日本にいても大好きなギリシャを楽しむために、ギリシャ旅行、ギリシャ神話、ギリシャ語、ギリシャの歴史、ギリシャの人々について紹介していきます

日本でもギリシャ

ギリシャ神話 ギリシャ神話が題材の映画 ハリー・ポッターとギリシャ神話 映画

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』IMAXで観たよ!見るべきポイント5つ解説!

更新日:




Sebastian96 / Pixabay

どうも〜イレーネです!

現在大ヒット公開中の「ハリポタ」スピンオフ第2作

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生

観てきましたよ〜!

しかも、希望通り

IMAX 

の大画面で観ることができて、大満足!

やっぱり、巨大画面の大迫力で観ると違う!

魔法の世界をたっぷりと楽しんできました!

この映画、ぜひ多くの皆さんに楽しんでほしい!

ということで、本日は、この映画を観るべきポイント5つを解説していきますよ〜

「ファンタビ」続編IMAXで鑑賞!

ということで、観てきました!

今でも根強い人気を誇る「ハリポタ」シリーズの、スピンオフ映画第2作

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生

公開3週目になって、上映回数も減ってきていたのですが、

希望通り、

IMAX 2D 

で観ることができましたよ!

自分は映画館を選ぶとき

「IMAX の大画面なら、3Dじゃなくてもいいかも?」

って思ってたんだけど、

実際に IMAX 2D で観てみたら、やっぱり十分のど迫力!!

これぐらいの大画面で見ると、自然と自分の目が立体的に捉えてくれるから、

3D向けに加工してなくても、普段の視覚に近い感じで奥行きを持って見ることができました!

感想として正直なところ、

やっぱり、大画面はいいなあ〜!

IMAX は画面比も正方形に近い縦長なので、劇場でも天井に届くくらいの画面が広がって、

映画の画面とシアターの壁面の切れ目を意識することなく、

映画の画面だけに意識を集中することができるんですよね〜

一度この大画面の醍醐味を味わってしまうと・・・

通常の画面には戻れないかも?!

いや、まあ、通常の画面で十分な、低予算系良作映画もたくさんあるんですけど、

この「ファンタビ」みたいな、巨額予算を投じて視覚効果も凝りに凝ってる映画なら、

大画面で隅々までその作り込まれた世界を楽しみたいですよね!

だからやっぱり、この映画を見るなら、IMAX などの大画面がオススメです!!

映画館でしか体験できない超大画面を、ぜひ楽しんでね〜

*どうせ見るなら、IMAX がいいなあ〜という話の詳しいところは、こちらの記事も合わせてどうぞ!

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』観るならIMAX?

 

ポイント1:1920年代のロンドン・パリの街並みにタイムトリップ!

さて、それでは、この映画

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生

映画館で、しかも大画面のIMAXで観てよかったなあ〜

と思うところをポイントでまとめてご紹介していきますね!

まず、これは絶対観てほしい!!

と思ったのが、広大なセットを作って撮影したという、

1920年代のロンドン、そしてパリの街角のシーン!!

前作はニューヨークが舞台でしたが、

この続編では、ニュートは本来の拠点であるロンドンに戻っていて、

そして、ティナを探しにパリにも行く!

という設定になってるんです。

石畳の街をニュートたちが駆け巡る、ってすごい絵になるんですよね〜。

しかも!パリにはもう、エッフェル塔ができてる〜!

え? 1920年代にエッフェル塔ってもうあったの?

と思ったら、なんと、エッフェル塔って1889年に完成してるんだって!

えええ〜19世紀にできてたんだ!

って、意外な発見もあって、楽しいですよ!

そして、ロンドンもパリも、やっぱり街並みがステキ〜

今でも旅行すれば、石畳の風景は残ってるけど、

1920年代のロンドン、パリにタイムトリップできるのは、映画ならではですよね!

しかも、IMAX の大画面だと、街の風景がほとんど縮小されずに視界に入ってくる感じ。

だから自分も、その街並みにいるような気分になるので、これはホント、なかなかに楽しい体験ですよ〜!

ポイント2:今回も魔法動物を大画面で堪能!

そして、この「ファンタビ」シリーズで見逃せないのは、

もちろん、タイトルにもなっている

「魔法動物」(ファンタスティック・ビースト)!!

前作でもいろんな動物たちが登場しましたが、

キラキラしたものが大好きなニフラー

は大人気になりましたよね!

そんなニフラーに、赤ちゃんが?!

今回登場するのは、小さくてカワイイ

ベイビー・ニフラーたち!

もう〜、彼らだけで1本映画作って欲しい!

このニフラーたちが画面を走り回ってるだけど、思わずほっこり!

そして、大画面に映える大型魔法動物も登場しましたよ!

