り・バレンタインが近づいてきましたので、

人にプレゼントしてあげる前に、まずは自分で食べて味を確かめてみないとね!

と言い訳をしながら自分にごほうびで再びオーダー。

5000円以上だと送料無料になるので、

ガトーショコラ(抹茶)

*このガトーショコラ(抹茶)についての詳しいレビューはこちらの記事をあわせてどうぞ!

>>「DRYADES(ドリュアデス)」のガトーショコラ(抹茶)をお取り寄せで食べてみた!

を注文したのと合わせて、

これもお店の看板商品の一つ

薪のトリュフ(ミルク)

それと

薪のトリュフ(きな粉)

も注文してみました!

それぞれ ¥1,080(税込)です。

これも普段自分用にはなかなか買わない価格帯ですが、

プレゼント用のトリュフ、しかもチョコレート専門店のものとしては、割とリーズナブルな方だと思います。

そんなわけで、ガトーショコラ(抹茶)と一緒にこちらも二箱、我が家にやってきました!

このパッケージも、森のイメージですごくおしゃれなんですよね〜。

どことなく、「和」のイメージも感じさせるし、ゴテゴテしてないシンプルな装飾で、すごく好きです。

この箱を開けるとめくるめくチョコレートの世界が!

こちらは、トリュフとしてはめずらしい、「きな粉」をまぶした

薪のトリュフ(きな粉)

そして、こちらは、

スタンダードな

薪のトリュフ(ミルク)

どちらも、不思議と和菓子のような佇まいを見せています。

竹製のピックも付いているし。

なんか、食べずにしばらく眺めているだけでも満足なのですが、

続いて、さっそく実食です!

>>森の恵みが香る 人気チョコレートショップ【 DRYADES(ドリュアデス)】オンラインストア

「DRYADES(ドリュアデス)」の「薪のトリュフ」を、さっそく実食!

さて、それでは、

こうして我が家に届いた

ギリシャ神話の木の精の名前を持つチョコレートショップ

DRYADES(ドリュアデス)

のトリュフたち、さっそくいただいてみます!

チョコレート専門店としては、こういったトリュフチョコレートは腕の見せ所だと思うので、食べる前から期待が高まりますね。

薪のトリュフ(きな粉)

まずは珍しい

薪のトリュフ(きな粉)

の方から。

通常のチョコレート店のトリュフは丸い形が多いですが、

このお店 DRYADES(ドリュアデス)では、コンセプトが「木」なので、

こういった「薪」をイメージした形に仕上げているのだそうです。

この形できな粉がまぶしてあると、

見た目は完全に「きな粉棒」

created by Rinker
鈴ノ屋
¥1,080 (2022/10/03 16:35:14時点 Amazon調べ-詳細)

しかしチョコレートだからね。

実際に食べてみると・・・

外側にまぶしてあるきな粉と、中のミルクチョコレートの合わせ技は、正直「うまい・・・」としばし固まるおいしさでした。

チョコレートときな粉って、こんなに合うんだ〜・・・

しかも、本家の「きな粉棒」のように甘さがすごいわけではなく、

程よい甘さでなめらか、後味はスーッとさっぱりしています。

しかも、トリュフチョコレートの周りは薄いチョコでコーティングされていて、食べるとちょっとだけパリパリという食感も楽しめます。

おおげさかもしれないけど、こんなおいしいチョコレートトリュフ初めて食べた。

これはプレゼントしても、珍しいし美味しいし、喜んでもらえそう!

そして、この「薪」の形ですが、丸型よりも食べやすいですよ。

ピックを刺すのも丸より刺しやすいし。

薪のトリュフ(ミルク)

そして次には、もっとスタンダードなミルクチョコレートの

薪のトリュフ(ミルク)

こちらには、表面にカカオパウダーがまぶしてあって、標準的なトリュフに近いビジュアルです。

しかし、形はこちらも「薪」の形で、珍しいですね。

ピックが刺さりやすいのもありがたい。

一口食べてみると、

「ミルク」ですが、全然甘すぎることはなくて、

程よくチョコレートの苦味もあって、後味もすっと口の中で消えていきます。

本当にいいチョコレートって、口の中でベタベタしないんだなあ・・・

この 薪のトリュフ(ミルク)の場合、

ミルクチョコとブラックチョコを半分ずつ使用しているということなので、

普通のミルクチョコよりも苦味も効いて、さっぱりした仕上がりになってるんですね。

これも、しばし興奮してしまうくらいのおいしさ。

そこらのお店で普段食べているようなトリュフチョコとは全然違いますよね。

これも、買ってよかった・・・としみじみ実感できたチョコレートでした!

>>森の恵みが香る 人気チョコレートショップ【 DRYADES(ドリュアデス)】オンラインストア

「DRYADES(ドリュアデス)」の「薪のトリュフ」も、食べてみてね!

ということで、

ギリシャ神話の木の精の名前を持つチョコレートショップ

DRYADES(ドリュアデス)

またネット通販でお取り寄せしたのですが、

ガトーショコラ(抹茶)

に合わせて、送料を浮かせたくて合わせて注文した

薪のトリュフ(ミルク)

それと

薪のトリュフ(きな粉)

を食べてみた感想でした!

年に一度のバレンタイン、チョコレート好きの血が騒ぐお祭りですので、

プレゼントにするまえに自分で味見・・・

と言いながら、自分へのごほうびとしてがっつりいただきました!

これも、きな粉もミルクもそれぞれ、しばし興奮で固まる美味しさでしたので、自分への良いプレゼントになりました!

これは人にプレゼントしても絶対喜んでもらえそうなので、

これから何度もお世話になることになりそうです。

デパートに入ってるようなチョコレート屋さんより、価格帯も控えめなのもポイント。

しかも「このお店の名前はギリシャ神話の〜・・・」とウンチクを語って渡せるのも密かに嬉しい。

よかったらぜひ一度、このウンチクを語ってプレゼントしてみてくださいね!

>>森の恵みが香る 人気チョコレートショップ【 DRYADES(ドリュアデス)】オンラインストア

*このお店についての詳しい紹介は、こちらの記事を合わせてどうぞ!

>>「DRYADES(ドリュアデス)」はギリシャ神話由来の名前のチョコレートショップ!



-ギリシャの食べ物, ギリシャ関連のおいしいもの
-, , ,