日本でもギリシャ

日本にいても大好きなギリシャを楽しむために、ギリシャ旅行、ギリシャ神話、ギリシャ語、ギリシャの歴史、ギリシャの人々について紹介していきます

ギリシャのスポーツ ギリシャの有名人

キリオスがジョコビッチを撃破!新しい時代の到来だ!

どうも! イレーネです。

ギリシャ系オーストラリア人テニス・プレーヤー

ニック・キリオスがなんとなんと!

ノバク・ジョコビッチを撃破して、対戦2連勝!!

21歳の伸び盛りのキリオス選手、

これは新しい時代の到来だ・・・!

nike159 / Pixabay

キリオス、ジョコビッチを圧倒!!

もう、すごい・・・

ニュースを聞いて鳥肌が立ちました!

確実に新生代を担うテニス選手の一人として必ずあげられるのが、

21歳のニック・キリオス選手

でも、気持ちにムラがあって、なかなかその才能を活かしきれていない、という批判もよく聞くのですが、

爆発した時の彼はやっぱりすごい!!

ナンバーワンの座からは陥落したものの、まだまだテニスのトップ選手として君臨する

王者のノバク・ジョコビッチを、何と2戦連続で撃破してしまいましたよ!!

現在行われているBNPパリバ・オープンで、

4回戦でジョコビッチと当たったニック・キリオス選手

持ち前のサーブが爆発して、

6-4、7-6(7-3)でストレート勝ち!!!!!

ええ、ジョコビッチに対して、ストレート勝ちですよ?!

ああ〜、この若者の才能は本物だ!!

ジョコビッチがキリオスに連敗、ラケットを折る場面も BNPパリバOP

キリオスはこの日、ジョコビッチに6-4、7-6(7-3)でストレート勝ち。初対戦となった今月初めのメキシコ・オープン(Abierto Mexicano TELCEL 2017)に続き、2連勝を飾った。今季マスターズ第1戦で準々決勝進出を決めた21歳は次戦、第9シードのロジャー・フェデラー(Roger Federer、スイス)と第5シードのラファエル・ナダル(Rafael Nadal、スペイン)の勝者と激突する。

・・・・・

勝利を収めたキリオスは、「彼は素晴らしい選手であり、プロフェッショナルだ。簡単な試合には絶対ならないとわかっていた」と話した。


(記事のスクリーンショット)

ああ、すごい!!

常にその才能は高く評価されていても、その気性の激しさとか、言動ばかりあげつらわれていて、

見ていてかわいそうなところもあったキリオス選手。

でも、その才能が正しくテニスに向かえば、これだけの力を発揮するんだ!!

この、ジョコビッチを圧倒するショットを見て!!

これは本当に、今年中にマスターズ制覇もあるかもしれない!!

恐るべき21歳! 今年は本物の躍進の年だ!!

本人も自信になったんじゃないでしょうか。

インタビューの時の表情も、ぐっと大人っぽくなって、自信にあふれているみたいです。

フェデラー戦は棄権

こうして、王者ジョコビッチに対して輝かしい勝利を収めた

ニック・キリオス!!

次は、テニス界のレジェンド、フェデラーと対戦!!

・・・だったんですが、何と食中毒で、棄権となってしまいました。

残念!!!

ていうか、ジョコビッチ戦で燃え尽きて、体調崩しちゃったんじゃないかな?

それくらい、簡単には勝てない相手ですもんねえ。

次は、体調を整えて、ぜひ優勝して欲しいです!!

キリオスが体調不良に、フェデラーとの準々決勝を棄権 BNPパリバOP

テニス、BNPパリバ・オープン(BNP Paribas Open 2017)に出場していた大会第15シードのニック・キリオス(Nick Kyrgios、オーストラリア)が17日、食中毒とみられる突然の体調不良により、ロジャー・フェデラー(Roger Federer、スイス)との準々決勝を棄権した。

 キリオスは自身のツイッター(Twitter)で、「不運にも、具合が悪くて今日のプレーは不可能になった。現時点では食中毒のせいだと思う。それ以上ではないことを祈っている」と投稿し、棄権の理由を明らかにした。

調子が良かっただけに、本人も残念でしょうね。

twitterのメッセージも無念そう。

でも、今回また改めて、その高い能力を示したキリオス。

気がはやいかもしれないけど、今年中にマスターズ優勝もあるかも?!

