日本にいても大好きなギリシャを楽しむために、ギリシャ旅行、ギリシャ神話、ギリシャ語、ギリシャの歴史、ギリシャの人々について紹介していきます

日本でもギリシャ

ギリシャの映画 映画

「女王陛下のお気に入り」主演女優賞とったよ!

投稿日:




Pexels / Pixabay

どうも!イレーネです!

注目のギリシャ人映画監督

ヨルゴス・ランティモス監督の最新作

女王陛下のお気に入り

ゴールデングローブ賞で、主演女優のオリヴィア・コールマンが

主演女優賞を獲得しましたよ!

おめでとうございます!

『女王陛下のお気に入り』主演女優賞!

ということで、おめでたいニュースです!

ギリシャから登場した、世界が注目する新進映画監督

ヨルゴス・ランティモス監督

最近は、撮る映画撮る映画、全部有名映画賞にノミネートされる活躍ぶりですが、

その最新作

女王陛下のお気に入り

主演女優のオリヴィア・コールマンが、主演女優賞を獲得しましたよ!

おめでとうございます!

この映画で、

オリヴィア・コールマンは

18世紀初頭の実在のイングランド女王である

アン女王

を演じました。

なんと、17人も!子供を亡くしたという孤独な女王を、

独特のユーモア感を漂わせた絶妙な演技で演じ、

見事女優賞を獲得!!

早く日本でも彼女の名演技を観たいですね!!

ヴェネツィア国際映画祭で銀獅子賞の話題作!

というわけで、

このギリシャが生んだ鬼才

ヨルゴス・ランティモス監督

その最新作

女王陛下のお気に入り

今回の主演女優賞獲得の前にも、

すでに

ヴェネツィア国際映画祭で銀獅子賞を獲得した話題作!

ギリシャのヨルゴス・ランティモス監督新作ヴェネツィアで銀獅子賞!

とにかく評価が高い映画なんです。

今回のゴールデングローブ賞でも、

コメディ・ミュージカル作品賞にノミネートされていましたが、惜しくも受賞はならず!

それでも、これだけの大きな賞で、

ギリシャ人監督の作品がノミネートされるだけでも、すごいことです!

これ、日本だったら大騒ぎですよ!

それだけ、ランティモス監督の才能は注目されているんですね〜。

「女王陛下のお気に入り」あらすじ

さて、では、その注目の映画

女王陛下のお気に入り

一体、どんな映画なんでしょう?

ここで、簡単にあらすじをご紹介!

18世紀イングランドの王室を舞台に、女王と彼女に仕える2人の女性の入り乱れる愛憎を描いた人間ドラマ。2018年・第75回ベネチア国際映画祭コンペティション部門で審査員グランプリを受賞し、女王アンを演じたオリビア・コールマンも女優賞を受賞した。18世紀初頭、フランスとの戦争下にあるイングランド。女王アンの幼なじみレディ・サラは、病身で気まぐれな女王を動かし絶大な権力を握っていた。そんな中、没落した貴族の娘でサラの従妹にあたるアビゲイルが宮廷に現れ、サラの働きかけもあり、アン女王の侍女として仕えることになる。サラはアビゲイルを支配下に置くが、一方でアビゲイルは再び貴族の地位に返り咲く機会を狙っていた。戦争をめぐる政治的駆け引きが繰り広げられる中、女王のお気に入りになることでチャンスをつかもうとするアビゲイルだったが……。出演はコールマンのほか、「ラ・ラ・ランド」のエマ・ストーン、「ナイロビの蜂」のレイチェル・ワイズ、「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のニコラス・ホルトほか。

映画.com より)

ということで、

ランティモス監督初めての時代物ですね!

ランティモス監督は、これまでの作品では鋭い社会風刺をきかせたものが多くて、

どこか寓話みたいな、ありそうでどこにもない話を作り出して、

強烈に独特な世界観をもつ作品を送り出してきました!

その監督が、初めての時代劇!!

どんな作品なのか、ワクワクです。

ランティモス監督作品は、ハリウッドとかの大資本に比べると

いつも笑っちゃうほど低予算で映画を作っているのが画面からよく分かるのですが、

毎回毎回、「え?この人が出るの?」っていう、大物俳優たちがぞろぞろ出演しています。

今回も、

アン王女には、主演女優賞を獲得した

オリヴィア・コールマン

レディ・サラには、再びランティモス監督作品に登場する

レイチェル・ワイズ

そして、今やハリウッドで一番人気の

エマ・ストーン!!

という超豪華な顔ぶれ!!

絶対、ギャラもハリウッド大作に比べると安いのにね、

こうやって有名俳優さんたちがこぞって出てくれるのは、

それだけランティモス監督の手腕を信じてるからだと思います!!

まだランティモス監督作品を観たことがない方は、

ぜひこの機械にどうぞ!

『籠の中の乙女』 (2009年) カンヌ国際映画祭「ある視点」部門グランプリを受賞!

『ロブスター』 (2015年) 第68回カンヌ国際映画祭審査員賞受賞

『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』 (2017年) カンヌ国際映画祭 脚本賞

どの作品も輝かしい受賞歴を誇る、映画通からの評価も高い作品ばかり!

とにかくランティモス監督のすごいところは、

どの映画を観ても

「こんな映画、これまで観たことがない!」

と圧倒されるものばかり!

話の運びも上手で、

一体これはどうなるんだろう? どうなっちゃうんだろう?

と、あっという間にこの映画の世界観に引き込まれてしまいます!

これが才能っていうもんなんだろうな・・・

なんて、しみじみ思っちゃいますよ!

ん?説明が分かりづらい?

と思ったら、まずは一度、観てみてください!

そうすると、私の言っていることが分かっていただけるかも!

百聞は一見に如かず!

の映画ばかりなんですよ〜

今回の新作も、きっとまた、すごい世界が待ってると思いますよ〜

公開まで、ワクワク・・・

日本公開は2月15日から!

というわけで本日は、

注目のギリシャ人映画監督

ヨルゴス・ランティモス監督の最新作

女王陛下のお気に入り

ゴールデングローブ賞で、主演女優のオリヴィア・コールマンが

主演女優賞を獲得しましたよ!

という、おめでたいニュースでした!

こうなると、日本での公開が待ち遠しいですね!

日本での公開は、来月の

2019年2月15日(金)から!

早く話題の新作がみたいですね!

来月が待ち遠しいです!



-ギリシャの映画, 映画
-,

Copyright© 日本でもギリシャ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.