日本にいても大好きなギリシャを楽しむために、ギリシャ旅行、ギリシャ神話、ギリシャ語、ギリシャの歴史、ギリシャの人々について紹介していきます

日本でもギリシャ

ギリシャの文化人 ギリシャの有名人

ヴァンゲリスはギリシャ人音楽家として世界的に成功!

投稿日:

さて本日は、ギリシャ人音楽家

ヴァンゲリス

をご紹介したいと思います!

映画好きな方なら誰でも知っているであろう

「ブレードランナー」

「炎のランナー」

の映画音楽を担当して、世界規模の成功を収めた音楽家なんですよ!

ヴァンゲリスはギリシャ出身

ヴァンゲリスは、国際的に活動をしているので、

ギリシャ人である、ということは意外と知られていないように思います。

本名は

エヴァンゲロス・オディセアス・パパサナスィウ(Ευάγγελος Οδυσσέας Παπαθανασίου)

そう、だから正しくは「エヴァンゲロス」で、

意味は「良い知らせをもたらす使者」になります。

euが「良い」という意味で、άγγελος は「使者、(キリスト教だと)天使」という意味が合わさっているのですね。

英語ではそのまま、evangel で、新約聖書の福音書を指します。

ですので、キリスト教系の名前ですね。

ギリシャではとても一般的な名前です。

そんなヴァンゲリスは、

1943年に、ギリシャのボロス(Βόλος)という港町で生まれました。

bolos

小さい頃からピアノなどに親しみ、

1963年にアテネでバンド「フォーミンクス」でデビュー。国内で人気ミュージシャンの仲間入りをします。

しかし、1968年に起きた軍事クーデターで状況は一変。

バンドは活動拠点をパリに移し、「アフロディテス・チャイルド」として活動を始めますが、

こちらもパリで人気を博し、国際的に活躍するように。

「アフロディテス・チャイルド」のヒット曲

「Rain and Tears」

https://youtu.be/nnf7ISLpQdw

「I Want To Live」 ピアノを弾いているのがヴァンゲリス

以降、バンドは解散したり再結成したりしますが、やがて「ヴァンゲリス」名義のソロ活動が中心となっていきます。

「アフロディテス・チャイルド」の最後のアルバムは、二枚組の大作「666」でした。

666~アフロディーテズ・チャイルドの不思議な世界(紙ジャケット仕様)

映画音楽で世界的名声を獲得

そして、ヴァンゲリスがソロ活動に軸足を移した80年代が、

キャリアでも最高の成功を収めた時期になります。

まずは、誰でも「ああ、この曲!」と思い当たるはず?

1981年公開の

映画「炎のランナー」

炎のランナー [Blu-ray]

のテーマ曲

なんでも、この音楽はギリシャの伝統音楽の音階を利用しているということですが、音楽に疎い私にはどこがどうだかよくわかりませんが・・・

ヴァンゲリスはこの映画音楽で、第54回アカデミー賞オリジナル作曲賞を受賞しています。

映画自体もアカデミー作品賞という、最高の栄誉を与えられました。

「炎のランナー」 予告編

そして続いての1982年

映画「ブレードランナー」

ブレードランナー ファイナル・カット 製作25周年記念エディション [Blu-ray]

今聞いても、すごくかっこいいですね!!

ハリソン・フォードも若くてかっこいい!!

おや、今調べてみたら、

「ブレードランナー」はアカデミー賞獲ってないんですね! 嘘でしょ?

これだけ現在でも高い評価を受けている作品なのにねえ。映像も音楽も、最高でしょ!?

「ブレードランナー」予告編

そして1983年には、

日本映画「南極物語」の映画音楽も担当しています!

高倉健さんが主演なんですよね〜

南極物語

このテーマ曲も、聞いたことある方、多いと思います!

https://youtu.be/Pu0mzHraMK4

この映画は、当時の日本映画最高のヒットとなったそうですよ!

「南極物語」予告編

https://youtu.be/xghdpXKQVZA

現在はギリシャに戻って活動中

そんなふうに、国際的に華やかな活躍を続けるヴァンゲリスですが、

1989年には活動拠点を故国のギリシャ、アテネに戻し、音楽活動を継続しています。

VangelisElGrecopremiereDE2

やっぱり、長い事海外で活動して、故国が懐かしくなったんでしょうかね?

ギリシャに戻ってからも、精力的な活動を続けていて、

日本でもおなじみなのは、

2002年FIFA日韓共催W杯の公式アンセムの作曲です!

聞いた事ありますでしょ?

アジアでの開催という事で、ちょっと東洋的なサウンドに仕上げていますね!

ギリシャが誇る偉大なる音楽家・ヴァンゲリス!

という事で、本日は、

ギリシャが世界に誇る、偉大な音楽家ヴァンゲリス

をご紹介しました。

こうして経歴を振り返ってみると、日本にも関連しているキャリアなんですよね。

今でも日本で多くの方たちが、ヴァンゲリスの音楽に親しみを抱いていると思います。

そんなところでも、ギリシャと日本のつながりを感じてもらえると嬉しいです!

*この記事に興味がある方は、こちらもどうぞ!

http://irenekitakami.sunnyday.jp/%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%81%AE%E4%B8%8D%E4%B8%96%E5%87%BA%E3%81%AE%E3%82%BD%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%8E%E3%80%81%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%82%B9/

http://irenekitakami.sunnyday.jp/%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B7%E3%83%A3%E7%B3%BB%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%8B%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%B3%E3%81%8C%E3%80%8C%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%81%A7/



-ギリシャの文化人, ギリシャの有名人
-,

Copyright© 日本でもギリシャ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.