中国の魔法動物・ズーウー

そして、水の中泳ぐ、

竜みたいなケルピー

も登場します!

彼らみたいな大型動物を、小さい画面で見るのは勿体無いですよね〜

大きな画面のIMAXで観てよかった!

彼らの大きさを実感することができます!

そして、日本を代表する魔法動物(?)っていうか妖怪

カッパ

も登場しまーす!

日本の不思議な生き物も登場してくれて、嬉しい!!

でもねえ〜・・・

思い描いてた河童の姿と違うんだけどな・・・

どんな姿かは、劇場でご確認ください!

え? これ?!

って、一瞬、目を疑うかもよ!?

ポイント3:ホグワーツに戻ってきた!!

そして、この新作での見逃せないポイントとしては、

魔法学校ホグワーツが戻ってきた!

ということ!

「ハリポタ」シリーズではいつでも物語の舞台だったホグワーツ

こうして、映画館の大画面に戻ってきてくれて、嬉しいなあ〜

ホグワーツの全景をIMAXの大画面で見ると、

そそり立つような迫力のある姿で、感動さえしましたよ!

やっぱり、テレビ画面とかで観てると、サイズ感が小さくなっちゃうからね〜。

実際はこれくらい、迫力があったんだろうな〜

って、「実際は」って、実在してたワケじゃないけどね!

そして、この映画は1920年代の設定だから、ハリーたちがやってくる、ずっと前のホグワーツ。

だから当然

ダンブルドア先生、若い!

これがね〜

ジュード・ロウで、想像以上にカッコいいよ!

でも、ヒゲを生やして教えていると、この人がやがて歳をとったらああなるのか〜

って納得もしちゃったり。

こうして、若くてイケメンのダンブルドア先生に会えるなんて、幸せ!

みんな大好きなダンブルドア先生を演じるのにプレッシャーもあったと思いますが、

見事にダンブルドア先生になりきっていました!お見事!

そして、これもホグワーツで人気の先生

マクゴナガル先生も登場したよ!!

出番が少なくてがっかりだったんだけど・・・

マクゴナガル先生も、若い姿で、かわいかったです!

ぜひ、その姿も目撃してね!

ポイント4:魔法の戦いも健在!

そして、「ハリポタ」シリーズといえば、

魔法使い同士の激しい戦い

も見どころの一つですよね!

あの、杖の先からイナズマみたいなのがでるやつ。

今回の新作でも健在でしたよ!

やっぱりアレがないと、シリーズが締まらない!?

今作では、ついに登場の

「黒い魔法使い」グリンデルバルト

彼の手強さがよくわかるんですが、

ん〜、ジョニー・デップって、本当に上手い!!

黙って立ってるだけでも、すごく恐い!!

画面に登場してくると、自然に観ているこっちが緊張する!

あ、殺さないでください、みたいな。

「ハリポタ」シリーズのヴォルデモートは、ちょっとコスプレっていうか、

特殊メイクで作られたキャラでもありましたけど、

ジョニー・デップはほぼまんま素顔で出てきて、それですごく迫力があって恐い!!

やっぱりね、悪役がいい俳優さんだと、映画がしまりますよね!

対決シーンにはドキドキさせられっぱなしでしたよ!

そして、オリジナル・シリーズから何度も名前は登場していたけれど、

ご本人が登場するのは今回が初めての

伝説の錬金術師 ニコラス・フラメル

これがまた、カワイイおじいちゃんなんだけれど、

長生きしすぎて、色々大変なことも・・・

でも、さすが長生きだけあって、戦いになると強い・・・カモよ?

*あのニコラス・フラメルの登場に、世界中でびっくりリアクション!

ぜひ本編でその活躍を観てくださいね〜

「ハリポタ」名物の魔法のイナビカリでの対決シーン

これを劇場の大画面で目撃できれば、これまたテレビにはできない映像体験になりますよ〜!

ポイント5:英雄テセウスも登場!

さて、そしてこれまた今回の新作映画で初登場!

となったのが、

主人公ニュート・スキャマンダーのお兄さん

テセウス・スキャマンダー!

なんと、

ギリシャ神話の英雄テセウス

の名前を持つ魔法使い!

「闇祓い」の一員として、危険な任務に当たる英雄の役ですので、神話の英雄の名前がぴったりですね!

このテセウスを演じるのは、カラム・ターナーというイギリスの新進俳優。

画面に映ると、確かに、エディ・レッドメインと、ちょっと感じが似ているんですよ〜

これを見ると、似ている人をキャスティングしたのね! と思う!

でも!

でもね〜・・・

実年齢はエディ・レッドメインが8歳も年上なのに弟の役

って聞いてはいたけど・・・

さすがにIMAXの大画面だと、バレるよ!

