日本にいても大好きなギリシャを楽しむために、ギリシャ旅行、ギリシャ神話、ギリシャ語、ギリシャの歴史、ギリシャの人々について紹介していきます

日本でもギリシャ

ギリシャのニュース

[ギリシャ難民問題]報道写真がピューリツァー賞を受賞!

投稿日:




まだまだ沈静化の兆しも見えない

ギリシャの難民問題

ちょっと前まで、これほどの難民がギリシャにやってくるなんて、

想像もつかなかったなあ〜・・・

難民たちは、主にゴムボートに乗って、

対岸のトルコから、ギリシャの島々にやってきます。

そんな難民たちの決死の旅を撮った報道写真が、

今回ピューリツァー賞を受賞しました!

 ロイターとニューヨーク・タイムズが共同受賞

難民たちの過酷な旅を追い続けてきた、

ロイターとニューヨーク・タイムズが、

今回のピューリツァー賞でニュース速報写真部門を受賞しました。

ピュリツァー賞、AP・ロイター・NYタイムズなどが受賞

[ニューヨーク 18日 ロイター] - 米報道業界で最高の栄誉とされ、今年で第100回を迎えたピュリツァー賞が18日発表され、公益部門では水産業界の労働実態を報道したアソシエーテッド・プレス(AP)が選ばれた。ニュース速報写真部門では、欧州の難民危機を報道したロイターとニューヨーク・タイムズが共同受賞した。

・・・・・・・・・・・・

ロイターの写真報道は、壊れそうな小舟に詰め込まれるように乗った難民が中東から欧州に向かい、やっとたどり着く様子を一連の写真でカバーした。

ロイターのギリシャ・キプロス担当のチーフ・フォトグラファー、ヤニス・バーラキス氏は「何が起きているかを世界に示した。世界はそれに関心を寄せた。ヒューマニティーが依然生き続けていることが示された。こうした不運な人々の声を届けることができた。今回ピュリツァー賞に選ばれ、われわれの仕事がプロとして認められたと感じている」と述べた。ロイターがピュリツァー賞を受賞するのは3度目。

ということで、ロイターのウェブサイトには、

一連の報道写真が公開されています。

難民報道

難民報道2

うわ・・・

見ているだけで涙が出てきますね。

子供を抱えて、必死のお父さん・・・

とてもじゃないですけど、現代の同じ2016年の出来事とは思えません・・・

世界は豊かになって発展していると思っていたけど、

本当はそうじゃなかった、と思い知らされますね。

日本にいると、こういう難民たちの決死の旅を

目にする機会はほとんどないので、

こういう報道写真によって分かるが多いですね。

難民たちの苦境を撮り続けてきた報道写真家の方たちも、

大変な思いを一緒にしながら撮ってきたのだと思います。

改めて、この報道がピューリツァー賞で評価されてよかったと思いました。

難民の苦境は続く

しかし、シリア・イラクの戦火から逃れるてくる難民は、

まだまだ苦境が続いているんですよね。

ギリシャとトルコの間で、難民を強制送還する合意ができましたが、

トルコは難民たちをシリア側に返しているという報道もあります。

EU側も最後には、難民たちを送り返して知らんふり、

という事態にならないか、懸念が広がっています。

関係諸国が力を合わせて、困っている難民たちに力を貸してあげられるように、

協力して行って欲しいですね。

*この記事が気になった方は、こちらもどうぞ!

http://irenekitakami.sunnyday.jp/%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B7%E3%83%A3%E9%9B%A3%E6%B0%91%E5%95%8F%E9%A1%8C%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%9E%E6%B3%95%E7%8E%8B%E3%81%8C%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%82%A2%E9%9B%A3%E6%B0%91%E9%80%A3%E3%82%8C%E5%B8%B0/

http://irenekitakami.sunnyday.jp/%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B7%E3%83%A3%E9%9B%A3%E6%B0%91%E5%95%8F%E9%A1%8C%E3%83%88%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%81%B8%E9%9B%A3%E6%B0%91%E3%82%92%E9%80%81%E9%82%84%E9%96%8B%E5%A7%8B%E3%83%BB%E3%83%BB%E3%83%BB/

にほんブログ村 旅行ブログ ギリシャ旅行へにほんブログ村 外国語ブログ ギリシャ語へ



-ギリシャのニュース
-

Copyright© 日本でもギリシャ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.