日本にいても大好きなギリシャを楽しむために、ギリシャ旅行、ギリシャ神話、ギリシャ語、ギリシャの歴史、ギリシャの人々について紹介していきます

日本でもギリシャ

オリンピック ギリシャのスポーツ ギリシャの歴史

[古代オリンピック]古代の選手入場は、1泊2日の長旅だった!

更新日:

現在でも大人気のスポーツの祭典

オリンピック!!

これだけエンターテイメントが充実してる現代でも、

オリンピックが始まると、テレビにかじりついて観戦している人も多いのではないでしょうか。

そんな、誰もが夢中になってしまうオリンピック、

古代でも大人気だった一大エンターテイメントでした。

古代オリンピックの選手の入場行進は、なんと1泊2日の長旅で、

選手たちはオリンピックの晴れ舞台にやってきたということですよ!

全長58キロの入場行進

現在行われているオリンピックの選手入場は、

開会式の最中に収まるからそれほど長くはないんですけれどもね

でも、古代の入場行進はそんなもんじゃあ、なかったんです!!

なんと全長58キロの距離を、1泊2日かけて行進したのです!

選手たちのための練習施設のあったエリス市から、

会場となるオリンピアのゼウスの聖域まで、

ピルゴスを通過して延々歩いて行ったそうです。

この行進には、選手だけじゃなくて、審判団や運営役員、選手のコーチたちなど、

オリンピア祭に参加する一団が、ぞろぞろと歩いて行ったそうですので、

見物人には見応えがあったことでしょうね!

入場行進という名の大移動の理由

そう聞くと、

一体どうして、そんなに長い距離をぞろぞろ行進して行ったのか?

という疑問がわくと思うのですが、

古代オリンピック(オリンピア祭)を開催していたオリンピアのゼウスの聖域は、

4年に一度のこの時だけに使われる聖域で、

全ギリシャから集まった選手たちは、一度エリス市に集まって、

そこでトレーニングをしたり、出場手続きをしたりして準備していたのだそうです。

ですから、いざ大会が始まる、という時には、

みんなでオリンピアの競技会会場へと大挙して移動していく必要があったのですね!

現代のオリンピックみたいに、選手村が会場の周りに完備されていたわけでもないので、

古代ならでは事情からなんですね。

でも、さすがに1泊2日もかけて選手たちが近づいてくると、

すでにオリンピアの競技会場で待ち受けていた観客たちは大喜びしたはずですので、

現代の開会式のように派手な演出はなくとも、大いに盛り上がったでしょうねえ。

4年間待ちに待っていた大会が始まる!

という高揚感は、現代に負けず劣らず、いやそれ以上にあったんじゃないかと想像します。

*ロンドン・オリンピック入場行進

 

日本選手団は真面目に行進

そんな歴史のある選手の入場行進ですが、

今回のリオ・オリンピックでは、

日本選手団の入場行進がきちんとしてる、というのも話題になりました。

これも国民性?

日本選手団、整然と入場行進「歩きスマホ」なく

選手団の入場行進は、近代五輪発祥の地、ギリシャが慣例通り先頭を務め、現地ポルトガル語のアルファベット順で次々と入場した。日本選手団は104番目に登場。陸上男子十種競技の右代啓祐(スズキ浜松AC)が旗手を務め、橋本聖子団長らが赤のブレザーに白のスラックスというおなじみの公式服でお目見えした。各国・地域の選手がスマートフォンで自分たちの姿を撮りながら自由に練り歩く中で、日本はスマホを使用せず両手に日本とブラジルの小旗を持ち、笑みをたたえて整然と入場行進した。(毎日新聞2016年8月6日)

まあ、人生に一度あるかないかの晴れ舞台なんだから、

好きに楽しめばいいと思うんですが、

多分上から「スマホ禁止」ってお達しが出たんでしょうね〜

ああ、とても日本らしいエピソード。

こうやって、入場行進にも国民性が出ると思うと、

古代オリンピックの長〜い入場行進は、どうやって行われていたんだろう?

と想像が膨らみますね!

時代を超えて、選手団入場

というわけで、

古代オリンピックの入場行進は

今と違って、1泊2日もかかる長〜いものだった、

というお話でした!

でも、時代を超えて、オリンピックの選手入場は受け継がれて、

今回のリオ・オリンピックでも、世界の人々を魅了しました!

オリンピックの長い歴史を知ると、そういう瞬間もまた、味わい深いものですよ〜

*この記事に興味を持った方は、こちらもどうぞ!

[オリンピック]ギリシャが入場行進のトップな理由



-オリンピック, ギリシャのスポーツ, ギリシャの歴史
-, ,

Copyright© 日本でもギリシャ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.