肌の質感が違うよ〜

お兄さんのテセウスの方が、お肌がツルツルで、どう見たって若いよ!!

高画質時代の映画ですから、数年前の映画なら違和感なかったかもしれないけど、

今の技術では実年齢が画面に出ちゃう!!

俳優さんたちには厳しい時代になりましたわね!

ということで、映画館の大画面でよ〜く分かる、お肌の質感もチェックしてね!

あ、というか、英雄テセウスの戦いの方もチェックしてね!!

*キャストが揃ったコミコンでのインタビュー。笑う姿とかも、ちょっと似てる?!

そして、このお兄さんのテセウスとニュートは、

リタ・レストレンジを挟んで、3角関係みたいなんだけど・・・

リタ・レストレンジ、美しかったです!

ゾーイー・クラヴィッツ、クラシックな衣装も完璧に着こなして、妖艶でした!

これは、兄弟で取り合いになっちゃうかも?!

って、納得の美しさ!

でも、一体、テセウスとニュートの間に、何があったんでしょうね〜??

3人の様子とか、視線のやりとりとかに、そのヒントが隠されているような気がしますので、

劇場で見るときには、くまなくチェックしておいて欲しいです!

あえて言おう、不満なポイント**ネタバレあり**

・・・と、主人公ニュートの三角関係についても、まだ分からないことだらけなんですが・・・

ここで最後に、

あえて不満だったポイント

も書いておきますね!!

ネタバレも含んでしまうので、まだ本編を見ていなくて、

出来るだけ新鮮な状態で映画を見たい!!

という方は以下は読まないでね!

***ネタバレあり***

***ネタバレあり***

***ネタバレあり***

***ネタバレあり***

***ネタバレあり***

前作のスピンオフ第1作は、新しいキャラクターの紹介や、魔法動物の紹介などもあって、

色々楽しいシーンも多くて、しかもおよそ二時間の映画としてきちんとまとまっていたと思うんですけど・・・

今回の第2作になって、いきなり

話が謎ばかり

になってしまった印象・・・

「え〜? どうしてそうなっちゃうの?」

「なんでそうなの?」

って、ちゃんと説明されない出来事が続いて、

見ているこちらはちょっと置いてけぼりだぞ!!

このスピンオフ「ファンタビ」シリーズはまだまだ続く予定らしいので、

そのための伏線をずっと張ってるみたいな出来事が続くんですよね〜・・・

だから、次の3作目か、あるいはスピンオフ・シリーズの最終話では、全部の伏線が回収されていくのかもしれませんけど・・・

少なくともこの第2作の状況では、まだまだ伏線ばっかりで、

各キャラクターの行動とかも、「どうしてそうなるの?」

の連続でしたわよ!

ダンブルドアが自分の代わりにニュートに戦わせるところとか、

リタ・レストレンジが最後に捨て身で戦うところとか、

それを防げないテセウスとか・・・

なんでなの?!!

しかも極め付けは!!

仲のいい姉妹なはずなのに、

クイニーを止めなかったティナとか・・・

止めなさいよ!

捨て身で止めなさいよ!

って思うんだけど、なんだか知らないけどそうなっちゃってるから〜!!

第1作に比べて、見ている方としてはヒジョーに!!!

ストレスのたまる作品だったなあ〜・・・

だから映画1本分としては、何も完結していない

要するに

続編ありき

で、全ては、続編見てくださいね!! ってスタイルなの。

まあ、これ、シリーズものの映画だと、よくあるパターンだからね〜

仕方ないといえば仕方ないけど・・・

こないだのアベンジャーズ インフィニティ・ウォーなんて、そのパターンの代表でした!

え〜?どうしてこうなっちゃうの?これでいいの?

って思うけど、「詳しくは続編で!」ってことですね!

*そこらへんの、アベンジャーズ インフィニティ・ウォーへの不満について詳しくは、こちらの記事をどうぞ!

『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』って面白い?

だから要するにね〜

コマーシャルでよくある

「詳しくはウェブで!」

ってパターンと一緒ですわ!

「詳しくは続編で!」

って、結局続編見ないと何もはっきりしないというね!

もうしゃーないわ! 続編見るわ!!

ってリアクションを期待してるのね??そうなのね?

でもどうせ、続編は言われなくても見るけど、

ちょっと1本の映画としては、内容が薄いように感じた2作目でした。

「ハリポタ」映画は、それぞれ1冊の本を映画にしていっていたから、

どっちかというと内容てんこ盛り!で、原作のあれ、カットしちゃったんだ〜って残念に思うことが多かったんだけど、

それに比べると、この「ファンタビ」2作目は、内容が薄い・・・?

