日本でもギリシャ

日本にいても大好きなギリシャを楽しむために、ギリシャ旅行、ギリシャ神話、ギリシャ語、ギリシャの歴史、ギリシャの人々について紹介していきます

ギリシャ神話が題材の映画 ギリシャ関連映画 古代ギリシャ語 日本語の中のギリシャ語

『パイレーツ・オブ・カリビアン』の「パイレーツ」もギリシャ語ですよ〜!

2017/06/21

こんにちは! イレーネです。

もうすぐ、7月1日から公開の

『パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊』!!

今から楽しみなのですが、それにちなんで、

この『パイレーツ・オブ・カリビアン』の

「パイレーツ」(海賊)も、

もともとはギリシャ語だって、知ってました?

「パイレーツ」(海賊)はギリシャ語です!

世界的大ヒット・シリーズ、

『パイレーツ・オブ・カリビアン』

ジョニー・デップが演じる海賊、ジャック・スパロウがあまりにも有名で、

これまでも見たことがない人はほとんどいないんじゃないでしょうか?

このヒット・シリーズの最新第5作がもうすぐ公開!!

『パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊』

本日は、この、

『パイレーツ・オブ・カリビアン』の「パイレーツ」は何か、

ってことなんですが、

「パイレーツ」(海賊)はもちろん、英語の pirates のことです。

そして、この英語の  pirate の語源は、

ギリシャ語の 「ペイラオー」(πειράω) という言葉(動詞)で、

日本語訳すると、「試みる」って意味です!

「(良からぬことを)試みる」ってことで、

さらには

「ペイラテース」(πειρατής) と名詞になると、「海賊」と言う意味で使われたんですね!

この「ペイラテース」が、英語の「パイレーツ」 pirates の元の言葉なわけですが、

言われてみれば、似てるでしょ?

そんなわけで、今や日本語でも

「パイレーツ」は「海賊」って意味って、

映画シリーズ『パイレーツ・オブ・カリビアン』のおかげで有名ですが、

こうやって遠い日本でも、元はギリシャ語の言葉が普通に使われているのは、なんだか不思議な話ですね!!

最新作のギリシャ神話的世界!!

さて、そんな、

もともとはギリシャ語の言葉「パイレーツ」(海賊)がタイトルになっているこの映画!

実は最新第5作はこれまで以上に、ギリシャ的!

ここでもう一度、予告編をご覧ください!

この予告編の中で出てくる「ポセイドンの槍」ってのがなんなのか、は昨日の記事で書いた通りですが

*詳しくはこちらの過去記事をご覧ください!

『パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊』の「ポセイドンの槍」って一体なに?

そう、ギリシャ神話の海の神・ポセイドンの持っている

「三つ又の矛(ほこ)」

のことなんですね〜

一般的に、ポセイドンの持っている「三つ又の矛(ほこ)」はこんなヤツと考えられています。

*こんな手に持ってるヤツ

lqiuz / Pixabay

だから、「ポセイドンの槍」って言われると、

フツーは日本人だったら、こんなのを思い浮かべちゃうと思うんですが

ちょっと違いますよ!

まあそんな「ポセイドンの槍」を、ジャック・スパロウたちが追い求めるのが

もうすぐ公開の、最新第5作

『パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊』

のメイン・ストーリーになるわけですので、

なんだかすっかり、ギリシャ神話の世界?! みたいな「パイレーツ・オブ・カリビアン」

今から見るのが楽しみです!

ギリシャ神話の「ポセイドンの三つ又の矛(ほこ)」

さて、そんな『パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊』に出てくる

「ポセイドンの槍」こと「ポセイドンの三つ又の矛(ほこ)」ですが、

ここでギリシャ神話の小話を一つ。

海の神・ポセイドンと、知恵と戦いの女神・アテナは、

アテナイ市の支配権をめぐって争いとなりました。

その時、より良いものを送った方がアテナイ市を支配することになり、

アテナ女神はオリーブの木を与えましたが、

海の神・ポセイドンが大地を「三つ又の矛」で打つと、塩水の泉が湧きました。

当然ながら、アテナイ市民はオリーブの木の方がありがたいので、アテナ女神に支配権を与えたそうな。

この神話から分かることは・・・

「塩水の泉」なんて、いらないよね!!

飲み水にも、農作にも使えない!!

そんなものをアテナイ市民に送るなんて、ポセイドン神はアホなのかしら?!

と言う残念な事実でした。

「三つ又の矛」って、見た目は立派だけど、大した働きはしないわな〜!!

オリーブの方が絶対いいよ!

食べても美味しいし、オイルも食べてもよし、肌に塗ってもいい!

ああ、ありがたい。

やっぱりアテナ女神って、頭いいよね〜

オリーブ、サイコー!

「ポセイドンの槍」=「ポセイドンの三つ又の矛(ほこ)」なんて、海賊たちにしかありがたがられないよ!

stevepb / Pixabay

*ギリシャ神話の神・ポセイドンについて詳しくは、こちらの記事をご覧ください!

[ギリシャ神話]ポセイドンは海の神!!

「ポセイドンの槍」をぜひ、見てね!

というわけで、本日は

大人気映画シリーズ

「パイレーツ・オブ・カリビアン」のタイトル

「パイレーツ」(海賊)は、もともとはギリシャ語だったんですよ!

というお話でした。

いよいよ7月1日から日本でも公開が始まります、この

『パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊』!!

ぜひ「ポセイドンの槍」って一体どんなものなのか? 劇場で確認してくださいね!

しかし、この作品がラストになる、って話もありますが、

それはもったいない気もするなあ〜

まだまだジョニー・デップも、体動くし! 全然若い!

こうなったら、ジョニー・デップ、俳優を続けられる限りこのジャック・スパロウを演じ続けて欲しい!

そして、今のキース・リチャーズくらいになっても続けたらいいじゃないか!

というか、今回でCG処理で若返ることができることが分かったんだから、

ぜひ、また新しいシリーズ最新作も作って欲しいですね!

*この記事に興味を持った方は、こちらもどうぞ!

『パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊』の「ポセイドンの槍」って一体なに?

[ギリシャ神話]「プロメテウスの火」って一体何なの?

[ギリシャ神話]「パンドラの箱」って一体な〜に?



-ギリシャ神話が題材の映画, ギリシャ関連映画, 古代ギリシャ語, 日本語の中のギリシャ語
-, ,