がんばれ、キリオス選手!!

キリオス選手はギリシャ系!

そんな21歳の期待の星、

ニック・キリオス選手ですが、

ギリシャ語表記では Νίκος Κύργιος

お父さんはギリシャ人、お母さんはマレーシア人、

本人はオーストラリアのキャンベラ生まれ、というギリシャ系のテニス選手です。

テニスの世界では、ギリシャ系も、アジア系も少ないですから、

これからどこまで活躍するのか、とても楽しみな選手です!

現在、世界ランクは、16位!!

21歳で16位ですからね・・・ 今年中にトップ10入りも夢じゃない!

とにかく、そのテニスの才能は誰もが認めるところ。

でも、気性が激しくて、プレーもムラがあるので、批判も多くて彼に対する風当たりは強いです。

一度悪いイメージがつくと、それをくつがえすのはなかなか難しいですからね・・・

[全豪オープン]ギリシャ系キリオス選手二回戦敗退!

ニック・キリオス選手は本当に「悪童」なのか?

そんなふうに、批判にさらされるのも、注目選手ゆえ、ということもあります。

昨年は日本の楽天オープンでも優勝しましたしね!

今年の活躍は、本当に楽しみ!

[楽天オープン]キリオスが初優勝!!ギリシャ系として快挙!

とにかく、この若い世代では、トップの実力と言って過言ではないですよね〜

錦織選手のライバルに?!

そうなってくると、今年中にグランドスラム優勝を期待されている日本の錦織選手が気になる・・・

上の世代のビッグ4はまだまだ強くて、いつも大変な試合となっています。

グランドスラム優勝がなかなかできないのも、上の世代が頑張っているからだよね〜。

そうやって、上と戦っている間に、なんと今度は、下の世代がぐんぐん伸びてきちゃった!!

21歳のキリオス選手も、あと2〜3年すれば、テニス選手として脂の乗ってくるころ・・・

今まではキリオス選手に負け無しの錦織選手ですが、

今年に入ってキリオス選手がジョコビッチも二回続けて撃破してきてることを考えると、

これからは楽な試合はないぞ〜ってところですね。

そして今回のBNPパリバ・オープンでは、錦織選手も優勝を期待されていましたが、

なんと、格下の24歳に敗れてしまいました〜!!

錦織は18位ソックのスピン攻略できず、悔い残るベスト8 [インディアンウェルズ/男子テニス]

マスターズ初優勝を狙う第4シードの錦織圭(日清食品)は第17シードのジャック・ソック(アメリカ)に足をすくわれ、3-6 6-2 2-6で敗退。なお、先に行われる予定だった第9シードのロジャー・フェデラー(スイス)と第15シードのニック・キリオス(オーストラリア)の試合は、キリオスが食あたりによる体調不良で棄権した。

残念無念・・・

でも、ミスショットも多かった、と本人が言っているので、調子悪かったのかな?

また次の試合で、調子を万全にして臨んでほしいですね!!

今年のテニスは面白いぞ〜〜!!

というわけで、

ギリシャ系のテニス・プレーヤー

ニック・キリオス選手が、王者ジョコビッチに対して2連続で金星を挙げ、

新世代の旗手としての実力を見せつけました!!

日本期待の錦織選手は、残念ながら格下に足元をすくわれてしまいましたが、

今年のテニスは新世代が育ってきて、上位世代に陰りが見え始めたので、

群雄割拠の先の展開が読めない時代に入ってきた感じ!!

その中で、キリオス選手はどこまで戦えるのか?!

そして錦織選手はついにグランドスラムを手にする日が来るのか?!

目が離せない面白い時代になってきました〜!!!!

みなさん、今年のテニスは、注目ですぞ!

そして、日本の錦織選手と並んで、

ギリシャ系であり、アジア系でもあるニック・キリオス選手も、ぜひ応援してくださいね!

今年は、キリオス選手、爆発するぞ〜〜!!

*この記事に興味を持った方は、こちらもどうぞ!

[全豪オープン]ギリシャ系キリオス選手二回戦敗退!

[全豪オープン]キリオス選手ギリシャ系として初制覇を狙う!



-ギリシャのスポーツ, ギリシャの有名人
-,