って気がしてならなかった・・・

クライマックスの、グリンデルバルドの集会への導入部分も、なんだか薄かったわ〜・・・

というか、みんな知ってるから、全然秘密の集会じゃないしね!

これだけ事前にやることが分かってるなら、なんとかしなさいよ!

闇祓いがそんだけ揃ってるなら、なんとかしなさいよ!

って気持ちも、正直、あるわ〜・・・

ちょっとクライマックスに向けて安易だな〜・・・

まあ、「ハリポタ」スピンオフシリーズということで、

どうしても見る側の期待値が大きくなっちゃってるから、そういうふうに思うだけだとは分かってるんですけどね!!

今続いているシリーズ映画の大作って、

「スター・ウォーズ」シリーズ

この「ハリポタ」シリーズ

って言うくらい、世界的規模の大作映画になってるから、

その分期待値はすごいのですよ〜!

できれば「ロード・オブ・ザ・リング」くらいまでレベルを引き上げてくれれば、もっとサイコー!!

今、テレビシリーズでも『ゲーム・オブ・スローンズ』みたいな壮大なファンタジーができる時代なので、

あえて映画館で封切りのシリーズを作るなら、それ以上の物を見せてね!!

って、これは、ファンとして、期待を込めて! お願いします!

*『ゲーム・オブ・スローンズ』は本当にすごい!壮大なファンタジー!テレビシリーズの力を見せつけてくれますよね〜次のファイナル・シーズンが待ち遠しい!!

『ゲーム・オブ・スローンズ』第7章公開だ!これからどうなる?!

あえて言おう!「ハリポタ」の復習は必至!

そして、最後にこれだけは言わせてもらおう!

「ハリポタ」シリーズ、全部読んで、映画も全部見た私が断言する!

最後の映画公開(2011年)から7年も経っている!

忘れてるよ!

誰が誰だか忘れてるよ!

「ハリポタ」で出てきた名前が今回も登場しますが、すでに忘れてきている〜・・・

錬金術師ニコラス・フラメル

って、どこで出てきたっけ?

「レストレンジ家」って、あのベラトリックスも?

「ナギニ」って蛇、出てきたよね〜?何したっけ?

さらには、そもそも

グリンデルバルドってどんな人だったっけ?!!

などなど、この7年間を、それなりに雑事に紛れて小忙しく過ごしてきた人たちには、

記憶からすっかり抜け落ちてきていること、間違いない!!

これから、「ファンタビ」シリーズの続編も、登場人物が増えていくことは間違いないし、

その世界観を全体として楽しむためには、

「ハリポタ」シリーズの復習は必至ですぞ!

だって、忘れてるもーん

と言うことで、各種映像配信サービスなどで、シリーズの復習に勤しむことにしました。

今なら各動画配信サービスで、「ハリポタ」シリーズを配信中!

Amazonプライムでも、課金制でシリーズ全作見れますよ〜

他の動画サービスでも配信中ですよ!

Hulu

でも配信中! (2018年12月16日現在。最新情報はウェブサイトでご確認ください)



そして、

U-NEXT でも、配信中です!会員はポイント視聴。(2018年12月16日現在。最新情報はウェブサイトでご確認ください)

ハリー・ポッターを観るなら<U-NEXT>


どちらの動画配信サービスでも、無料お試しがあるから、とりあえず無料で入会して、続けるかどうか考えてみては?

しかし、レンタル屋さんに借りに行かなくても自宅ですぐ見れるなんて、便利な時代になったよね!

自分もこの冬は、ハリポタの復習に励みまーす!

続編を見るしかない!

というわけで本日は、

大人気「ハリポタ」シリーズのスピンオフ第2作

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生

IMAX 2D 

で観てきましたよ〜!

という話題でした!

ま、色々思うところはあったけど、

すごーい!見てよかった〜!!

と思うところと、

う〜ん、ここはどうなの?

と思うところと、複雑な部分もあるんだけど、

今これだけの規模のファンタジー映画ってなかなか無いから、

ギリシャ神話にも通じる魔法や英雄の世界を大画面で楽しむことができて、

それはもちろん、他では得られない体験だったので、すごく楽しかったです!!

公開からすでに、しばらく経ちましたので、いつまで上映が続くか分からないから、

気になっている方は、劇場で上映しているうちに、ぜひ観に行ってくださいね!

劇場の大画面で見るのは、自宅のテレビで見るのは全然違いますよ〜!

魔法の世界を大画面で、ぜひどうぞ!

最新のVFXの底力も、見逃せないですぞ〜!!



-ギリシャ神話, ギリシャ神話が題材の映画, ハリー・ポッターとギリシャ神話, 映画
-, , ,

Copyright© 日本でもギリシャ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.